説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/08/09の反応

反応

>>SAO
>攻略組最下層ですらシリカよりもLVが最低でも20は高いぐらいですかねぇー
>RO的な感覚で言うなら。攻略組はスカラバホールとかにこもっているようなもんですかねぇー
>ちなみにシリカの事はAGI型のアサシンにたとえておりました>作者

ソロで籠もってるのはごく一部ということも踏まえるとなんとわかりやすいw>ホール籠もり
攻略組にも序列というか進行度のようなものがあるんですね。
シリカはテイマーということもあって、ホム連れてるAGI型ケミを思い浮かべました。
>ちなみに原作では赤鼻のトナカイの時にはほぼ最前線のMOBを昼夜問わず狩りまくってましたが。
>感覚的には実装直後のジュピロスタワー1Fでのソロ狩りといえば感覚的にはわかるかなぁ
>そこそこ強いけど大量に沸いてくるって意味で

必死なレベリングはもう少し描いて欲しかったなぁ・・・鬼気迫るキリトさんが見たかったです。
>>AW
>実は利用されてるだけ>能美
>チユの能力は回復ではないのですよ。
>限定的な時間巻き戻し
能力です。

微妙にバレっぽいので一応伏せ。
OPでもダスク・テイカーと一緒に仲間っぽいアバターが映ってますもんねぇ。
チユに関してはこの話が進めばすぐ判明するんですかねー。


>一 さん
>>TARI TARI 第5話
>来夏とウイーンの息合い過ぎだな…というかこいつらはしゃぎすぎで周りに迷惑だろ…こんなの和奏じゃなくても帰りたくなるような。
>というか来夏は上がり症じゃなかったのか、普通にこんなところで歌う度胸や応援で踊るとか来夏だけでなく沙羽も十分祭り好きな気がするぞ…そういえば踊るも部活内容だったけ。

ウィーンはただ影響されやすいだけなんや・・・!
来夏は仲の良いメンツだけだと緊張とかしないのかなー?
それともステージとかに立ったことによって克服されつつあるということだろうか。
>で田中のバドミントンの試合は描写しないのか…一人でバドミントンの練習し合唱もしてベスト8って田中の能力高いな。
その代わりぬるぬる動く応援組。
バドミさんは犠牲になったのだ・・・。
>和奏が風呂を断ったせいで今回は入浴シーンがなかったな(笑)。
せっかく毎回あると思ったのに・・・まぁ、今回なかったのは結果的に正解かな。
>和奏がコンドルクインズから受け取ったまひるの出した手紙を読んだだけでここまでダメージを受けるとは…内容がああいう内容だっただけに精神的ダメージが凄そうだ。
>まひるの手紙の「~和奏の伝えたい思いが歌になってそれを一緒に歌う事が出来たらそして和奏の歌を聞く事が出来たら私の人生は100点満点です」
>ここだけでもまひるが逝ってから3年たって初めて考えていた事を知った和奏にとってはきついだろうな…。

しかし、この手紙がなければ自らの力では乗り越えることが出来なかった問題でしょうね・・・。
コンドルクインズがどこまで事情を知ってるかはわからないけど、歌を諦めた和奏を見て察するところがあったのかもしれない。
>日常のふとした事から和奏が思い出して回想シーンに入るという演出は絶妙だな…視聴者には和奏の過去を見せる事が出来るしふとした事で和奏が過去を思い起こしてしまう精神状態であるという事がよくわかるので回想シーンのたびにドキッとしてしまった。
この回想シーンの演出は良かったですねー。
場面の切り替わりもわかりやすかったし。
>話の時と全然印象違うなこの人…ここはそれだけ父親として和奏を見ていて来夏たちと同様に最近元気がないのに気づいていて心配しているのでしょうね。
>だから畑仕事の手伝いに行く話の時に大丈夫かと聞いたのだろうな…。
>朝和奏が出かけるときの寿司とってもいいからなは心配なのとピアノ等を売って環境が変わるこんな時に一人にしてしまう申し訳なさかなと想像してしまった。
>和奏がまひるさんの手作りのイルカさんをピアノに置いて行ったのは胸が痛くなったな…あれをお父さんがみたらショック受けそうだ。

キーホルダーまで置いていかなくても良かったと思うのに・・・どれだけ蓋をしたかったんでしょうね。
片親だし必要以上に心配になるのは当然でしょうねぇ・・・寧ろ、適度な距離をよく保ってられるなぁと思う。
男親故に和奏をどう導けばいいのかわからなくて任せてる部分もあるんでしょうけどねぇ。
意思を尊重するのではなく、もう一押し欲しかったです。
>ピアノがなくなった部屋を見て「あ」と思わず口に出てしまった言葉はリアルだな。
それだけ当たり前の光景になってたんでしょうねぇ・・・この喪失感はアカンでしょ・・・。
>猫のドラが姿を見せなくなったのはもしかして逝ってしまったのか…雷轟丸も途中で逝ったからその可能性も。
>そうなると思い出の詰まった物だけでなく自分の周りにいる存在もと言う事になってしまうな…そんな展開になったら泣いてまうわ。

猫は亡くなるときに飼い主の前から姿を消すというのはよく聞く話ですしねぇ。
一種の象徴にも見えるので、トラウマ克服→猫帰還とかになればいいなー。
>そういえば言えなかった行ってきますも御免なさいも有り難うももう一緒に歌えないという後悔があったから1話でアジサイを勝手に植えられて「信じらんない」と怒っていてもお父さんに「行ってきます」といったんだな。
挨拶マジ大事というお話。
当たり前に挨拶してたのが突然出来なくなる経験、自分も父親の死亡という形で体験してるので深く共感します。


>>戦国コレクション18話
>いい話だと思うけど全体的に内容も背景も暗かった印象です。

相変わらず戦コレはフリーダムというか、脈絡なくこういう話挟んできますねぇ。
>>ヴァンガ83話
>普通の作品なら主人公以外のキャラと対戦させる場合DAIGOにぽっと出のキャラとファイトさせてDAIGOに勝たせるのがセオリーなんですがセオリーどおりにいかないのがこの作品だなあと思いました。

大会だと一度じゃ済まないし、野良試合としても誰と・・・?となりそうなのが迷い所だったんじゃないかなー。
噛ませ犬ポジではあるけど、ネタ的にもファイト的にも印象に残ったので結果オーライですかね。
>ロイヤルパラディンは無くなっている設定のはずが伝説扱いになっていたのはこれ如何にでした。
伝説って?→ああ!
コロコロ設定変わってるのを見ると、封印という設定自体無理があった気がしますね・・・。
ちょこちょこ改ざんしてるんならタクトに説明してほしいです。
>オチで前回は雪男で今回はアナコンダとスタッフはキョウさんはどの方向に行かせる気なんだろうという感じです。w
キョさんを見捨てない取り巻き2人が一番偉いほどの迷走っぷり。
果たしてキョさんがVFサーキットに出ることはあるのか!?
>次回は合宿ですが1期のとき居なかったAL4のメンバーが居るだけで1期と違う展開になりそうで楽しみです。
これにカエサルも居たら完璧だったのになぁ・・・。
ダイジェストでいいから普段見ない組み合わせでのファイトを見たいです。
レンVSミサキさんとか皇帝VSテツとかユリさんVSあーちゃんとか!


>ABAYO さん
>>星矢Ω18話
>>蒼摩
>>ただでさえ空気に近かったというのに。
>それは酷い。
>と言いたいところですが確かにキャラが立ってるとは言い難いので「親父の敵討ちの話が無いと単なる仲間Aで終わってしまう」という気はしないでもないです。

どうも他のメンツと比べると地味なんですよねぇ・・・一番役に立たなそうな印象が(ry
>>トータル・イクリプス5話
>>ロボが動くシーンが多くなってきたので序盤よりはかなり面白く感じるようになってきた。
>ユーラシア大陸あたりの最前線が舞台ならバリバリ戦ってくれたんですけどね
>(人類の反撃が始まるのは2001年末からなのでそれ以前の話だと首の皮一枚の防衛戦ばかりですが・・・)
>僕はどっちかというとBETA戦、それもこっちから攻め込むハイヴ攻略戦をアニメで観てみたいんですが時系列上ユウヤ達が関わることはなさそうです。

個人的にはBETA戦よりも戦術機同士の戦闘の方が見応えを感じたので、本編よりもTEの方がまだ合ってそうな気がします。
本編を見たければBD/DVD買ってねなんだろうけど、仮にGOサイン出たとして本編アニメ化するのはいつの話になるやら。
>>2クール
>原作小説は完結してる(第一部完とのことで2期があるような話もあるんですが現状情報無し)らしいんでこの分だと最後までやりそうですね。

寧ろ、TE原作が小説だったことも知らなかったぜー!
>>機動戦士ガンダムAGE 第43話
>>ファンネルジャック
>実はこれ、UCで既にやってたり・・・

なん・・・だと・・・。
こうやって情弱に「やるじゃん」と思わせるのが狙いなんだろうか・・・ぐぬぬ。
>>アルグレアスはなんだかもうダメな気がするな・・・フリット教の信者すぎる。
>>どう見てもあの老害は味方もろともヴェイガン殲滅するつもりだったよ!
>フリットを妄信しているとしても内面を本当に解っているならプラズマダイバーミサイルは脅しの道具として用意したわけではないと気づいているはずなんで、副官時代から単に”フリットの優れた能力とそれがもたらす良い結果”しか見ていなかったというところなんでしょう・・・
>結局のところ本当の意味での理解者などフリット・アスノという男にはいないのかもしれません。

つまりフリットの本心がどうであれ、その発想が作戦に与える影響力を妄信しているというところかな。
今のフリットをエミリーがどう思ってるか実に興味深いです。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/5992-46551564

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。