説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/11/23の反応

反応

2013/11/16~2013/11/23のコメント・フォームへのレス。



>>凪のあすから 第7話
>アバンやAパートは要のマダムキラーぷりもあったりして盛り上がっていたのに、Bパートで水に流そうじゃないかと言った直後の謝罪会見要求は流石2クール作品と言うかマリーと言うべきか…後合わせが左前とかも中学生が作ったからっぽい間違え演出でしたね。

ドロドロしないと気が済まない、さすが僕らのマリーです。
>青年会の人が魚も女も持っていきやがるとか言っていたけど男はどうでもいいのかよって突っ込んでしまった。
>海にいけるのなら紡は行きそうな気がするが…。
>「至さん」「至さんなんていたらねえんだ」って言われていたけど至さんて中学生達にとってもそんな認識なのか…残念すぎるぞ。

名前をネタにするのは思春期ならありがちっちゃありがたいですねw
海の男が地上に~に関してはあまり触れられてないのは何か意味があるんでしょうかね。
>まさかうろこ様が仕事をするとは…ただのエロいおじさんじゃなかったんですね(笑)。
>「約束だからな守らねばならんのだあの方のすえを」って光達先島の血筋は何か特別なのだろうか。
>今回のうろこ様の仕事っぷりを見るとEDのまなかの姿はうろこ様の仕業なのかとか想像してしまうな…。

うろこ様はまだ温情ありそうですが、海神様は本当に恐ろしい存在なのかもしれませんね。
うろこ様も海神様が居るから動かざるを得ないように見えるし。
>>リトルバスターズ!~Refrain~ 7
>サブタイが5月13日になってるし…ゲームでは各ルート攻略後は恭介が帰ってきたぞ^の5月13日から始まるから最低でも6回以上はそこからプレイしたゲーム組みとこれがリフレイン突入で2度目になるアニメ組みとの印象はかなり変わるだろうな。

ああ、そういえばCLANNADもそういう周回前提の作りでしたもんね。
>前回までと骨折している腕が違う謙吾の「愛だと思うぞ」「鈴のなかのどこかに残っているんじゃないのかおまえを好きだったという気持ちを」をはじめ真人の台詞など意味ありげなものが多かったですね。
>鈴の通っていた所も特に説明もなくBパートの野球場でのシーンも結構カットしていたな…。
>今回駆け足で話を進めた分次回からの動きがあるシーンやクライマックスに尺が取れるし次回からラストまで期待してもいいのかな。

腕に関しては言われるまで気が付きませんでした・・・。
まぁ、やはり未プレイ組は静観が無難なようです。
>>革命機ヴァルヴレイヴ 2ndシーズン 18
>今回は珍しくハルトが主役みたいに見えたな。
>エルエルフには彼の戦う理由があるから自分達は自分達の作戦を果たそうと言い切ったりしてまともだったような気がするのは気のせいか…今まで私が見てきたハルトとは別人みたいだ。

さすがにハルト出生の秘密が明らかになる回で主人公してなければ不憫すぎる・・・と思ったけどやっぱりエルエルフさんの方が主人公っぽかった。
>それにしても最高傑作の遺伝子の息子を創り出した父親をハルトが殴ってヴァルヴレイヴを破壊するって言っていたけど200年後のことを考えるとね…。
あの未来図がなければこの台詞はもう少し格好良かったんですけどねぇ、でもどういう経緯でああなったか気になるようにはなりました。
>「俺にさらわれてくれ」とか完全に主人公…ミハエルフが格好良すぎて真の主役だしショーコの出番に反比例して面白くなるとはだから1期は…。
ショーコはこれだけ出番ないということは相当な隠し球のはずやから・・・。
>>ストライク・ザ・ブラッド
>これまんまカンピオーネじゃないですかー!…主人公はボケ担当っぽいし金髪のバトル好きもいるしどっちも妹は赤の王だし(笑)。
>獅子王機関は美人の国家公認ストーカーを養成し大事な事は2度言うようにしたりヒロインは主役を尻に敷いていたり…凄いね(笑)。

今回の話でより顕著になりましたね、後は主人公の性格やヒロインの好みですかね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/6961-b1cf3d4a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。