説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トータル・イクリプス 第03話

★トータル・イクリプス 第03話 「錚々たるユーコン」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

あ、あれ・・・なんだかキャラといい作品の雰囲気違いすぎてワロタ。
唯依さんどないしたんすか・・・どうしてこうなった。

というわけで、1~2話はプロローグ的内容でオリジナルだったらしいので、実質今回から物語スタートですね。
唯依の遍歴もわからないし、最初から3話が1話で良かったと思うんですが・・・。
BETAの驚異や物語の下地が大事というのはわかるけど、それはストーリー進行しながらでも十分だったんじゃない?
(ほぼ)全滅エンドをドヤ顔でやりたかっただけにしか見えないのはさすがに邪推しすぎかなぁ。

今回で思ったのは、やはり自分はリアルロボットはロボ同士戦ってる方が好きなんだと思いました。
昔のリアルロボット作品は基本そうだし、それが好きだからかなぁ。
1980年代サンライズリアルロボット作品はスパロボの影響もあってかたいてい好きだしね。
それと今回は作画を犠牲にしたせいか、戦闘シーンが前回よりマシになってる気がします。
模擬戦とはいえ、ギリギリのドッグファイトはなかなかの見応えがありました。
・・・最初からこれだったらもう少し評価良かったのになぁ。

キャラに関しては総入れ替えのようなものなので様子見。
やったね!久しぶりにのさくにTVAの仕事があるよ!
ワイルドなのさくもなかなか良いですね。
さぁやは大丈夫なのかなぁ・・・。
見た目はイーニァが可愛いけど、なんだか地雷臭ぷんぷんだぜ・・・。

ということで、個人的には1~2話よりは断然楽しめました。
このノリでやってくれるなら評価は徐々に上がっていく気がする。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5933-7cd8c09c

コメント

>BETAの驚異や物語の下地が大事というのはわかるけど、それはストーリー進行しながらでも十分だったんじゃない?
>(ほぼ)全滅エンドをドヤ顔でやりたかっただけにしか見えないのはさすがに邪推しすぎかなぁ。
しょっぱなでガッツリやっておかないとあの世界の絶望感は伝わらないと思いますよ。
それに原作だと唯依は過去の話が出てこないので背負っているのは国や家の誇りだけではないというところがあまり解りません。メカや軍隊ものというところばかりが注目されがちですが「絶望しかない世界にどう立ち向かうか?」とか「挫折から立ち上がる強さ」とかの人間の矜持や生き様みたいなものがこのシリーズの魅力だと思うんで(TEでは主に「コンプレックスや確執を乗り越えて人間として成長する」という形で描かれることになるようですが)こういうのが無いとなんか違うんですよね・・・
>戦闘シーン
>・・・最初からこれだったらもう少し評価良かったのになぁ。
前回までの機体は武御雷と不知火以外第1世代の旧式機ばっかりだったのであれは演出だったのでは?という説もありますね。細かい描写にあれだけ凝っておいて全体の挙動が微妙というのも変ですし・・・(まあサテライトのメカCGはクオリティが安定しないとは聞きますけど・・・)
というかそもそも戦術機にはあんまりキビキビ動くイメージがありません。(革新がもたらされる2001年秋以降の話なら別ですが)今回のでも「えっ?もうここまで動けるの?」ってぐらいでした。
>キャラ
そういえばオペ娘の一人(インド人のひと)がひよっちのようです。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。