説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓 第17話

★氷菓 第17話 「クドリャフカの順番」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

「クドリャフカの順番」編完結!
奉太郎が名探偵過ぎて今までで最も推理モノっぽかったな。
犯人を特定するだけでなく、きっちり氷菓を売り抜く方法を考えていたところが凄い。

里志は残念だったね・・・挙げ句十文字の犯行の〆に使われるとは。
氷菓販売ではえるたそを推理では里志の努力をかっ攫っていく奉太郎さん今回は優遇されてるな。
それだけに「才能」「嫉妬」「期待」等が強調されていた感じ。
事件の犯人である田名辺先輩の動機もソレらだしね。
久我山先輩が十文字事件の犯人に気付いてるあたりも・・・。
まさに「ほろ苦い青春群像劇」を地で行った良いエピソードだったと思う。

とりあえず、最後は色々と遺恨が残ることもなくまとまって良かったかな。
摩耶花の話とか里志の嫉妬とかは結局やりきれないけどそれも青春。
里志の仕返しチックな奉太郎へのけしかけもあって良い雰囲気で終われました。

次回はどうやら既刊に収録されてない話っぽい?
全22話という話もあるけど、それだと既刊全部は消化しないのかなー。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6013-05e19ffc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。