説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブライブ! School idol project 第12話

★ラブライブ! School idol project 第12話 「ともだち」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

\前回のラブラ・・・あれ?
まぁ、前回のあらすじは無いだろうなと思ってたけどさ!
アバンは2話ほの3話こと4話うみ、5話ぱな6話まき7話りん、9話のぞ10話えり11話にこというローテーションなので、最終回は無しか全員か穂乃果単独かな?
シリアスな引きの次はアバン無しの法則なのでやっぱり無しかな。
まぁ、廃校阻止にはならないとかことり留学はない、などと言った予想がことごとく外れそうな自分のことだから当てにならないけど!

最高のライブは予想通り中断。
最後までライブをやりたそうなアイドルに対してストイックなにこにーが印象的でした。
後の台詞を考えると、穂乃果のことを信じているからこそなんですね・・・。
そして今回の一件理事長から注意を・・・まぁ、そうですよねー。
雨の中の屋上ライブってだけで先生に見つかったら怒られそうなものだけど、こまけぇこたぁ(ry
それを受け、穂乃果以外の8人はラブライブ!出場を辞退しランキングのエントリーも取り消す。
コレに関しては、穂乃果に責任感じさせたくないのはわかるんだけど、そこまで自重する必要なかったんじゃないかなぁ・・・現にその後、理事長は活動を禁止したつもりはないと言っていたし、取り返しの付かないことなんだから、どういう状況であれ穂乃果に一言相談するべきだった。
自分だって穂乃果の立場なら、せめて相談して欲しかったと考えると思うんだけどなぁ。

更に追い打ち(?)をかけるように、まさかの来年度入学希望者の受付開始=少なくとも1年ほどは廃校阻止確定。
誰だよ廃校阻止はありえないとか言ってた奴・・・私です\(^o^)/
話の流れ的に、廃校阻止が決まったし、今回のこともあったのでラブライブ!を辞退しましたという展開の方が素直に納得出来たんだけどなぁ。
上の理事長云々といい、どうにも間が悪いというかやることなすこと裏目に出ているというか・・・。
廃校回避はμ's結成の目標なので喜ぶべきなんでしょうけどね。
実際にはμ'sのメンバーや生徒達は喜んでたしね・・・そう、留学を心に決め、穂乃果にいつ打ち明けるか悩んでたことり以外は。

ことりの爆弾を抱えたままμ'sのメンバーで行う祝・学校存続パーティー。
明らかにことりちゃんと海未ちゃんだけお通夜ムードで思わずワロタ。
そしてこのタイミングでことりの留学を発表する海未ちゃんマジドS。
海未ちゃんの言うように、後回しにすればするほど辛いだけなので後押しなんでしょうけどね。
これに対する穂乃果の「どうして言ってくれなかったの」は切実な想いだよね。
ましてや海未ちゃんだけは知ってたとなると感情的になるのもしょうがないと思う。
ことりちゃんの言うことも海未ちゃんの言うこともごもっともなので複雑ですね・・・。

この一件をキッカケに回復しつつあった穂乃果が負のオーラ全開に。
ただでさえ、本人は自分が無茶をしたせいでライブ、ラブライブ!出場を台無しにしたことを自覚しているし、μ'sの結成した目的であった廃校阻止もそんなふわふわした状態で達成という状況。
穂乃果のがんばりを支えていたものが次々と折れていく中で、最後の追い打ちは親友のことりとの別れ。
彼女だってただの16歳の高校2年生なんですよね。
この年代だと友達との別れほど辛いこともなかなか無いと思う。
一部は自己管理の甘さとはいえ、これらは全て自分の努力ではどうしようもないことなんですよね。
そんなテンションの中、改めてA-RISEの凄さを見せつけられて・・・どうしようもない挫折を味わったんじゃないでしょうか。
その結果が、ことりの門出を祝おうと提案するμ'sメンバーに対しての脱退宣言というのも仕方の無いことだと思う。

「やりたいからやる!」と言い出してμ'sを結成しメンバーを集めてきた穂乃果。
アイドルはあくまでも廃校阻止の手段だったとはいえ、その彼女の口からまさか「私、スクールアイドル辞めます」なんて言葉が出てくるとは・・・この穂乃果に対する視聴者の反応は辛辣なものが多かったと思うけど、それは作中で完結してる問題なんですよね。
あの海未ちゃんがビンタしてまで「あなたは最低です!」と突きつけているのだから。
この時点の穂乃果が最低なのは身内から見ても明らかなんだから、今は黙って成り行きを見守るべきだと思います。
キャラ崩壊だのなんだの言われてるけど、もう少し穂乃果の立場になって考えてもいいんじゃないかなぁ。

どうにも、シリアス展開を受け入れられなくてキャラ叩きに移行してるのが感じられますねね・・・。
花田先生ならこれぐらいなら想定内だし、寧ろ挫折や別れ、成長は青春モノの王道展開ですよね。
自分もそりゃあμ'sのメンバーがキャッキャウフフしてたりライブしてるシーンが一番楽しいけど、この一件はμ'sの絆を深めるため、穂乃果が成長するため、原作のμ'sに近づくために必要な話だと思います。
というわけで、今回も面白かった!と声高らかに言いたいところですが、面白いのとショックなのはまた別問題で・・・。
ショックと言うよりも、このまま1週間生殺しやらμ'sやことりちゃんはどうなってしまうのか、というのが色々頭を巡って、視聴後しばらく放心状態でしたよ。
救いなのは予告的にハッピーエンドっぽいのが確定してることかな・・・。

最終回でありそうな展開を予想するなら

・理事長に言われて後ろ向きのまま留学しようとしたけど自分の意思で辞退
・ライブシーン
・最後まで2年組にスポットが当たっていたし、もう1つの始まりの曲と言えるSTART:DASH!!あたりか?ことりが衣装を気にしてたのも伏線っぽい
・やっぱり廃校の危機が近いので、私たちのスクールアイドル活動はまだまだこれからだ!

ことり留学キャンセルに関しては賛否両論ありそうだけど、やっぱり行って欲しくないのが本音ですね。
来年度の話になると3年組が卒業してしまうので、アニメの続きをやるならそれなりの引きが必要って所でしょうか。
・・・散々、予想を外してる自分なので話の半分でお願いします。
更に希望を言うならば、やっぱり「僕らは今のなかで」は作中で聞きたいです。
なにはともあれ、泣いても笑っても次回で最終回!
何かしらの発表があると嬉しいなぁ。


本編の感想に挟む余地がなかったので追加でここに。
今回もにこにーは輝いてました。
特に今回はにこにーの誰よりもアイドルにかける想いが凄く伝わってきた。
アバンのライブ中断前のストイックさもそうだし、穂乃果に対して本気で怒ったり。
「そんなこと」と切り捨てるのは言い過ぎな感はありましたが・・・。
ラブライブ!も次回があると、普段の調子で何気なく穂乃果を励まそうとしたり、今回のにこにーはやっぱり3年生なんだなぁと実感させられました。
加入して日が浅い、エリチカやのんちゃんじゃあこの役目は務まらなかったと思う。
過去のアイドル研から積み重ねてきて、やっと自分の全てを賭けられる居場所を見つけたのだから。
そして、真姫ちゃんがにこにーを抱きしめるところが最高でした(台無し)
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6536-49f06f4c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。