説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/07/12の反応

反応

>ABAYO さん
>>さんかれあ 第09話
>>萌路当番回・・・なのはいいけど番外編でやれよぉ!
>後半の「萌路の亡き母親への想い」を礼弥ママ回である10話と絡めたかったとか?
>アニメ版は散華家編で終了するためかも知れませんが「礼弥の今後」や「恋愛」よりも「家族の関係」を重視しているように感じます。
>そうでなければわざわざもっと先のエピソード(9話は原作3巻、10話は4巻)を前倒ししてまでやる必要はなさそうですし・・・
>それでも順番は8話と入れ替えるべきだったと思うんですが・・・(内容は悪くないのに・・・)

今後に関してはやはり気になるところですが、この設定だとそれは物語の終盤の問題でしょうしね。
無断で外泊してるという状況がいつまでも続くわけないので、家族絡みのエピソードから消化するのは妥当だと思います。
恋愛に関しては正直イチャラブして欲しいけど、上記の理由でそういう雰囲気でもないしなぁ。
>>さんかれあ 第10話
>本来この話は、もっと先(原作4巻終盤)なんですが散華親子の確執の根幹に関わる話なのでこのタイミングに前倒ししたのは正解だと思います。(というか原作だとこの時点では千紘は亞里亞さんに会ってすらいない)
無理矢理回想挟んだ感はあったものの、この話がここでされること自体は自然に感じました。

ということは、原作では確執についてまだ触れずに親父との対決(?)になるんですね。
>>亞里亞さんは意外と可愛い一面もあるよね。
>確かに。母親としては最低なのかもしれませんがこの人にも幸せになって欲しいところです。

夫に愛されないのなら母親として自覚持てないのは当然だと思うからなぁ。
>>そして団一郎さんただのロリコンじゃないですかー!
>まさに残念なイケメン・・・(汗)
>でも、ロリコンはともかくとして奥さんのことは本当に大切に想っていたようなので彼女が今も生きていればこのオッサンももうちょっとまともな父親だったのかなぁ・・・とか思ったり。

それこそ理想的な家族になっていたのかもしれませんね・・・。
といっても、礼弥ママを見初めるまで女性に興味ない雰囲気の時点でどこか逸脱してたんじゃないかなぁと思います。
>>輪廻のラグランジェ season2 第01話
>>0話
>2期の直前に総集編ってのは悪くは無いと思うんですが、そこまで間が空いているわけではないのでありがたみがあるような、無いような・・・
>まあナレで楽しませてくれたので良しとしましょうか。

総集編=名シーン集になりがちなので、そこは覚えてるよ・・・ってシーンも多かったですしねぇ。
>>あれはあれでアステリアちゃんのメタネタとかあって面白かったけどさ。
>「解らんことは公式HPで調べろ」とか身もふたも無すぎますよね・・・(笑)
>(僕は田所さんの「俺の漢タイムは終わった・・・orz」のほうに笑わせてもらいましたが・・・)

スタッフの本音を垣間見た気がします。
個人的にはアニメはアニメの中で全て用語や説明を理解出来るように作られてるべき派なのでなんともです。
アニメを見る際に余計な情報を入れたくないからというのもありますけど。
>まどかが高3の夏休みにいたっても進路決められずにニート予備軍になりかけててワロタ(いや、笑えないのか?)
>腰掛でもいいから浩おじさんの店に就職するくらい言っときゃいいのに・・・

作中でも言ってる通り、まどかはまどかなりに考えがあるんでしょうけどねー。
生涯ジャージ部(何でも屋チックな)もまどからしいと言えばらしいけど・・・お金とか取らなそうだから生活できないか。
>>ここまでガチな空気はまどかでも和ませることが出来るのか・・・?
>なのはやプリキュアばりの肉体言語で説得とか?(何故か思いついたのが”ムギナミがロメロスペシャルかけられて乳タプンタプンしながら喘いでる絵”だったり・・・(なんか「史上最強の弟子ケンイチ」でそういうのを観たような・・・))

あんまり武力行使するようなキャラに思えないけどウォクス状態なら殴り合いはありそうかな。
元はといえば、二人ともまどかのために戦ってるようなものだし、その渦中の人に止められるのは良くも悪くも複雑な気がします。
>>トータル・イクリプス 第01話
>だから「マブラヴ」は「タケルちゃん三部作」からアニメ化しろと・・・
>あっちは平和な日本で生まれた主人公が訳もわからぬまま並行世界の戦いに巻き込まれるというあらすじなんで解らんことが出てくればそのつど説明が入るし。
>しかし予備知識があれば「TE」のほうが逆に解りやすいという・・・
>僕はある程度知識あるし絵も大して違和感無く、特に不満はなかったんですが・・・

やるんなら一からやって欲しいのは同意。
それならもう少し興味持てるんだけどなぁ。
ボリュームが・・・。
>>まったく知識がない身としては長々としたプロローグはありがたかったけど、あらすじや最低限の知識だけ詰め込まれた感じ。
>新規には訳が解らなくなるのを避けるためのこの構成(1・2話をプロローグにして3話から本編)らしいんですが・・・
>ヒロインである唯依の掘り下げを兼ねて前後編ではちょっと厳しかったかも。(とはいえ3話も使ったら話進まんしなぁ・・・)

わけがわからないというよりも話の展開しかわからないという感じですね。
全体像はわかりやすかったけど、キャラ等個々がわかりづらかったかなぁ。
>>とにかく辛気くさく淡々と物語だけを見せつけられたような印象で掴みが弱すぎますね・・・。
>ガンダムやマクロスの感覚で観るのは結構辛いと思いますよ。(基本「マブラヴ オルタ」シリーズは序盤はこんな感じ)
>「TE」は新型機開発の物語なんで面白くなるのはメインキャラや機体がそろってからでしょう。

暗いけど熱いというのは本編で聞いた覚えがあります。
暗いロボ作品も嫌いじゃないのでやはり構成が・・・。
如何に格好良くロボを魅せてくれるかに期待したいなぁ。
>後は主人公が”父の祖国を憎む日米ハーフ”という感情移入しにくい存在だったり、人類存亡の瀬戸際なのに国同士がいがみ合ってたり、というのをどう受け止めるかですね・・・(右翼系のノリは控えめっぽいんですが)
そんな設定全然くみ取れなかったぜ!>ハーフ
3話以降で拾われる設定なのかな。
国同士のいがみ合いっていうのはスパロボで慣れてるのでまぁ・・・(笑)
>>機動戦士ガンダムAGE 第39話
>>それにしてもダークハウンドの武装のロマン武器の多いこと多いこと。
>よく考えたら海賊軍の機体で唯一ドッズライフルが無ぇ!?
>ここはランサーの穂先が砕けて
>ザナルド;「ゲェ!、そんなところに銃身が!?」
>アセム;「奥の手は最後までとっておくものだ!」
>とかやるべきだと思うんですが・・・

ランサー持ちなのもダークハウンドだけなんですね・・・やっぱアセムの趣味だろ。
>>イゼルカント様の真の目的はよくあるというかやっぱり良い人では無かった!
>結局両軍ともとち狂った老害に振り回されてるだけだったという・・・
>ただ今までの流れからするとゼハートは全て教えられた上で従ってるようにも見えますね・・・

そうなると結局イゼルカントの「キオ、お前にだけは教える」発言が嘘になるんだよな。
大きな理想を掲げるならその辺の筋は通っていて欲しいんだけども。


>一 さん
>>TARI TARI 第1話
>いろは2期みたいなキャラだな普通の人になったみんち、性格が緒花っぽい子、社交性のある菜子、色白な帰国子女のこうちゃんに田中がメインで高校生活最後の夏の物語が進むのか。やっぱり男女混ざって物語が進んでいくのは良いな。

学校が舞台ということで、いろはからttに舞い戻ったような感じですね。
>田中が朝練で一人でバトミントンの練習しているシーンで所で壁打ちしている時にリフレクティアがきてテンション上がってしまった。声楽部が歌っている時に壁うちって目立つな。教室で一人で先生のリクエストで先生のために歌える田中は度胸があるな。
こういうリフレクティアもありですよね!
音楽を扱う作品なので、他のP.A.楽曲の合唱verとか期待したいですね。
>沙羽と来夏はクラスで人気ありそう。
>けど別の校舎から転科してきた和奏はまだクラスに溶け込んでなさそうなのは高校3年というタイミングならしかたない。
>だから産休する高橋智子先生が和奏の携帯を聞いていたのか…という事は先生は出番結構ありそうな感じかな。

先生は良い先生だけど実にタイミングが悪い・・・。
実際に居るのと居ないのとではかなりの差な気がするなぁ・・・。
>坂井和奏は授業中は眼鏡をつけるのか…部屋の本棚が空だったのは音楽関係のものをしまったからかな。
>高垣彩陽は乃絵以来のP.A.のメインキャラなので出番が増え歌うであろう今後に期待!

授業中だけ眼鏡使用はリアリティがあって良いですね・・・こんな女子高生居そう的な。
>宮本来夏は行動力があって面白いな…歌いたいという目的がはっきりしているし。
>去年失敗してもう今年のステージで歌わさないのなら教頭は去年のうちにそう来夏に言っておけよとは思った…というか丸一年は凄い干し方だな。
>歌いたいから部活を作り合同発表会で歌おうとする行動力と意志は凄いな。

どれだけ嫌いなんだよ・・・っていう。
何度か失敗したぐらいで学校生活の一環で先生直々に輪から外れろ宣言されるとかなにそれこわい。
>沖田沙羽が特徴ありすぎるな。馬に乗って庭の紫陽花を切って学校に持って来たり、来夏の事で怒って教頭に抗議に行こうとして「ちょっと言(射)ってくる」と弓を手に取ったり、特徴的な私服だったり、喫茶店での会話のテンポがよくて「なんで」が可愛かったり、中の人が早見沙織で歌が期待できたり、とせっかくだからサブタイみたいに『~たり~たり』と強引に書いてみた。
紗羽はCVがもっと自分が好きな人だったらキャラにハマったかもしれないぐらい1話の感触は良かったです。
早見沙織は好きな方だけど、どちらかと言えば上手さで好きという声優なので。
>EDの来夏と沙羽が噴水に座って体を揺らし足を振っている可愛いシーンの最後に和奏が映って遠くから楽しそうな二人を見ていて仲間に入りますかみたいなシーンが気に入りました。
>沙羽の帽子キャッチのOPに可愛いEDと共に他のアニメまだ見てないの多いけど気に入りました。

早く和奏が素直になるシーンが見たいですね・・・みんちばりに頑固なんだろうか。
>そういえばP.A.のオリジナル作品はヘッドホン好きですね。
>今回の来夏に花咲くいろはの緒花にABのT.K、true tearsの比呂美はイヤホンだったっけ…。
>それと動物も多いですね。雷轟丸に地べた、青鷺、猫のドラに馬のサブレとか動物も大きな動きがあったりと結構動かしているから躍動感があって面白いけど作るのは大変なのだろうな…案内中にフラグを立てていたから昼食を食べてる時とかに鳶も出るのかな。

HP(ヘッドフォン)に関してはスタッフの趣味じゃないのかなーと思うけど、動物が多いのは地方柄なんでしょうかね。
今回は江ノ島が舞台なので、P.A.の本拠地である北陸からは離れてますけど。
>>咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第12話
>玄が捨てた牌をすばら先輩がポンした時ロンじゃなかったビックリとか言っていたってことは玄ちゃんは最後まで共闘する気なかったのかな…。

必死に生き延びることしか考えて無かったんだろうなぁ・・・。
>怜が玄のため舞台を整え玄ちゃんの回想は良かったが…この別れが怜との永遠の別れフラグにならないか心配だ…。
>そして待つ身苦労するけど帰って来なくても私は待ってる玄ちゃんの愛は相変わらずだ。
>ドラはいつ戻ってくるの…実はドラが来ない方が強いという展開はないよね。

さすがに麻雀で人が死ぬのは近代麻雀じゃあるまいしなので、ドクターストップぐらいが妥当なんじゃないかなぁ。
決勝戦でドラ置き場として機能しないのなら完全にマトという可哀想な状況になりかねないです。
>照の捨牌をポンしてずらした所の改変完了とすばら先輩のお疲れ様ですは良かったな。
>その後自信満々で玄がツモっていたからツモ和了りするのかと思ってしまった。
>本来は自分がツモるはずだった阿知賀の和了牌を選択権のある怜が照につかませた時の照と怜の視線の交錯が良かった…

完全にコンビで通じ合ってる怜とすばら先輩マジすばら。
ここに入れない玄ちゃんはチキンなのもあるけど、単純に実力不足なんだろうな・・・。
>怜が倒れたところから泣いてもうた。
>「申し訳ないわあんなに点離された上にこんな事になって~次峰戦行って泉」で涙止まらなくなった…
>だってストレッチャーで運ばれているのに次峰戦に仲間を送り出すという最後まで戦う姿勢を見せるから…この姿を見せられたら負けられないよね。

しかし、このシチュと台詞自体が負けフラグっぽいのが複雑な気持ちですね。
>で阿知賀の面子はいるのは良いけど宥ねえは千里山が会場に向かっているんだから早く行けよとか思っていたら和と再会してしまった。
>東京には戦いに出てきている和のリアクションは参加者としては普通でしょう…むしろ試合なのに何故全員ここにいるのとか思われてそう。

阿知賀のメンツは知らないはずなので、試合なのに何故?という反応はないかなぁ・・・。
阿知賀の制服は知っている&覚えている可能性はありますが・・・。
>準決勝のこの戦いを作り出したすばら先輩を個人的には一番評価しています。
>すばら先輩が怜に他のプレイヤーがいることを考慮すれば宮永照を止められる、まだ戦える事に気付かせる事が出来なければ、怜は1位通過を狙うのを諦め照に振り込まないように戦うか無理をしない戦い方で照を決勝のため観察し、すばら先輩は飛ばないらしいから玄が飛び終了して千里山が2位通過することになり、このような熱い勝負は見られなかったでしょうから…その代償が怜の救急搬送というのは他の対局者は想像も出来なかっただろうな…。

途中、阿知賀のトビの心配もしてたのに共闘態勢を崩さず居てくれましたしね。
いや、それだけ照に隙が無かったとも言えるかな・・・阿知賀狙いにしろ、照の支配の中で怯えて安牌選択してる玄を直撃するのは照の連荘阻止する以上に至難の業だろうし・・・。
>怜の最後までチャンピオンを削って白糸台を倒し決勝に行くという意思や気迫が千里山の仲間達に伝わっただろうから頑張ってほしい。
>それに対し2位の千里山と6200点差の阿知賀と32700点差の新道寺は2位狙いで戦ってくるだろうからそこら辺が勝負の分かれ目になりそうだ。

白糸台が照のオンリーチームなら順位の逆転はまだありえそうですが・・・。
そうなると白糸台にも戦犯が必要なので、あんまり考えられる状況じゃないですよねぇ。
>阿知賀の評価は玄が怜に照から和了せてもらった事を自覚しているかどうかと今後の行動によるな…本編の2回戦の決着してからの2回戦の真実に気づいた2位通過校のやり取りを見るとどうしてもね…咲の真意が私気になります。
気付いてる気付いてない描写すら入れられない可能性が!
咲さんは単にプラマイゼロ目指したらそうなりました、ってだけな気がしますが。
これで御しやすいから2位通過させたとかなら咲さんマジ真っ黒すぎる。
>ここでくるんか阿知賀松実玄でストックが無くなっているからアニメが追い起こしましたね。
>今月の雑誌でアニメに追いつくだろうから早くて2ヵ月後に13話が放送されればいいなというペースかな…まあ今月の雑誌にアナウンスがあるのだろうな。
>こっちは7/7に放送で咲本編の2回戦の内容と結果が発売して出回ってからの視聴だから阿知賀編準決勝先鋒戦の印象がTV視聴が先だった人と大分違うだろうなと思った。
>というか本編の2回戦の事知ったら阿知賀の試合までの間の事が気になる。アニメ化するの1クール早かったかなと思えてしまうよ。

ガンガンは読まなくなってしまったし、立ち読みもし辛いので自分は13話の情報が流れてくるの待ちかなぁ。
本編も早く進めて欲しいし、阿知賀編も早く原作書いて欲しい・・・立たんがんばってくれー!


>>エウレカセブンAO 第11話
>今回のエレナの話はちょっとややこしいけど楽しめました。
>エレナの記憶に月に彫った文字からしてTV版の世界から来たというのが正しいでしょうね。
>スパロボZではスペック3のフィニッシュ技で見られる演出だったから覚えてます。
>他にはちらっと月光号が見れて嬉しかったです。

今回は前作ファンには嬉しい内容になりましたよね。
というか、やっとエウレカとニルヴァーシュ以外の前作との繋がりを見つけた気がします。
>>さんかれあ 第10話
>前回の時点で案の定4巻の内容。不自然なタイミングでの追加じゃないから悪くはないです。
>亞里亞さんは作者もお気に入りのキャラだから可愛くなるのは不思議じゃないです。
>千紘が礼弥を追い詰めていたのは亜里亜さんのせいでもあるといっていたけど亜里亜さんも十分被害者だからそんなに責められないですよ。

上の返信でも書きましたがまさにその通りですよね>被害者
放蕩してた理由が判明したので良かったです。そりゃそうなるわ。
>次回はフェンシングもあったし流石に進むでしょう。
>礼弥のアレもあったので。

@2話になったから、よしじゃあストーリー進めようかみたいなタイミングですよね・・・。
>>次回予告の「見るメロって言えよ!」にはワロタ。
>千紘が珍しく兄貴っぽく説教してるなぁと思いながら見てました。
>ちなみに「見るメロ」は原作にはないセリフだったりします。
>巻末のコーナーの萌路は一度も「次巻も見るメロ」的なことは言っていないです。

中の人ネタなのかなんなのか・・・特に気にしてなかったんですよねぇ>見るメロ
確かにこんなに兄貴らしい千紘は珍しい・・・萌路に対してあんまり強く出たことないですよね。
>>あっちこっち10話
>特に紙袋は着熊以上にヤバさが倍増していたから面白かったです。

それにしても何故あんな大きな紙袋を持っていたんだろう・・・。
>ケーキを買うと伊御に頭を撫でてもらえる権利のためにバイトであるつみきがケーキを買おうとして笑いました。
言えば普通になでてくれるだろうに遠回しなところが可愛いですね。
>>咲佳奈出番少ないなぁ・・・。
>それでも戦コレの信長のように1ヶ月出なかったわけでもないんですけどね。

あっちは一応主人公なのにサブキャラと比べられる信さんカワイソス。
>>ヴァンガ79話
>特別ルールは面白い試みではありますけどね。
>通常ダメージ6で終了なのが3か4で終了というファイトもいつかは見て見たいです。

LB販促のためにそのルールはなさそう・・・逆にダメージ12で終了とかならありそうかも?
>テツがサーキットに出ないと言わなければ通常メンバーか櫂君を入れた元祖フーファイターのメンバーにしかならないから上手く外したなあって感じです。
出来ればチーム結成の成り行きが知りたいですがどうなることやら。
>>トータル・イクリプス 第02話
>喰零-零-のときは1人も残らない全滅エンドだったけど唯依だけ残ったのは不幸中の幸いって感じです。

>前回の予想通り唯依だけ残った感じがしないでもないですが。
そうなんですよね、どう見てもそうなるよなーって展開だったのがまた。
前情報知らない自分ですら2話見ててその空気はびんびんに伝わって来たしね・・・。


>実はTEの話は3話からでして、1~2話は知らない人にBETA戦とは如何なるものかを見せるためだけに無理やり用意した的な話なんですよね
>なんせ本編はクライアントのオーダーに沿う新たな戦術機開発のために試行錯誤しながら大人の都合に振り回される話なので
>何のために、どんな相手を想定してるのかを見せておかないとならないわけで

なるほど、そういう考え方で見れば納得の出来る1~2話ですね。
新規向けの1~2話というのは、確かにアニメだけで伝わって来たんですが、どうも制作側から見ての新規との認識のずれがある気がします・・・。
他の方からコメント頂いたとおり、3話から本編、そこから自信あってのこの構成なのかなーと思うのでもう少しがんばってみます。
>そして、実は戦術機VS戦術機がメインであんだけ猛威を振るってみせたBETAさんの出番はあんまりなかったり(ry
模擬戦ばかりというのはチラっと聞いた覚えがありますね。
それならロボが活躍しそうなので少しは安心したかな。
自分は「ロボモノ」として視聴してるので、それ絡みでカタルシスが得られないとねぇ・・・。
その辺も含めて3話から本番!と気持ちを切り替えていきます。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5913-d0517747

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。