説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

おとぎ銃士 赤ずきん 第38話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第38話 「未来への扉」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

如何にも少女アニメチックな決着だったー!
巨大化のノリはなんだか違う気がするけど(笑)
ここにきて白雪の潜在能力が完全に引き出されたのはいいんだけど
その能力がいまいち伝わってこなかったのが残念だなぁ・・・。
それと結果的にいばらだけパワーアップなしで微妙に見えるしね。
大きい相手には効果が無さそうな攻撃ばかりだし。
ヘンゼル&グレーテルの兄妹スポット参戦は予想してたけど燃えた。
ランダージョが地味すぎたなぁ・・・でも似合ってる立ち位置かも。

鍵の力を解放し、二人の犠牲でサンドリヨンを倒す
という選択肢が有力だと思ったけど七賢者の力を使うとは意外だった。
フェレナンドがどうして七賢者の力を分けられたのかは謎ですけど!
三銃士+ヴァル、兄妹、ハーメルンとちょうど7人。
それぞれに賢者の力を与え1000年前に施した封印発動。
これ、1000年後にまた復活するんじゃね?って突っ込みは野暮ですか(マテ
ただ、マレーンが救われて欲しかったっていうのはあるかなぁ・・・。

最後はこれも予想通りだったけど小夜さん生きてて良かった・・・。
予告でも言ってたけど大団円大団円。
少女アニメはこれぐらいのご都合主義がちょうどいいですよね。
予告のりんごの不憫さは異常。まぁ今回殆ど空気だったし・・・。
予告映像が温泉ばっかりだったのがすげえ気になるんですけど(笑)
最後だけオタ向けなのかそうなのか。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/685-a3cd92b8

コメント

ヘンゼルの魔法の音が変だったみゃ

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99