説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

京四郎と永遠の空 第11話

★京四郎と永遠の空 第11話 「天使回廊」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

次回予告が最終回っぽいなぁと思ってたらもう11話だったのか。
12話終わりだしラスト手前ってことを全然意識してなかったわ・・・。

今回も最強の王子様節は相変わらず。
マナバスターのメロディを受けつつもオペラのように
1人の世界に入ってるカズヤ兄さんはどう見ても(ry
相変わらず無敵っぷりを発揮してたんだけど
最後は絶対天使の集合体とも言えるべきバスティーユに踏みつぶされてチーン。
ワルテイシアはバスティーユの中でそれぞれの絶対天使に語りかけ、理解し
バスティーユから絶対天使を解き放つ手助けをしていたのかな。
あんまり語らないキャラだからどういう想いで
空達を解放したのかわからなかったのが残念。

解放された左腕のかおんと右腕のせつなに邪魔され
足のたるろってに踏みつぶされるという非業の結末に・・・。
王子様のことなのでまだ生きていても不思議ではないですが。
バスティーユ自体が時をも越える真なる絶対力の持ち主だからなぁ。

予告見ると最後は空を犠牲に世界を救う・・・って展開が妥当な気がする。
予想が当たると主人公がまた報われねえ(笑)
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/669-22f2a934

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99