説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/09/13の反応

反応

>>SAO
>原作派としては、平常運転
>アスナさん原作にはない気合いの入ったところで
>そして滑っている姿が可愛かったですよ。

つまり今後も壁を殴る仕事が終わることはないということですね!
描写云々言いましたが、結果だけ見ると綺麗にすっぽり収まる2人だと思うしカップルっぷりに期待しよう。
OPのあのキャラの登場も楽しみです。
>>AGE
>正直フリットというかTVスタッフはきっちりとセカンドムーンだけでも破壊してくれないと説得力がないと思う

キオが殺さずモードの時点でそれだけは絶対なさそうだなぁ。
敵対組織の生活圏まで無茶苦茶にするガンダム作品は皆無だしね・・・。


>一 さん
>>TARI TARI 第10話
>ショウテンジャーの掛け声が最初はバラバラだったのが照れが無くなっていくにつれてきめポーズ等の動きや名乗りの声が揃っていくのが良いね。
>そういえばグリーンのスーツはどこが破れたんだろう?来夏がグリーンを着たら多分破けなかったのに(笑)。

スーツ破損がそのままスルーされたのは泣いた。
胸の所に直した後とかあったら面白かったのに(笑)
>グリーンの紗羽とバイキン軍団の志保さんの親子対決は沖田家にとっては黒歴史でもなんでもないのだろうな。
>でも親父さんが商店街利用者の家にお経をあげに行った時に毎回話題に出そうだ…さすがに坊さんがゲスト参加して一家勢揃いはないか。

志保さんがあのノリだから笑い話で済みそうですしね。
・・・紗羽の方は後々後悔するかもしれませんが(笑)
>教頭は心ここにあらずで検討する前に押すほうが悪いな。
>で和奏に言われると言い返せないという…部長を和奏にしたら教頭困るだろうな(笑)。

日本はただでさえ判子社会なのに、立場ある人がコレとか総突っ込み食らってもしゃあないな・・・。
>「おまえら嘘ばっか教えんなよ本気にするだろ」「え」でウイーンに女性陣が嘘を教えていたのがあっさりばれたのがTARI TARIらしかったな。
田中さんの突っ込みが遅すぎてワロタ。
田中・・・お前も絶対あの状況楽しんでただろう。
>白祭は俺達が回すって来夏が言っていた時にTARI TARIは来夏が回しているなとか思ってしまった。
>来夏がいないと合唱部は出来ず和奏と沙羽は悩み解決せずウイーンはぼっちで田中は校長が入院すると大会に出られず廃部だもんな…
>考えてばかりで動けなくなるよりどういう方法であれ自分から動いて行動できる来夏は凄いよ。

それを言えば誰1人欠けてもこの雰囲気にはならないなーと思う作品ですよね。
単に5人居ないと部活として・・・というだけでなく、ね(笑)
>ウイーンは仲間思いな奴だ、恐怖も感じずにまた走行中の自転車相手にタックルするとは。
>ウイーンは自宅でヒーローに憧れてトレーニングとかしてそうだというかそうでなければ説明がつかない体力だな田中よりいい体してそうだし…でいつの間に追い抜いたんだ(笑)。

体力よりも気力でふんばった所も大きいんでしょうけどねー。
精神が肉体を凌駕するぐらいウィーンにとってヒーローとは絶対で、なおかつ自分もそうありたいと思ってるということか。
>引ったくり相手に歌いだしたウイーンの後ろに夕日が見えたけどあの夕日は犯人にはそう見えたって事か(笑)。
>そして田中はいつの間にあんな高い所に移動していたんだ。
>三人娘は引ったくりの退路を断ち歌いながら登場とか完全に音楽劇じゃないか(笑)。

※この映像は大体イメージです。多分(笑)
>1クール作品という事は次からラストエピソードかな。
>ところで教頭と志保さんは歌わないのかな…。

ちょうど学校の話やって終わりそう・・・かな?
志保さん(能登さん)歌うとほらちょっと作品の空気がですね(ry
>3ヶ月過ぎるの早いな…あれ阿智賀編は…。
やめあら・・・・。


>ABAYO さん
>>星矢Ω23話
>>やっぱり邪武さんじゃないですかー!やだー!
>沙織お嬢さんの馬だった男が「馬は好きか?」とか、ピンピンしてるのに弟子も取らず聖闘士辞めてカウボーイになってるとかツッコミどころ満載だ・・・

馬は全然蒼摩に関係なかったし、ホント前作ファン向けに特化した登場だなぁと思いましたw
>>トータル・イクリプス10話
>>トリガーを引くだけの簡単なお仕事が正論過ぎてワロタ。
>まあ前衛で戦えなかったユウヤ自身納得できてませんでしたしね・・・
>だが、戦車・艦艇の砲手、足の遅い海神(水陸両用の砲撃機。多分TEには出ない)の衛士にも同じ事を言えるのか?という気はしないでもないような・・・

どう見ても近接や機動重視の機体に似つかわしくない兵器運用に対する皮肉も多いのかなーと。
後衛は元々そのポジションだし。
・・・それでも、自分達だけ安全な場所から砲撃~とかイチャモン付けてくる奴は居そうですが。
>>機動戦士ガンダムAGE 第47話
>>フリット
>フリットの本質を考えると別におかしくは無いんですが普段があの調子なんで敬意は払いつつも有能な手駒を惜しんでるだけに見えますね・・・
>(小説版だと私怨を口にする場面が少なく、平和を願いつつも戦う以外の選択肢が選べなかった人物という面が強いので(殲滅も最終手段としており、戦争拡大や虐殺の責任も一人で背負うつもりでいた)違和感が無いんですが・・・)

言われてみると確かにw>惜しんでる
というか、たったこれだけのことで良い人っぽく見えること自体、フリットのアレさを証明してるようなものか。
>>え?これが切り札の形態なの・・・?
>よく考えると全身からビームソード+高機動ってのはAGE-1の換装パーツを統合したものですよね・・・基本に立ち返るのがベストということなのかもしれません。

ファンネルが強力な機体なのにどうしてこうなった感は強いですけどねぇ・・・。
>しかしさっさと使っておけば救えた命はもっと多かったんじゃ・・・?
そもそもディーヴァの方に向かったはずなのに何してたんだよっていう。


>>エウレカセブンAO 第18話
>この回はアオとフレア&エレナとの絆の再確認回みたいなものですね。

こういうのはもうちょっと早くやるべきだった気がしますね・・・。
どんどん孤独になっていくように見えるアオのより所という意味合いもあるのかもしれないけど。
>世界を変える力があるから世界が敵というのもそれぐらいのハードルがないといけないから納得。
>前作のゲッコーステイトは世界と言わないでも軍を敵に回していたからなぁ。

ゲッコーステイトはレジスタンスみたいなものでしたしねー。
しかし、いきなり敵は世界だ、と言われても世界の技術レベルがいまいち今までの話で伝わってこなくてピンと来ないですね。
>>アクセル・ワールド 第22話
>SAOのナーヴギアが過去のものっぽいことからこの作品がSAOの数年後の設定とわかる内容でもありましたね。
>キリトやアスナが現実に戻れたかどうか知りませんけど。

AW世界が2046年なので20年ぐらいは経ってますねー。
>アニメは能美倒して終わりが妥当でしょうね。
>さすがに新シリーズやる尺はないでしょうし。

鎧の伏線も投げっぱなしになりそうだし2期発表が待たれますねぇ。
>>織田信奈の野望 第10話
>>確かに殆ど姫大名と化してるんだから可能性は考慮すべきでしたが・・・。
>それでも女性役より男性役の多い斎賀みつきさんが演じていることから長政が女だということは気づかれにくいとは思います。

そうですね。サイガーの女性役と言われてもぱっと思いつかないや・・・。
秋アニメのコードブレイカーも女性役ですが、通称「王子」と呼ばれるようなキャラだしなー。
>>戦国コレクション23話
>ED後の「子供の心を掴むべし!」と言われても本編を見るかぎり好かれてるとは程遠い信長様が言うと皮肉にしか聞こえないです。ww

今週のお前が言うなコーナー。
このCM毎回なかなか面白いですよね・・・ニコ動とかじゃ放送されないのが勿体ない。
>次回は2回目の家康のメイン回となると最終回前に義元達で最終回が光秀となるのかな。
予告の通り2回目とは確かにずるい・・・。
まぁ、1回目の内容がストーリーに殆ど関係ないような話だったししょうがないか。
>>ヴァンガ88話
>後半になるとチームの息が合ってくるのは王道ですね。
>今後チームラウの人達とファイトすることはないだろうから残りの1人が可哀想な気がしないでもないです。。

タッグバトルの欠点ですよね。
1期の4人チーム3人出場の反省を踏まえてのトリオかと思ったのに迷走してる気がしてならない。
確かに同じルールでファイトばかり見せるのは特にTCGやってない組は退屈かもしれないけど・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6088-e4bd309f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。