説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/08/30の反応

反応

>一 さん
>>TARI TARI 第8話
>落馬した沙羽に怪我がなくてよかった…そのかわり親父の髪が…。
>落馬事故を起こして流鏑馬に出られないのは仕方ないけど流鏑馬に実際参加するときは保険加入が必須とかあるのかな。
>それより教室で進路希望の紙を書き直している沙羽が悲しかったな…。

流鏑馬なんて高校生で縁がある人は全国でどれぐらいいるのかってレベルなんでしょうねぇ・・・。
>ウイーンの家訪問は面白かったな和奏が暖炉で何か燃やしてみようよと言い出して目的から脱線しピアノはと言って元に戻す和奏は自由だな。
>そして地雷原を走る少女の来夏は安定して踏んでいくな(笑)。
>ついでに田中はウイーンの部屋でもバドミントンしようとするな(笑)。

それぞれのキャラが出ていて良い自宅訪問だったと思います。
そんな感じはしてたけどやはりボンボンだったウィーン。
>和奏と来夏に言われてまひるの事を思い出し教頭がそう言って全部一人で出来てしまうのがあなたじゃないのと言っていたけど合唱は一人で出来ないのに何言ってんだこいつは私情が入りすぎて教頭はもう駄目じゃないかと思ってしまった…。
教頭の中ではまひるは絶対的な存在なんだなぁと思いました。
その面影を和奏に追ってるからこそ色々と勝手なイメージを押しつけてるんだろうなぁ。
>和奏は普通科に転科して来夏達とすごして悩んでいた事も解決して本当にいい方向に変わったな…来夏の影響で変な影響も受けたけど(笑)。
>それにしても教頭の辞退しなさいはないだろ。
>他の一般参加の生徒が白祭の選考会を受けるんだから合唱部も最初から受けさせろよと思った。

この辺もおそらくまひる=和奏に拘ってるからじゃないかなー。
和奏にはもっとしっかりして欲しいという想いが少なからずあるんでしょう。
>沙羽が出て行ってと投げつけた日本競馬学校の資料をちゃんととっておいてきちんと読んでいる親父さんは子のために真剣でいいな。
>今回沙羽の親父の電凸やそれでも謝ろうとしない沙羽も良かったけど志保さんの後で学校には私が謝っとくからも良かったな。
>沖田家は何だかんだで良い家族だというのを感じる事が出来てよかったですね。

家族はなんだかんだバランスが取れてるもんなんだなぁと思いました。
P.A.作品は一般的な家族が描かれることは少ないけど、いろいろな家族が見られて面白いです。
>http://taritari.jp/special/twittericon.html でツイッターアイコンに喝があって笑ってしまった。
>田中の親は転勤してるから出番なさそうだけど親が出てないのは来夏とウイーンか…話数的に出番はないのかな。

圭介さんですらアイコンがないというのに・・・。
ウィーンはともかく来夏は実家だろうし出番あっても良さそうなんですけどね。
>沙羽への気にしてるの歌がTARI TARIのメインの声優のアドリブだったとか凄いな。
>http://otaname.com/archives/14807582.html

それぞれのキャラをきっちりつかんでるが故の素晴らしいアドリブですよね。
>沙羽がサブレに乗って皆が待つ高校に向かうとき誰も事故らなくてよかった…馬が走っているだけでもビックリなのに馬に乗った女子高生のスカートが気になって後ろを走る車を運転する人は大変だっただろうな(笑)。
それよりも駐輪所で待機してるサブレがシュールすぎてワロタ。
スカートの中は意外と見えない気はするけど、車運転する身からするとビクッとするというかあんまり近づきたくないのが本音ですね。
>http://otaname.com/archives/15199118.html
>P.A.はこの前「RDG レッドデータガール」でキャラ原案岸田メルの発表をしたばかりなのに今度はオリジナルでキャラクター原案ブリキに岡田マリとか発表するペースが凄いな。
>両方ともいつ放送になるんだろう。

相変わらず良い絵師を持ってきますよね・・・これでアニメ絵もキャラデザにもっと近かったら嬉しいんですが。


>>SAO
>むしろ重力かガンホーじゃあ?>意識してる
>そもそもほぽROが出た時期に(01年前後)執筆された作品がETとか実装されるわけが
>今考えてみるとETってアインクラッドが元ネタモなんじゃあ・・・・。

ETが韓サクで実装されたのは2007年ですが、重力が日本のオンライン小説から元ネタを持ってくるというのはしっくり来ないような。
単純に、ROプレイヤーとしてリンクする部分があるのは嬉しいなーと。


>>エウレカセブンAO 第16話
>今回使った武器が派手だったこととゴルディロックスをアオしか覚えていないことしか印象に残ってないです。
>使えば使うたび誰かが消えるのかな。

どういう原理で存在が消えてるかなんてなかなか判明しないだろうしもどかしい回が続きそう。
>>戦国コレクション21話
>この数話は光秀関連で話が重かったからいい気分転換になりました。
>次回は片倉小十郎だからラストに政宗が出てくる話になるでしょうね。

この切り替わりが戦コレらしいですよねー。
政宗はなんだかんだで実質3話構成とか恵まれてるなぁ。
>>ヴァンガ86話
>皇帝は完全に留学と言う名のリストラだよなあコレ。
>最終回までに登場はあってもファイトは見られないと思ったほうがいいでしょう。
>ゴウキは案の定負けたけどカッコよかったです。

=TCGの方でもしばらく放置フラグな気がしてしょんぼりです。
帰ってくるなら1期で双剣覚醒出たようなタイミングじゃないかなぁ・・・。
>>トータル・イクリプス9話
>今回はユウヤの技量というより武器の性能が強すぎたとしか言えない内容だった感じがします。
>それでも戦果を挙げているから褒められているのに納得はできますが。

使うのが難しそうな武器という印象は受けたので手柄と言えば手柄なのかなー。


>ABAYO さん
>>織田信奈の野望 第07話
>>信澄は犠牲になったのだ・・・
>女装して嫁に行けとかどいつもこいつも鬼だ・・・(しかし長政にはとある秘密があるらしいので)

まぁ、本来なら信奈に切られていた所ですから逆らえないんでしょうね・・・カワイソス。
>>良晴の良い美少女イメージ
>最後に信奈が出てくるあたり本命はやっぱり・・・って感じではありますがね。

現時点で唯一、こちら側から内面に踏み込んでるとも言えるヒロインですしねー。
>>トータル・イクリプス8話
>なんか9話も作画怪しかったみたいですが今回もちょっと微妙でしたね(ニコニコの公式配信で観てるんですがタグに”ヤシガニ”が・・・)

僕Hみたいに1話休めばいいのなぁ・・・僕Hがマシに見えるぐらいTE作画はアレですね。
>>唯依の態度が徐々に柔らかくなっていくのがニヤニヤ
>しかしこれも死亡フラグにしか見えないという・・・(あの世界の住人という時点でフラグが立っているといえばそうなんですが)

ワカメさんがいつ死ぬか不安で仕方ありませんw
>>輪廻のラグランジェ season2 第08話
>前々回宇宙漂流から生還したんだからアドバルーンにぶら下がったまま飛んでっちゃったくらいで心配せんでも・・・と思いましたが考えてみたら普通に危ないですね・・・(エンドカードからするとあの後、海に落ちたっぽい)

何れは空気が抜けて落下していくんでしょうが・・・普通に寒さでヤバそう。
海に墜ちたということは、結局救出されなかったということか・・・。
>機動戦士ガンダムAGE 第45話
>アセムの回想ですが「追憶のシド」とは大幅に食い違っているそうです。
>(前半の主人公ウィービックが存在を匂わせてすらいないしアセムも本当はもっと善戦してる(撃墜の経緯も違う)等)外伝とはいえ一応公式とされているエピソードを無視してるとか流石に無茶だと思うんですが・・・

細かな違いはコミカライズにはよくあることだしあんまり気にしなくてもいいんじゃないかなーと思います。
アニメはアニメの中で入手できる情報だけで納得出来ればいいかな。
>>もうシド1人でいいんじゃないかな・・・と言いたくなるようなシドさんの強さワロタ。
>ビット(修理・改造装置兼用)を使っていないのでまだ本気ではなかったり・・・
>そもそも時間掛ければ前述のビットでEXA-DB自体修復できる可能性もあるのでアセムもゼハートもなんの確認もせずに帰ったというのは正直大失態でしょう

今回の戦闘で攻撃用のビットも学習したでしょうしね・・・。
あの図体を爆破させたんだから撃墜したと気が緩むのもしょうがないかなぁとも思いますが、DB自体の破壊確認ぐらいは確かにすべきでしたねぇ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6049-e0645735

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。