説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠星のガルガンティア 第13話

★(終)翠星のガルガンティア 第13話 「翠の星の伝説」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

チェインバーああああ!!!
チェインバーのおかげで最後はなんだかんだでいい最終回だったな!
AIが学習し主人の命令に逆らって特攻というのは王道だよなぁ。
真っ先に思い浮かんだのはドラえもんのバギーちゃんだったけど。
レドの異文化交流成長物語と思っていたけど、チェインバーも一緒に成長していたんだね。
「くたばれブリキ野郎」の台詞は泣いてまうがな・・・。

個人的には中盤~終盤手前の中だるみで評価が緩やかに下がっていった作品でしたが、最後は多少は持ち直したかな。
ラスト2話のロボ戦は本当に良かった。
これが放映直後に期待していた映像だよね。
正直、銀河同盟は?時間軸は?ヒディアーズの詳細設定いらなくね?とかエイミーマジ空気でしたねとか、突っ込み所は結構あるけど終りよければまぁいいかな・・・。
ヒディアーズの設定は殆ど活かされなかったし、12話の中佐の首ポロといい、こういうことやっておけばウケるというのが見え隠れしてどうにも素直に受け取れなかったけど。
中盤でヒディアーズの正体判明、じっくり終盤に向けてって話なら完璧だったなぁ。
ともあれ、ちゃんとストレートな明るいエンドになったのは評価出来る。
虚淵はもっと色々な方向性の脚本を書いて欲しいですね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6731-1d2653a3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。