説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

京四郎と永遠の空 第12話

★(終)京四郎と永遠の空 第12話 「永遠の空(えいえんのくう)」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

カズヤ兄さん生きてたー!
と思ったら出番一瞬のみですぐに廃人化。
アンタ何のために出てきたんだ。
命は取り留めたけど廃人同然だったし
あのままぺしゃんこで死んでたほうが良かった気も(マテ
そして予想通り世界を救うには空の犠牲が必要不可欠だったか。
ワルテイシアを含めた他の絶対天使は無事切り離せたものの
バスティーユは空のもう1つの身体。それを破壊することは空の消滅を意味する。

空飛びながら光を発して注目浴びてる中、キスしまくりのバカップルっぷり。
というか映像的に面白すぎるんですけどギャグですよね?(ぉ
空の台詞で「ちんちくりんで空気読めなくて」
空気読めないのに気付いてたのか・・・だけど京四郎の読め無さの方が酷いと思う(ぉ
涙を流して笑いながらのお別れシーンも感動のシーンのはずなんだけど
このスタッフが作るとギャグに見えるから困る。良い意味で。
追い打ちとして空を最後に抱きしめられなかった京四郎の腕が滑稽すぎて爆笑。
そして空によって世界は救われた。

その後はソウジロウは約束通り総帥に戻り相変わらずたるろって虐げられる日々。
ヒミコはカオンと共に・・・そういやヒミコはミカの元に居るための偽名だったんだな。
「本当の名前は・・・」で区切るのは反則過ぎますよ!
ミカの「ミ」か「カ」を名前に入れないといけない条件なのでヒ「ミ」コ。
真ん中の部分を変えると・・・やはり「姫子」かなぁ、と。

せつなは全てを受け入れ京四郎と共に空を見つける旅に出ることに。
自らの髪をばっさりとクラウソラスで切断。
そしてせつなが初めて自分がしたいと思ったことを自分の意志で実行した瞬間でした。
せつなの想いは京四郎には届かなかったけど違った形で実って良かった。
エピローグでどれだけかかったかわかりませんが空と再会してめでたしめでたし・・・と。
前(神無月)みたいに主人公カワイソスにならなくて良かったね!
でも良いキャラだったソウマ君が報われなくて京四郎が報われるのは納得が(えー

1クールだったし無難にまとまったかなぁ。うん、介錯作品だ。
ラジオはどれだけ続くのかなぁ・・・前と違って隔週だからなぁ・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/683-3fbf7250

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99