説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

コードギアス 反逆のルルーシュ 第23話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第23話 「せめて哀しみとともに」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

続編は夏ですか。
なんか各地で批判的な感想が、23話見る見ないに関わらず多いんですが
小説とか読んでる身としてはたかが3ヶ月前後と冷静な目で見ている俺。
スタッフへの怒り(総集編等の制作の遅延、局との関係)
が批判的な意見の大半を占めていると思いますが。
もちろんそういった怒りと待たされるじゃん!っていう気持ちはありますよ?
でもそれらを上回るwktkが止まらないぜ・・・!
ってことで肯定派です、俺は。
これで24-25が遅れたり内容アレだったらさすがに擁護できませんけど。

以下、23話感想。

ネタバレ全開ですよー!






いきなりユーフェミアの暴走状態からOPでぽかーん。
最終回だからといってOPに違いは無かったですね。EDは違いましたが。
スザクがアレだけ探して見つからないことから
KMFにユフィが乗ってることは想像ついたとはいえ
運悪くカレンの目の前に出てきた挙げ句ガウェインまで出てくるとは・・。
ゼロがユフィをどうするかが想像ついただけに緊迫の瞬間。
これまた運命的なタイミングの良さでスザク登場でゴタゴタしまくりでヤヴァイ。
ゼロに撃たれたユフィを全力で回収するスザクがー!
撃つ直前にゼロが言った「初恋だった」が切なすぎる・・・。
ルルーシュの甘い態度からして予想はしてたんですけどね・・・。
きっとナナリーとスザクの次に大切な人だったんじゃないかなぁ・・・。

ユーフェミアを討ったことで一時戦闘は終了。
黒の騎士団がブリタニア軍を圧倒しその場は勝利を収めた。
ゼロと神楽耶がやっと対面・・・ルルはちゃんと覚えていたんですね。
黒の騎士団はキョウトを指揮下に加え演説開始。
ゼロの演説とユフィ&スザクの対比がヤバイなぁ。
ユフィは特区日本の成功を願っていた。
それを知り、ユフィの死を悟ったスザクは日本は大成功だ!
と嘘をついてまでユフィに安らかな眠りを与えたシーンは泣いた。
感動のシーンなのに裏ではゼロが”合衆国日本”とか
ディートハルトの顔で笑ったり・・・俺の感動を返せよぅ!
顔といえば今回は色々作画がキてる人多かったな、良い意味で。

ここでAパート終了。

Bパートは戦場を移してトウキョウ租界に攻め入ることに。
一息ついたルルの元にナナリーから電話が。
よりにもよってユーフェミアに関することで・・・。
結局、自らの口から真実は告げなかったルル。
”ユフィはギアスに逆らおうとした。それは命令がとても許せないものだったから”
ルルにとってはもう泣くしかないよなぁ・・・。
そしてユフィが日本にかけていた情熱というか精神の強さが
ギアスに逆らおうとしたことによって皮肉にも判明したね(苦笑)
そんなルルをC.C.は優しく抱きしめる。

トウキョウ租界の方ではコーネリアが総督としての責任放棄しまくりでふいた。
いくら肉親が死んだからとはいえ総督失格だろう・・・。
一刻を争う状況なら尚更です。
コーネリアはもうちょっと強い女性だと思ったんだけどなー。
最終的には立ち直ったから良かったですが。
それにしてもニーナの顔は酷すぎる(笑)
ニーナのおかげで黒の騎士団がピンチになるってありえそうだなぁ。

各地の反乱軍を吸収してトウキョウ租界に向かう黒の騎士団。
その勢力は既に日本だけじゃなく世界規模に発展する恐れが・・・。
C.C.の話してた人物はマリアンヌと確定!
これは本人が言ってたCの世界とやらの更新のなのか
それともマリアンヌがC.C.の中で生きているのか・・・。
扇はいつの間にヴィレッタに千草なんて名前つけてたんですが。
きっと裏ではヤることとっくに(ry
そんなヴィレッ・・千草もブリタニア人ということでピンチに・・・。
あぁ、なんだか凄い嫌な予感がするんですが。
ユフィが死に迷うスザクの元に現れたのは・・・V.V.って!

ゼロと神楽耶の会話。
神楽耶の表情がころころ変わりまくって可愛すぎるんですけど(笑)
くそ・・・俺はロリコンじゃないぞ・・・!
更には未来の夫発言。また押しかけ妻系かい!
今回で神楽耶ファン増加したことは間違いないな。
時を同じくしてオレンジの目覚め・・・
「おはようございました」は狙いすぎだろ(笑)

戦闘の直前にスザクからの電話。
電話の名義がユフィなのが凄く意味深なんですが・・・。
会話内容はスザクが憎しみに包まれていることと二人の友情の確認。
ルルの高笑いは真の修羅への道の始まり。
創造の前には破壊が必要・・・ってどこの新世界の神だ(笑)
ルルもスザクもいろんな意味で吹っ切れたであろう・・・
どうなるかって所で”もざいーくかけr”
ちょwwwww

エンディングの最中ずっとポカーンでした・・・。
この切り方はさすがにないだろ・・・orz
前に書いた通り続編が夏になること自体は文句ないけどさ!
この切り方は生殺しにもほどがありすぎて逆に笑いが(ぉ
中華っぽい人とかも居たし全てが何もかも中途半端。
スタッフの意図に踊らされてる気もするけどそれでも見ちゃう・・・!

23話までを1期としてとりあえずの総評。
ここまで毎回毎回、内容が濃くて先の展開が楽しみで読めなかった作品は
ここ最近なかったのでかなり新鮮。
キャラの魅力と元々、俺がロボスキーであることを覗いても
毎回の内容を濃くするのと純粋に展開に楽しさを与えることは絶賛出来ますね。
2期も2クールで内容のペースがこのままだと尚更凄いなぁ。
4クールでここまで毎回濃い作品って言われると他に作品がぱっと出てきませんよ。
だから制作遅延するのはある程度しょうがないんじゃないかなーとも思いますけどね。
それだけのクオリティはちゃんと出してるわけだし。

というわけで中途半端に終わったものの評価は名作以上です。
Kanonと並んで今期最高の作品でした・・・
二つとも時間が固まってたせいで俺は苦労するハメに(ry
後はもう続編を待つばかり・・・。
これで24〜25の”一部地域”に当てはまったら泣いていいですよね?
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/697-e6198409

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99