説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中二病でも恋がしたい! 第11話

★中二病でも恋がしたい! 第11話 「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

今回から中二病を卒業した六花ちゃんとのキャッキャウフフだぜ!とか思ってたら気付いたらシリアスというかさよならムードというかお通夜ムードになっていたでござるの巻。
本当にどうしてこうなった・・・。
中二病を卒業した六花はなんだかいまいち物足りないというかオーラが消えたなぁ。
やっぱりこれは最終的に自分の中で共存していく方向に落としていくんじゃないかな。
凸守の言葉に反応してたりと未練があるというか無理をしているように見えたし。

一番可哀想なのは凸守ですよね。
尊敬し慕っていた先輩中二病患者に恋人が出来て唐突な卒業宣言。
居場所であった部活も解散されるわ、周りの人間から冷めた目で見られるわ・・・。
少なくとも原因作った勇太は凸守をもう少しフォローすべきだったよなぁ。
勇太の言ってる六花矯正云々は正論ではあるんだけどね。

その辺の空気を読んだモリサマーさんの株が更に上がった回でもありました。
本当に良い人すぎるだろう・・・凸守をキチンと一人の年下の少女として見てるのはモリサマーさんだけなんじゃないか?
凸守を抱きしめた所で泣きそうになり、ラスト付近凸守が可哀想すぎて再び泣きそうになりましたよ・・・。

さて、この重苦しいムードで次回は最終回。
個人的な予想は何回も言ってるように恋も中二病も共存していくENDだと思うんですけどねぇ。
空気なくみん先輩はともかくとして六花も凸守も笑顔なラストであって欲しいです。
モリサマーさんなら2人が笑顔なら自然に笑顔になれる子だろうしね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6317-4ce22a64

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。