説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第11話

★がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第11話 「わたしにもみえるよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

「わたしにもみえるよ」
みかんの台詞でしたが11話全体のテーマとも言える深い台詞だった。
台詞自体は学園祭のビジョンというより”まなびの見ているもの”
に対して”みかんもみえる”という台詞だけど
学祭本部でまなび達が感じた達成感。
それらまなびの視点=視聴者の視点にしたかったんだなぁ、と。
1話を見た時はアレなヒロインかと思いましたけど
こうしてみるとまなびが見てきたもの、気持ちがちゃんと伝わってきますね。

もう1つ。学園祭という側面。
なんていうかありきたりな言葉だけど青春だ・・・。
そしてメインのライブシーン。
学祭+ライブと言えば最近ではハルヒを思い出すんだけど
アレとはまた違った良さがあるな。
バンドのボーカルは茅原実里さんでした。長門(ry
アニメーションはさすが京アニに軍配が上がりますが
ストーリーを通しての演出はこちらの方が上と思います。
前述したまなびの視点や青春っぽさが感じられて・・・
聖桜学園最後の学園祭というシチュエーションも手伝ってか
まなびの校歌の時に不覚にも泣きそうになってしまった・・・。

学祭にはまなび兄&愛光理事長バカップルも参加。
お兄ちゃん、ナチュラルに格好良いオーラ出し過ぎてて笑った。
理事長とのバカップルっぷりはさておき
理事長にもまなびが見据えていたものが伝わったようで。
やはり学生には学生にビジョン、大人には大人のビジョンがあるもんですが
それを越えて理事長に想いを形にして伝えたまなびは偉いわ。

次回の話は見えないけどエピローグ的なものかな?
合併する前のごたごたというか気持ちの整理が妥当か。
「桜色の未来たち」というサブタイは色々な可能性感じさせてくれるなぁ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/686-7ce5897b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99