説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲S 第01話

★(新)とある科学の超電磁砲S 第01話 「超電磁砲(レールガン)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

1期から3年半の時を超えてついに超電磁砲が帰ってきた!
というか、1期ってそんなに前だったんですね・・・。
そら、どこまで原作消化したっけ?と思うわけですね。
OVAも見てるけど1回しか見てないから結構忘れてます。
原作は単行本でずっと追い続けてはいますが、正直、超電磁砲やるなら禁書のアニメやってくれよーと思う人間なので、視聴前のテンションはあんまり高くなかったんですよね。
ところがどっこい、さすがの超電磁砲ということで1話を見て一気にテンション上がりました。
全体的に1期、OVAから続いた超電磁砲の雰囲気を崩さず、実にらしい1話になったんじゃないかな、と。

まず驚いたのは第5位「心理掌握」食蜂さんのいきなりの登場。
原作では割と最近(でもないか・・・)登場したキャラなのでこのタイミングでの登場はびっくり。
図書室のシーンでもしかしたら・・・とは思いましたが。
食蜂さん出したってことは大覇星祭までやってくれるんですよね?やったー!
中の人はアイマス2代目雪歩でおなじみの浅倉杏美さん。
上記の通り、本格的な登場は後になりそうですがどれだけ本編に絡んでくるんですかね。

1話の殆どはオリジナル。
1期からの地続きとして春上さんと枝先さんが登場したのは嬉しかった。
特に普通に活動してる春上さんは実質、準レギュラーあたりの位置にいるのかな?
OVAの1話として切り取っても違和感無いぐらい超電磁砲の日常を描いた良いプロローグだったと思う。
そんな中でも妹達編の伏線があったりと、今後に期待できるシーンがちらほら。
どちらかと言えば既存のファン向けの1話という感じですが、ここから見ても問題ない作りになってたと思う。
上条さんの台詞や1話ED=OPといった要素は1期を踏襲していて思わずニヤリですね。

そのOPが1話の中で一番テンション上がりましたよ!
曲自体、番宣で流れてるぐらいしか聞いてなかったんですがさすが安定のfrip。
映像の方が今後の展開をなぞっていてファン歓喜ですね。
まぁ、とあるシリーズのOPは毎回その傾向が強いのですが。
当時から思ってはいましたが、やっぱりアイテムは禁書より先にアニメ化されたんだなぁとか。
アイテム戦に黒子や上条さんが混じってたのが私気になります!
ただのサービスだと思うけど、本編改変してでもこれは見たい展開。
ただ、そうなると上条さんがアイテムメンバーと面識持ってしまうのが問題なんだよなぁ。
布束さんがギョロ目設定はどうしたんだというぐらい可愛くなってたり、ぼっちの頃の一方さん等など本当にファンには嬉しいOPでした。

2期の問題は大半が妹達編のせいで暗い雰囲気になりそうな所ですよねぇ。
まぁ、1期も学園都市の闇に触れる事件*2だったんですけどね。
今回の場合は美琴が実際関わってるからどうしても陰鬱になってしまうと思う。
ともあれ、今はアイテムの登場(とキャスト)が目下の楽しみですねー。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6567-252379a5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。