説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

氷菓 第13話

★氷菓 第13話 「夕べには骸に」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

新OP!
奉太郎が古典部メンバーによって色づいて行くというのが伝わってくる良いOPだな。
特にえるの存在でどれだけ色鮮やかな青春になるかが伝わって来ます。
わかりやすい形でキャラが色々追加されてたのも再登場あるのか期待してしまいますね。

今回はカンヤ祭の続き・・・なんだかあんまり話が進まなかったな。
4人それぞれの話が進展してるのはわかるんだけど、どれも導入部だけでもどかしい。
悪い言い方をすると散文的に見えなくもないのと、一挙一動がまったりしてた印象。
里志も突っ込んでたけど、クイズの溜めはしつこく感じたしね。
まぁ、最後の写真を見られたえるたその反応が可愛かったので良しとしよう。
奉太郎も照れすぎだろう・・・どっちが乙女だかわからんわ!
摩耶花の部屋が生活感ありすぎてなんかうん・・・とりあえず、大切な本ならしまった場所ぐらい覚えておけよと思いました。

次回もまだまだカンヤ祭編が続くのかな。
そろそろミステリー分が不足してきたぞ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5939-816df44f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99