説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

獣装機攻ダンクーガ ノヴァ 第04話

★獣装機攻ダンクーガ ノヴァ 第04話 「紅いダンクーガ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

戦闘が早くも単調になりつつあると思います!
格闘戦が今更感ありすぎるんだよなぁ・・・。
普通弱い武器→強い武器って使っていかないか?
断空砲&断空剣だけのワンパターンにならなければいいけど。
格闘戦やるならロケットパンチやドリルつけたらいいと思うけど
そうすると思いっきりパクりになるしなぁ・・・。
旧ダンクーガは亮が拳法の達人だから格闘が活きたんだけども。
今回も合体のリミットが迫ってるのに危機感のない描写。
これだけはホントに直した方がいいと思うんだけど。

パイロット達の内面ではとにかく葵が色々突っ走ってる。
行動も、疑念も彼女が一番深く思ってるようだし。
そんな中でくららの過去が多少掘り下げられたけど
かといってダンクーガで戦う理由に直結もしなくてなんだかなー。
ジョニーは朔哉にクラークケントって呼ばれなくなって良かったね(笑)

サブタイ通り紅いダンクーガが登場したけど・・・ダンクーガか?これ。
システム的には同じ物を使ってるようだけど。
人型・・・人の顔を持った兵器がこの世界ではダンクーガしかないから
同じように人の顔を持った紅いロボットをダンクーガと呼んだのかな。
パイロットは女性のようだけど。地球人じゃない・・・?
顔見せで終わって実質のぶつかり合いは7話か?
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/651-9ffae6e1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99