説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変態王子と笑わない猫。 第12話

★(終)変態王子と笑わない猫。 第12話 「 変態王子と記憶の外」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作が続いてるのでこういった終わりになるのは仕方ないかな。
というか、6巻以降をまだ読んでない自分としては綺麗に〆られたと思います。
こういったジャンルかつ原作続いてる作品でヒロイン選ぶってラストはあんまりないだろうし。
放置された挙げ句、梓のあの態度というか関係はどうなってるの?とか気になる部分はあるけど、らしい終わりっちゃらしかったんではないでしょうか。

ここまでは原作を読んでいるので、勿論、オチというか猫像の話は知っていたのですがこうして改めて見ると、幼い陽人が猫像に願うシーンは泣いてしまった。
ここにきて全てが繋がるというのはにくい演出です。
原作を追って読んでると後付けっぽかったりもしたんですが、月子のことを覚えてないという部分から初期プロットからあった設定を肉づけたんだろうなーと思ってます。

全体的に見ると、キャッチーな声優にカントク絵の再現率と抑えるところは抑えていた感じ。
思ったより話題にならなかった気がするのはストーリーかなぁ・・・。
感想でも何度か書いたけど、1~2巻、5巻が面白いからどうしても中だるみ感が、ね。
とりあえず、いい加減原作の続きを読もうと思いました・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6729-20bc1eda

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。