説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

さくら荘のペットな彼女 第02話

★さくら荘のペットな彼女 第02話 「ねこ・しろ・ましろ」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

うーん・・・七海の声に違和感を覚える(特に関西弁)。
美咲先輩も1話の時はまぁこれでいいかと思ったけどやっぱり気になる。
その気になる要素+原作よりも圧倒的に劣るキャラデザということで原作通りなのにもの凄くモヤモヤさせられますね・・・。
空太とましろはコレで合ってると思うし、松岡君のノリツッコミ的演技も笑えて良い。
文章でのテンポの良さにはさすがに適わないけどね。

ましろは原作にある儚くも淡く綺麗なオーラが全然感じないのがキツイな。
描写が淡々としてるせいもあって要介護の部分だけが強調されすぎている。
まぁ、1巻のましろこんなに酷かったっけ・・・と思ったけどさ!
読んだのが割と前なので結構忘れてる。

アニメではよりWヒロインチックにましろと七海のバランスを巧く取ろうとしてる節があるけど、肝心のキャラの魅力が全然伝わってこないのは初見にはかなり辛い気がします。
七海の当番巻は2巻だからそれまではあんまり出番ないしなぁ。

というわけで、1話ではまぁいいかと思ってた部分が徐々に気になってきた2話でした。
これならアニメとして見る意味も薄いから早々に切ってしまう可能性も・・・。
ラノベアニメはキャストだけはハマってるのに構成が残念という例が多いけど、まさかキャスト絡みで違和感を覚える作品に出会うとは思わなかった。
原作好きだからこその意見なのかもしれませんが・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6182-54398e2c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99