説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠星のガルガンティア 第04話

★翠星のガルガンティア 第04話 「追憶の笛」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回は戦闘無しの日常パート。
片言でのコミュニケーションがどんどん増えてきて異文化交流モノらしくなってきました。
そのうち流暢に喋られるようになるんだろうか?
それはそれで完全に馴染んじゃったようで寂しいような・・・その前にお別れエピソードとかありそうだけど。
ガルガンティアの人々と触れあうことによって、戦争という考えしか無かった自我がどんどん広がっていくのがわかるのがいいですねぇ。
レドは堅物っぽいから完全にそれを肯定するには時間がかかりそうですけどね。

そんなレドの記憶の断片から過去が・・・?
レド同じような外見かつ兄弟という概念がないならクローン濃厚かな。
そして作中で語られた淘汰云々とレドの涙が重なる、と。
完全に兵士として育ててるなら某マジェプリの境遇より過酷だろうしなぁ。
記憶操作、薬物投与なんか当たり前なディストピアとしか思えないな。

次回は水着回らしいので快楽天ちゃんの薄い本が厚くなりそうで何より。
それはそうとそらまるキャラの出番は・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6607-9493c8c6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。