説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 「血染めのユフィ」 ★★★★ 【href="http://www.geass.jp/" target="_blank">公式】【ストーリー紹介

あーあー・・・猛烈にやってしまった感が。
話としては面白くなったけどルルとユーフェミアにとって悲劇過ぎる。

行政特区日本の設立は順調に進み
黒の騎士団も対応を迫られる。
副司令の扇がほぼ私情になってきてるのはリーダーとしては致命的。
といってもゼロの信念も根底は私情ですけど。
ゼロの場合はブリタニアをぶっ潰すという利害は一致してるし。
扇の行政特区日本への協力姿勢を騎士団のメンバーが反対して良かった。
元がゼロのカリスマで成り立ってる集団だから今回で崩れる恐れもあったし。

そんなわけでゼロはどういう手に出るのか注目だった今回。
こうならなければ・・・というifが考えたくなる展開だなぁ(苦笑)
ユーフェミアの話を聞く直前までは本当にユフィを憎んでいたんだろうけど
ユーフェミアの率直な想いにゼロが最終的に動かされた。
この場の判断は「ゼロ」としては失格だよなぁ・・・。
もしもこのまま和平が進んだら黒の騎士団のメンバーにどう思われたのやら。

結局、マオのようにギアスが拡大してしまい
その力に気付かなかったルルがたとえ話で
”俺が本気で命令すると誰も逆らえない。例えば日本人を殺せ、とか”
なんて言っちゃうから・・・(;´Д⊂
これはもう事故だよ・・・
それだけに全てが狂った後に黒の騎士団自体の指揮は上がり
結果的にユーフェミアを犠牲に作戦は成功。
ルルが流す涙が痛々しすぎて・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

「血染めのユフィ」というサブタイは
てっきりゼロがユフィを殺害するのかなーと思ったんですが
まさかその血染めが不運にもかかったギアス。
”日本人を殺せ”の返り血だとは想像つかなかったよ・・・。
マシンガンもって笑いながら虐殺してる様は圧巻。
悲しみが笑いに変わってきますね・・・。

神楽耶の出番は多少でしたが十分に印象強かった。
神格化されてるのかと思いきや立場的には平等なのね。
次回、キョウトが大がかりに物語に関わってきそう。
シャーリーは危険を感じてルル=ゼロから一歩遠ざかる。吉と出るか凶と出るか。
オレンジの出番は続編か24、25になりそうな気がするなぁ。

一番重要だったのがスザクとC.C.の交錯。
スザクの見たビジョンの中にいたマリアンヌ。
ブリタニア皇帝の高笑い(ゼロの行動をなんらかの方法で見て?)
ギアス関連の謎も深まる中、次回で一端物語は完結・・・のはず。
といっても24、25話が控えてますけど。
23話で一つの区切りはつけてほしいかなぁ。
区切りがつくならコーネリアかユーフェミアあたりでしょうかねぇ・・・?

とりあえず今回の展開は個人的にアリ。
悲しいけど物語としては確実に面白い方向に・・・。
俺を知ってる人なら俺が黒い話好きなのは知ってるだろうし(笑)

○Amazon


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/684-5fe8c962

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99