説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦姫絶唱シンフォギアG 第13話

★(終)戦姫絶唱シンフォギアG 第13話 「遥か彼方、星が音楽となった…かの日」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

AT-XとBS11では超電磁砲とシンフォギアGが重なっているのですが、最終回の感想がどちらも似たような感じになりそうでワロタ。
まぁ、シンフォギアは元々勢い重視の作品だから最後までブレなかったな、という感想ですけど(笑)

というわけで、最終回も最後までシンフォギア節全開!
1つ1つ突っ込んだらキリがないけど、プリキュアみたいなノリやんけ!と未来さん豪腕投手っぷりに一番ワロタ。
脅威にみんなで立ち向かう+挿入歌連打で、裏番組の超電磁砲とだだ被りという。
最終フォームのやりたい放題っぷりや響の繋ぐ力によるやりたい放題ヘルアンドヘブン、OTONA無双等々、最後までシンフォギアらしい勢い全開で細かいことがどうでもよくなるぐらい楽しかったです。
さすがにもう続きはなさそうですけど、マリア達3人がどうなったのだけは描いて欲しかったなぁ。

今期のノイズさんは概ね被害者だったよね・・・人間にいいように使われた挙げ句宝物庫で巻き添えとか・・・ブワッ
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6876-c49c52a7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。