説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12話 「それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

うーん、せっかくの3話構成なのに結局色々カットされてるのは残念だなぁ。
まぁ、原作から比較するとというだけで、アニメだけだとそこまで違和感なかったんじゃないかな?
屋上の話短すぎるのも八幡が自分のやり方と言ってるし、後でヒール役とフォロー(?)されてるしね。
葉山もその辺わかっててのあの去り際の台詞なんですが・・・葉山はやっぱりもっと掘り下げて欲しかった。
八幡の名前をわざと間違い続けてる黒さなんかをアニメではあまり感じられないからなぁ。

人によっては八幡だけが犠牲になってモヤモヤした終わりと感じたかもしれないけど、この作品がそういうノリだから仕方がない。
最後にゆきのんの向き合って座ったことに色々な意味がこもってるから、そうなっただけでも八幡が悪役になったことに意味はあると思う。
序盤の八幡の弱さを肯定する部分が嫌い→今回は嫌いじゃないと関係性が確実に前進してるのがわかるしね。
それでもきっとこの青春は一般的に見ると真っ直ぐなものではない。
故にサブタイの「まちがい続ける」は当を得てるのかなぁと思います。

次回はTBS安定の番外編。
原作者脚本のオリジナル回のようですね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6728-b1ffdde2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。