説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/05/17の反応

反応

2013/05/10~2013/05/17のコメント・フォームへのレス。



>一 さん
>>RDG レッドデータガール 6
>宗田家にお泊りで倒れて酔いが抜けていない時の泉水子の移動の仕方は能力なんだろうけど実体ごと壁をすり抜けたり飛んだりして移動できるとか凄いな。
>唐突だったので最初は意識だけ飛ばせるのかなとか思ってしまったけど何の能力なんだろう…もしくは姫神は何でも出来るのかな。
>そういえば泉水子の実家で和宮は夏休みなのに泉水子達は帰ってこないとか思っているのかな(笑)。

あんなの見せられたら姫神ってなんでもありなんだろうな・・・と思ってしまいますね。
>何気にこの学園怖いな皆目的を達成するため本心を隠して行動してそうだし。
>真響さんが泉水子ちゃんが欲しいから深行の力を本気で試そうとしたら深行と泉水子のパートナーの本来の関係が真響にばれるのはさけられないだろうけどどういう関係に変化するのかな。
>そういえば深行が真響達を生徒会執行部に誘ったのは自分達同様中立の立場にしておいて泉水子の友達のままで争わずにいたかったという事なのかな。

本心かと思った?残念!(ryってパターンもありそうですしねぇ。
真響が怪しいと思いきや良い人でやっぱり怪しくて・・・うーん。
>>革命機ヴァルヴレイヴ 5
>今回はハルト達が勢いで独立した現状の説明回かな…今回ラストにまずはこのモジュールを把握しておくべきって事で探索してたけどもっと早くしとかなきゃ。
>で人工太陽からどれくらい遠ざかったのかの説明はいつかやるのかな。
>ショーコの行動は独立させたの自分だし何かをしなきゃとプレッシャーがかかってやった行動なのかな…ハルトの好きになったショーコは元々はどんな子だったんだろうな。

SF設定的な部分はハッキリして欲しいような、もう面倒だからこまけぁこたぁ(ry精神で乗り切るべきなのか悩み所です。
>お嬢様と取り巻きが上級生というだけであんなに威張れるって…。
>無限のリヴァイアスみたいに生活が苦しくなったら孤立してやばくなりそうだ。

やはりリヴァイアス的展開に期待してる人は多いようですね。
>ハルトが調べにきた時にエルエルフがゲートを開いて格納庫に招いていたみたいだけどどれぐらいの期間エルエルフさんはハルト達が探索に来るのを待っていたんだろうか(笑)。
>ハルト達に他のヴァルヴレイヴを見つけるように仕向けたという事はエルエルフは人間をやめてヴァルヴレイヴに乗らずに他の学生に操縦させる気かな。
>これで革命がまた早まるとか思っているのだろうか。
>その前に生活物資とかやばそうなのはエルエルフさんが心配していないから大丈夫だよね…何か困ったら物資とかくれないとヴァルヴレイヴを相手の国に渡すぞを繰り返すのかな(笑)。

このエルエルフの行動は正直、謎でしたね・・・自分と仲間で独占すればいいんじゃない?っていう。
仲間にも情報を漏らさなかったということは、革命とやらは仲間にはあまり面白くないことなのかもしれませんね。
しかし、この独立国家()が力を付けるメリットも思いつかないんですけどねぇ・・・割と素でどう展開するのか楽しみですよ。
>サキは人間をやめる事に抵抗なさそうだな…お嬢様を噛んで駄目かと言っていたぐらいだし。
ハルトに近づいてるのも力が欲しくて・・・とかだったら黒くてそれはそれで素敵ですね。
>ハルトの肉親が開発者…そのうちこの学園はパイロットの素質がある生徒を集めた学園だったとか唐突な設定が出てきても不思議じゃないな。
本当にあり得そうだから困る。
学校の下で開発してるのが伏線とかでゴリ押しされそうな雰囲気。
>『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』と『変態王子と笑わない猫。』の話が気になりあらすじを各巻読んでしまった…ラノベのあらすじを読んだのはSAOとAW以来だ。
>そのままアマゾンレビューも全巻流し読みしたけど両方共5・6巻までやるらしいからアニメ見てから考えるか。

俺ガイルはともかく、変猫もそんなにやるんですか?
ということは変猫は2クールなのかなぁ・・・。
俺ガイルはネタが結構カットされるので原作の方がオススメですかね。


>>ヴァンガ 122話
>ナオキが約4ヶ月ぶりの勝利でもあったので見てる方も嬉しくなりました。
>ファイトスタイルの変更がスイコの挑発ではなくアイチの言葉だったのもよかったです。

そういえば、ナオキはずっと勝ってなかったんですねぇ。
一方、コーリンさんも・・・あっ(察し)


>ABAYO さん
>>俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第05話
>>偽装?デート
>あやせにも当日出くわしてたらどうなってたんでしょうねぇ。コレ(笑)
>(落ち着いて話できない状況であやせのブチキレを止められるわけないので「桐乃が京介を見捨ててダッシュで逃げる」に1票)

なんだかんだで京介が桐乃を見捨てるということは考えられないので、やるんなら桐乃を逃がすんじゃないかなぁ。
>>去年と違って、オタク活動に積極的になってる京介
>にしても、コスプレ写真はアレな気が・・・(沙織もすごい微妙な顔してるし)

オタクの自己顕示欲を良くも悪くも表している良いエピソードだと思います(笑)
>>俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第06話
>>桐乃があれだけ荒れてた理由を黒猫は十二分にわかっていただろうに・・・
>打ち上げで揉め始めたところで窺い知れましたね。
>まあ察しはよくてもそんな器用な娘ではないしその辺は・・・

客観的に見ると別に「今」じゃなくてもと思ってしまうんですよねぇ・・・。
恋愛に待ったもクソもないし、貴重な青春時代だから仕掛けたもん勝ちだとはわかるんですけどね。
この後の行動といい、元々桐乃派だった自分はより一層桐乃派になりました。
黒猫が嫌いなわけでもないし、寧ろ可愛いとは思ってるんですけどね。
>>この辺からどんどんあやせの行動がエスカレートしていく(気がする)んですよね。
>アニメだけなら今までで一番キモ恐ろしかったんですがまだ上があるんですか(汗)
>ってゲーム版のあやせルートBADENDはスクイズばりという話でしたね・・・(大汗)

ゲーム版はあまり興味が無くどういうエンディングなのかすら知らないのでなんともですね。
まぁ、展開的にあやせの言動がエスカレートするのはしょうがないんですよ。
>>とある科学の超電磁砲S 第05話
>某アニメ誌で誤植発見。ミサカがミカサになっていた・・・
>(ミカサシスターズなんていたら正直怖過ぎるわ(汗)。というか二次創作ですがこのネタは実在します)

進撃を最初に読んだ時は、しばらくミサカだと思ってましたw
ミカサ(三笠)という土地が北海道にもあるのですが、ミサカはミサカは~という台詞の印象が強いからでしょうか。
>>ミサカ
>>禁書を基準に考えるとフランクすぎじゃね?と個人的にはなんとも言いがたい部分なんですけどね。
>このノリは外部研修で得たのか、学習装置で学んだのか・・・後者だったら布束を小一時間ほど問い詰めたいような気がします・・・

ミサカネットワークに蓄積されたデータの結晶と言えるので、もはや何が原因かわからなそうですね・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6638-a2ece15f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。