説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲S 第09話

★とある科学の超電磁砲S 第09話 「能力追跡(AIMストーカー)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

やはりレベル5同士の戦闘は映えますね。
美琴がほぼ逃げ回るだけだったのにも関わらずのこのwktkだったので、次回の直接対決は更に盛り上がるんだろうなー。
一方さんVS美琴は力量差ありすぎかつ一瞬だったから微妙だったけど、レベルが近い同士だと自然と実力も近くて良いな。
そういう意味では禁書3期のていとくん登場はもの凄く楽しみなんですがいつになるやら。

今回は原子崩しもですが、超電磁砲の汎用性の高さも目立った回でした。
原子崩しの破壊力や防御力は戦闘だけ見ると脅威ですが、超電磁砲のトリッキーな動きや電気という汎用性の高い性質を持ってる故のなんでもアリ感のぶつかり合いがたまらないですね。
この多様性がレベル5たる理由の一つでもあるし、格付けで超電磁砲の方が上の理由でもある。

次回は直接対決ということでOPのように上条さんが・・・!
え、なんだって?
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6682-0857a249

コメント

「禁書目録」は見ているので、「妹達編」のラストがどうなるかは知っているのですが、これだけ美琴が頑張って、頑張って、頑張っているのに、最終的にはほとんど無関係の人が全部もっていってしまうんだよな。
「禁書目録」的にはいいんだが、「超電磁砲」的にはどうなのかと。
まあ「禁書目録」と「超電磁砲」で変えるわけにはいかないからなあ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。