説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

獣装機攻ダンクーガ ノヴァ 第06話

★獣装機攻ダンクーガ ノヴァ 第06話 「未知の襲撃」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

妙に情事というか恋愛毎に焦点を絞った話だったなぁ・・・。
朔哉とセイミーさん、ジョニーとエイーダ、朔哉とイザベル。
セイミーさんに至ってはAパートほぼまるまる使ったボケまでやってくれた。
オチ読めてるのにセイミーさんだけ1人から回るシーンを半分も見せられるのは・・・。
武器云々をくだりをもう少し薄めにしてれば良かったんじゃないかなぁ。
ジョニーとエイーダは見た感じガチっぽいけど。
エイーダが情報入手のためにジョニーに近づいたようには見えないなぁ。
イザベルは成り行きで朔哉に助けられてくっついてるようだけど。
そういや”イザベル・クロンカイト”ってまんま同名のキャラがゴーショーグンに居るんですね。
こっちもジャーナリストだしキリーといい仲になるキャラ。
これのオマージュとすれば朔哉とくっつくのは自然だな。

後半はダンクーガのスポンサーのパーティーに出席。
スポンサーの名前=イゴールコンツェルンも判明。
ライバル会社のゾルブレインでそのCMによく出演してるのがエイーダ。
エイーダの歌が「ドリーマーズノヴァ」どうみてもグラヴィ(ry
そして地下に案内されたチームDを待っていたのはF.S.と各国要人。
F.S.とチームDは初対面。F.S.はダンクーガの存在意義を語る。
予想通り均衡状態を続けて戦火が他に移らないのを目的にしてるようだけど
それはダンクーガが強くなるステップで真の目的は明らかに”何か”だよなぁ。
本家本元?「やぁってやるぜ!」が聞けたのは予想外。
”獣を越え、人を越え、神を越えた”というフレーズも出てきたしやはり忍なんだろう。
しかし、局地戦での犠牲が世界平和に繋がっていることにしこりが残った。
それと明らかにサンドマン様っぽい人が居たのにはふいた。まさか本人ですか?

その後パーティー会場が謎のサイボーグ軍団に襲われるけど
これが”何か”という勢力なのかなぁ・・・?
田中さんの言うとおり何の目的で襲撃したのかわからない以上なんとも言えないか。
”時が来た”という台詞はそれを連想させますけど。
次回は「激突!ダンクーガ対ダンクーガ」ということでR-ダイガンとの対決。
これが終われば少しは伏線が回収されるのかなぁ?

とりあえずロボ戦がない方が面白いことに気付いた。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/682-be2e82ff

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99