説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブライブ! School idol project 第09話

★ラブライブ! School idol project 第09話 「ワンダーゾーン」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

待望のミナリンスキー回!
と言っても、ネタバラシ自体は思いの外あっさり。
寧ろ、今まで見つからなかったのが奇跡なぐらい、ことりは普通に働いてるじゃねえか!という。
短期間でカリスマメイドにのし上がることりちゃんが“何も無い”なんてことは絶対ないよね。

勝手にグッズ化はアイドルには良くあること(特に写真とかバッヂ)だけど、さすがに本人達が売ってるところを目撃するというのはなかなか無いシチュエーションじゃなかろうか。
色々突っ込み所満載ですが、本人達は喜んでいたので良しとしよう。
グッズ化されて感激してる矢澤先輩が可愛すぎて辛い。

後半は挿入歌用のお話。
アキバに詳しいからそれっぽい歌詞を考えてくれてとか無茶振りすぎィ!
涙目になってることりちゃんも良かったけど、それを中心に2年組の仲の良さを再認識できる話で良かった。
3人の初舞台の話なんか3話思い出して泣きそうになりましたよ。
「ずっと一緒」の台詞がフラグにしか見えないと思ってたら謎のことり宛てエアメール。
予告的に単にリゾート招待ならいいんですけどね・・・花田先生だから色々油断できないな。
逆に言うと、花田先生だからこそ離別フラグ→フラグブレイク→ラブライブに向けて私たちのアイドル道はまだまだこれからだ!という無難エンドになりそうな気がしないでもないけども。
企画的に廃校阻止や離散展開にはならないと思うので、無難な落とし所が必要だろうしね。

今回の挿入歌はライブでもPVでも無かったのはちょっと残念。
しかし、6話、8話のPV&ライブコンボでスタッフ瀕死なのか9話の作画が珍しく崩れてるところあったので、こういった構成になるのはしょうがないですね。
挿入歌ダイジェストシーンではにこまきの絡みが好き。
Aパートの部室ににこまき2人で来てる何気ないシーンとかにこまきスキーな自分にはたまらないですね。
先輩後輩の関係も良いけど、既存の設定のように学年の分け隔て無く日常的に絡んでるシーンがもっと見たい。
・・・ということで、次回の「先輩禁止!」はそういった話になるのではないのかな、と。
予告では水着、水着と言えば「夏色」という期待はしますが・・・ぶっちゃけ、既存曲はもう出ない気もするんだよなー。
スクールアイドルっぽさが全面に出てるのが「ぼららら」ぐらいだし。
1年組は4話、2年組はメインや今回等当番回があったので、3年組の当番回も兼ねてるのかなー。
にっこにっこにーに期待せざるを得ない。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6495-1c350ae8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。