説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/10/04の反応

反応

2012/09/27~2012/10/04のコメント・フォームへのレス。

>オリジナルというか後付で書かれたというのが正しいですかねぇ。
>Webでは約1年前に連載というか電撃マガジン掲載は半年ぐらい前に一応やっているので>SAO 二話のボス攻略
>ちなみにボス攻略はだいぶ削られております。

刊行されてないだけってことなんですね。
それにしても後出しエピソード多いのは個人的にイマイチだなぁ。
ふとした時に補完したくなる気持ちはわかるしアフターケアみたいなものとも言えるんだろうけど、本として完成品を出した以上、後から継ぎ足すの蛇足に思えるんですよね。


>一 さん
>>TARI TARI 第13話
>『本日は娘の文化祭のためお休みします』と張り紙をして日曜に土産物屋を休み愛情たっぷりのお弁当を作ってきちんとした服装で見に行く圭介さんは格好いいな…そして弁当をチェックしまひるさんの遺影に「いってきます」という和奏らしい始まりだったな。

まひるさんの遺影が映るたびに笑いそうになるのは辞めて欲しい・・・やっぱりあの写真は明るすぎるよ(笑)
>来夏の弟は友達と約束があるからとしか言わないんだな(笑)。
>来夏の黄色いイルカはかぶれるとは思わなかった。
>合唱部5人の家族のあり方をそれぞれ見ることが出来てよかった。
>でもウイーンの家族は送迎と声だけだったな…お金持ちで大きな屋敷に住んでいたから話に絡むのかと思っていたらまったく関係しなかった(笑)。

あのイルカはきっと良い匂いするんだろうなぁ・・・とか考えてしまった。
なんだかんだで親がちゃんと絡んだのは和奏と紗羽だけなんですよね。
アニメ的に見ると全員の家族エピソードっていうのはワンパターンすぎるかもしれないけど、それぞれの両親がどういうキャラなのかぐらいは知りたかったな。
>校長は理事長相手に合唱部の部員達の前で必死な姿で生徒達のために理事長に思いを訴えるのは格好よかったよ。
>最後の白祭のために校長の職と退職金と安定した老後を引き換えにするとは…割れてるが最後の言葉になるとは思わなかった。
>そして教頭が出てきたら校長の霊圧が…で何時の間にか忘れ去られ校門の前から姿が消えていたな。
>そしてジャージ姿で合唱部の写真を持っていたのが最後の姿だったのか…。

校長はジャージ部に転勤になったのだ・・・。
せっかく最後は安定した老後を投げ打って助けてくれたのに、校長のフォローぐらいは欲しかったですね。
どうやらガチで解雇されてるようだし・・・校長の家庭がどうなったのか私気になります。
>「宮本さんあなたが動かしてきたこのステージ私に指揮をさせてもらえませんか」は教頭が来夏のことを認めたと言う事なんだろうな。
>教頭に『人を動かすものがない』と言われた来夏が動かし始めた物語を人がだんだん増えていって合唱部の皆で押してここまで来たんだなとか思いながらニヤニヤしてしまった。
>1時から始まり20分過ぎの音楽劇のメインの歌のシーンは合唱部の部員だけでなく教頭や声楽部や吹奏楽部の部員に観客も皆楽しそうにしているのが良かった。
>という事は教頭には無理だと言われた『音楽を楽しむ事と楽しませる事』の両立を来夏は皆の力で成し遂げたという事か。

そういえばそんなこと言われてましたねぇ・・・。
来夏は特に才能がある描写があったわけじゃないし、地道ながんばりと音楽を楽しむ姿勢が人を惹きつけたのでしょうね。
>田中が推薦に受かっちゃったシーンの後の冬休みのシーンは来夏の部屋に白際のポスターが貼ってあったのが印象に残ったかな。
>沙羽との別れで田中が泣いていたシーンや和奏と教頭の合唱部の部室での会話は物語も終わりか…寂しくなるなとも思いながら見ていました。
>P.A.はこういうシーンを何気なくさっとやって視聴者に魅せる所が良いんですよね。
>卒業式が終わってからの潮風のハーモニーは見てるこっちも歌いたくなったよ…潮風のハーモニーは白際が終わってから合唱部の皆で作ったのかなと感じるような内容の歌詞なので色々想像できていいな。
>一足先に海外に行った沙羽が皆の歌を聞いて思わず歌いだしてからのEDで高校を卒業した後の映像が花咲くいろは風に言うとこれから花咲こうとしている感じがでていて良かったな。
>田中は相変わらずバドミントンだし和奏は教頭と音楽の勉強をしウイーンはヤンと再会でき髪を切って大人っぽくなった来夏は大学でサークルに誘われた時の表情の変化で新しい物語が動き出すんだなとか想像できてよかった。

卒業後もみんなで遊んでる的な描写があればもっと良かったんですけどねー。
それぞれの生活や進路があって・・・というのは華々しくもちょっと考えると寂しい。
みんなで紗羽に会いに行く計画とか立ててるんだろうな~とか想像するしかないですね。
>ラストの『本日は娘が帰省するためお休みします』と張り紙をして夏休みに土産物屋を休み愛情たっぷり量もたっぷりの夕飯の準備をしている圭介さんは格好いいな。
>そして成長した和奏の「ただいま」で物語を閉めるのは綺麗な終わりかたすぎる…みんな和奏が主役だよ(笑)。

「いってきます」で始まり「ただいま」で終わるのは良い構成でしたね。
成長した和奏はよりまひるさんに似てきました。
>眠れない月曜日も終わりか…やっと寝不足が解消できる(笑)。
>来期はリトルバスターズか本命かな…中二病はアニメ化で原作が売れるかな…。

リトバスは原作未プレイなのとJ.C.なのが楽しみでもあり不安でもありますね。
自分はあまり注目作はないので大体様子見になりそうです。


>ABAYO さん
>何故かTBS系じゃなくテレ朝の深夜で「俺の妹」やるってんでなんかと思ったんですが1期の特別版でした。
>(1クールでTRUE ROUTEやるとの事なので2話ほどカットされるようですが・・・)
>多分再放送終了と入れ替わりで2期ってことなんでしょうけどこっちではちゃんと観られるんだろうか・・・(「クェイサー」、「DOGDAYS」の例があるので・・・)

北海道でも同じようなことで悩まされそうな・・・地上波あるのかなぁ。
ヘタしたらニコ動の方が早いとかもあり得そうだ。
>>トータル・イクリプス13話
>>展開おっせぇ!
>>終わりそうで終わらない戦闘・・・テンポ悪いなぁ。
>緊迫したシチュで盛り上がりどころのはずなのにどうもこれが足を引っ張ってる感がいなめないんですよね・・・
>原作もちょうど14話でカムチャッカ編が終わってるようなので実は別にちんたらやってるわけではない可能性もあるんですが文章だけでは逐一書かないとわからないところもでてくる小説と違い、アニメではもっとテンポよくいけそうな気もするんですが・・・

よっぽど不知火・弐型を引っ張りたいんだなーと思いました(苦笑)
どこまで原作を消化するか&残りの尺の問題でだらだらやってるのかもしれませんが・・・。
ホライゾンはテンポ良いけど説明なさすぎるけど、TEは逆に1シーンが長すぎる。
この間ぐらいがちょうど良いバランスだと思うんだけどなー。
>カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第12話
>>ひよっちのべろちゅー演技のエロさはわかっていたけど、今回は普段より気合い入ってる気がしたり喘ぎ声全開だったりととにかくエロすぎる。
>もはやその辺のエロゲー顔負けというか・・・つーかキスだけでここまでエロくできるというのには脱帽ものですね(大汗)

早くひよっちエロゲに出ないかなぁ・・・(マテ
喘ぎ云々よりも、色っぽい演技に磨きがかかってるのでサキュバス系のキャラとか凄く似合いそうです。


>>ココロコネクト 第12話
>後者はアニメで見るには2期が必要ですが・・・。
>色々不祥事起こしている作品だし2期はさすがにないと思いますけどね。

作品には何の罪もないんですけどねぇ・・・原作ファンだけに本当に残念です。
確かに色々変更で制作側の負担も大きいだろうし相当2期は遠のいたと思ってよさそう。
>>2012年秋アニメ個人的まとめ
>コード:ブレイカーはコミック最新刊によれば番外編や4コマなどの話を22~24巻のOADでやるようなので基本的におバカ話やらないでシリアス路線でやる方向性でしょうね。

なかなか進行が遅い作品なのでアニメだとどうかな?という気はします。
何クールかはわからないけど、キリの良さで考えると全然伏線消化出来なさそうな気が。
>めだかボックスはAT-Xで見るよりニコニコ動画で見るほうが早いみたいです。
>ニコニコ動画が10月13日でAT-Xは10月18日ですので。

ニコ動だと土曜日の激戦区なんですよねー。
原作読んでるからそこまで早く視聴しなくてもいいかなと思いまして。
まー、金土日の消化速度によると思いますが優先順位はあんまり高くないですね。
>>エウレカセブンAO 第21話
>エレナの過去が意外としょぼかったから居なくなっても1話ぐらいで帰ってきてよかったなーって感じがしないでもないです。
>ナルは実家で普通に食事していたのは吹きましたけど。

確かにこれで延々敵対してたらもっと目も当てられなかった・・・。
しかし、本当にここまで引っ張る意味の無い謎でしたね・・・1クール目で判明しても良いぐらい。
>>戦国コレクション26話
>前回の義元の釣り回もちゃんと戦闘に活かされていて無駄話でなくてよかったと思いました。

義元の「フィーッシュ!」が聞けたので満足。
某グランダー世代なもので。
>今までのキャラの再登場はこれまでの話が思い出せていいです。
>ライバル同士であるはずの上杉謙信と武田信玄が最終回でようやく出会うというのには笑いましたけど。

謙信&信玄共に登場していてここまで接点がない戦国モノはかなり珍しい気がします。
>本編もロングCMも信長LOVEの光秀がステキでしたけど。
出番が少ないのが惜しいけど、これぐらいのバランスが戦コレらしいのかもしれませんね。
>>ヴァンガ91話
>>日本だから勝つんでしょ?とか思わせる構成はやっぱり巧いと思えないよね。
>やっぱり負けても次がある的な状態のせいでいまいち燃えないんですよね。
>次のサーキットの開催までの期間が短すぎて地区大会的なノリになっているから大きい大会のファイトに見えにくくなってますし海外に行っているという描写も少ないですし。

アジアサーキット(笑)世界(笑)状態ですからねぇ・・・。
負けたから次の大会に~ってのは現実的ではあるけどフィクションとしてみると格好良いモノじゃないし。
他の噛ませ犬が再登場するならまだしも、Q4視点だとQ4だとコンテニューしすぎじゃね?という風にも見えるし。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6143-7425aa8c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。