説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

機動戦士ガンダムAGE 第44話

★機動戦士ガンダムAGE 第44話 「別れゆく道」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ゼハートさんチョロすぎ吹いた。
イゼルカント様にもの申す!と意気込んで行ったのにマッハで籠絡じゃないですか。
「光になってくれ」とかいう謎説得が決め手になるゼハートさんさすがにそれはちょっと・・・。
結局、言い方を変えただけでプロジェクトエデンの本質は何も変わらないというのに。
ゼハートが部下を大切にするキャラだからなおさら違和感覚えるよ。
部下が選別されてもいいんかい・・・まだ考えがあるのかもしれんけどさ。

そんな株下がりまくりのゼハートですが、今回だけを見ると主人公っぽい。
引きで外伝から輸入のシドと対決という美味しいポジションです。
直前にレギルス+ゼハートのスペックを見せられただけにシドはそれの上を行く機動性とかどうすんのこれ状態。
OPから察するに連邦が相手するんだろうけどどうなるやら・・・。
EXA-DB=XのD.O.M.E.のように両軍の目を覚まさせる展開ぐらいしか思いつかないや。

サブタイは予想通り主人公ズの道が分かたれたことを示していました。
フリットの老害っぷりにはアルグレアスもさすがにドン引きか。
過剰な復讐心がなければフリットの言ってることは3人の中では最も現実的ではあるんだけどなぁ。
どの主人公の思想にも共感出来ないのが困ったもんです。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6020-cb9a60c8

コメント

>ゼハートさんチョロすぎ吹いた。
あれで説得されるなよとは思いますが「争いの無い世界を創造する」「人類全体の未来を憂いての行動」という点に関しては嘘偽りは無い(イゼルカント様はこれ以上延命を望まず自身も選ばれない者のなかに含めてるっぽいので少なくとも私利私欲では無さそう)と思ったからなんでしょうかね?それでもこんな選民思想を受け入れてしまうのはらしくないと思う・・・
>フリットの老害っぷりにはアルグレアスもさすがにドン引きか。
しかし排除には踏み切れないという・・・(まだ信じたい気持ちがあるのか、単に能力的にいないと困るのか・・・)
>どの主人公の思想にも共感出来ないのが困ったもんです。
「守りたかった者を守れず復讐の念にとらわれたフリットでもない、力はあっても英雄の器ではなかったアセムでもない、ただの強力な兵器に過ぎないガンダムでもない。青臭い理想論でも「敵すらも救ってみせる」という答えを自ら出したキオこそが本当の救世主だ」って落としどころにしたいんだろうとは思いますが・・・

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99