説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブライブ!2nd Season 第10話

★ラブライブ!2nd Season 第10話 「μ's」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

時は少し流れて大晦日。
まったりしてる穂乃果ちゃんは穂乃果ちゃんらしいなぁと思ってたらことうみが代弁してくれました。
着替えシーンって地味にラブライブ!では貴重な気がしますね、色っぽいものではないのですがそこもまた穂乃果ちゃんらしい。

3年生は神田明神のお手伝いなので、1年2年での初詣。
凛ちゃんのクリスマスに買って貰ったという私服が可愛すぎて可愛すぎて。
買って貰ったということは親御さんにおねだりしたと予想、そのときの恥ずかしそうに、でもしっかりと女の子らしい服が欲しいと伝える凛ちゃんを想像すると胸が熱くなりますね。
スカート持ち上げてアピールする凛ちゃんはもう殆どトラウマ克服出来たかな、笑顔が眩しいです。
予告で判明していたものの、真姫ちゃんの晴れ着は様になっているというか、G's連載のことまきを思い出しますね(ことりちゃんは今回普段着ですけど)
細部が違うものの、基本的にはことまきの時の晴れ着と同じようなデザインですね!
可愛いと褒められて言い訳する真姫ちゃんが相変わらず可愛くて可愛くて

初詣に向かう最中の男坂でA-RISEとばったり遭遇。
会話こそ短かったものの戦友と再開したような表情と“間”は良かったし構図こそ上と下になっているものの、全力を出して戦ったライバルとして対等になったことを改めて実感させてくれました。
去り際にツバサさんが「優勝しなさいよ」とμ'sの予選突破を明らかにしてくれた所で嬉しくて涙が。
穂乃果の部屋にラブライブ!出場記念の盾(?)がありましたけど、着替えの時にちょうど映ってない場所に置いてるのがまた。

お参りは穂乃果ちゃんが本当に美人過ぎて一番印象に残ってますね。
お参りの内容がいちいち泣かせてくれるから困ります。
かよちんは内緒と言ってたけど「美味しいご飯が食べられますように」とかお願いしてたんだろうなぁ。

巫女装束のにこちゃんが完全に美少女だったのですが、髪をまとめる白いやつ(名称不明)が邪魔で・・・!
にこちゃんのポニテとか見たら白いうなじとか綺麗すぎて真姫ちゃん卒倒するんじゃないでしょうか。
海未ちゃんに似合うと言われて素で喜んでるところも可愛い。
そしてなんといっても久しぶりにストレートなにこまきですよ!(妄想ですが)
真姫ちゃんをにこちゃんに推した凛ちゃんはGJと言わざるを得ません・・・!
やっぱり、普段から絡み無いと推したりしないですよね!?
あのシーンだけでにこまきさんが普段どんなやりとりしてるのか妄想が捗ります
まぁ、やや強引な挿入というか、やるならもうちょっと直接絡んで欲しかった感はありますが!
それにしてもなんで和のユニットなのにイメージ絵はドレスなのか(笑)
エリチカさんの金髪巫女というギャップも良かったですね。

それにしても、進路で忙しいはずの3年が働いてるというこの構図はいったい・・・。
ストレートに読めば、もう受験に向けてやれることはやったので小休止のつもりのお手伝いとかですかね。
まぁ、アニメの中で進路を確定させるとも思えないのですが。
ここで1,2年生が残りのリミット3ヶ月ということに触れます。
どうやら、ラブライブ!が終わるまでその話はしないと約束したようですが・・・この約束はどのメンバー間で交わされた約束なのかが問題ですね。
その後、亜里沙がμ'sに入ると言ったときのエリチカさんの困ったような表情
3年組の「これからのことを一度みんなで話した方がいい」という意見。
結論から言うと、この伏線は10話で回収されなかったし、最終話付近の題材になりそうですね。

ラブライブ!本戦でのアピールポイントの一つであるキャッチフレーズ
キャッチフレーズと聞いた時の真っ先にあるワードが浮かびましたが、それが正解だったのが嬉しかったです。
それを決めるために色々やってみるというのが今回のメイン。
A-RISEのツバサさんとのリーダー同士二人きりの話もその一つで、ツバサさんの熱い想いが伝わってきます。
学年不詳のままですが、穂乃果ちゃんの態度見てるとツバサさん3年生なんですかね。
全てを出し切って何のわだかまりもなく満足している・・・と思っていたものの、どうしても負けた理由が知りたくて穂乃果ちゃんを訪ねた模様。
パフォーマンスを見て確信は持てたものの「何故出来たか」にこだわるツバサさんだからこそ、A-RISEはここまで意識を高く持ってアイドルしていたんだと思います。
結局、答えられなかった穂乃果ちゃんに優しいツバサさんは良いライバルでしたね・・・(もう出番なさそう

海未ちゃんにそのことを話したり雪穂に尋ねたりしつつも、応援してくれたみんなを見れば思いつきそう&お礼をしたいからということで突然の餅つき+生徒への配布。
餅と言えば餅米、ということでかよちん大歓喜の展開ですね!
かよちんの餅つきに対する考えどうなのか気になってましたが、やっぱりお米ならなんでもいいんですね・・・。
もの凄く久しぶりのありうみも見られました(亜里沙の出番2期2回目)
冬休み中なのに何故みんな集まってくれたんだろう?という疑問に穂乃果ちゃんは「みんなが居てμ'sが居るから」と答えに一歩近づきます。
言葉としてなかなか出てこなくても、穂乃果ちゃんはこういったことを常に実感しているからすらすらと良い言葉が出てくるんですよね。
この光景を見ていると、みんなが守りたかった光景というのはこういう光景だったのかなぁと(2期開始時点で廃校阻止してるので既に守られてはいるのですが)

神田明神の絵馬を作中に出すのは9話と流れが似ている気がしますね。
キャッチフレーズに直結する事柄とも言えるし、うっちーのツイートとかにもあるように昔から行われ、みんなに支えられてきたというラブライブ!という企画自体の縮図とも言えます。


この辺は1期の完敗からのスタート~最終話で講堂満員のライブ大成功と通ずるものがあり目頭が熱くなりました。
穂乃果ちゃんは絵馬を見てついに答えを見つけました。
一生懸命がんばって、それをみんなが応援してくれて、一緒に成長していける、それが全てなんだよ!
これはおそらくですが中の人も想っていることなんじゃないでしょうか。

そして作中で付けられたキャッチフレーズ。
みんなで叶える物語
これは現実でも企画当初から使われていたキャッチフレーズ


はたまたうっちーのツイートからの引用なのですが、原点回帰というかこの言葉が使われて本当に嬉しかったです。
アニメ1期からのラブライバーな自分でもこれだけ感動するんだから初期ファンの方は感動もひとしおでしょうね。
2期は本当にファンが見たいものを見せてくれるという、ある意味公式の掌で完全に踊らされてる状態なんですが、本当に見たかったものなので文句の付けようがないんですよね。
どんなものが出てきても頭をこねくり回して受け入れる覚悟は当に出来ているんですが、本当に見たいものを見せてくれて・・・逆に言うとここまで出し切ったらさすがにもう3期とかはなさそうだな、という気はしてるんですけどね。

次回のサブタイは「私たちが決めたこと」。
サブタイ的に今回の伏線回収になりそうかな?相変わらず予告映像では判断が難しいですけど。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/7066-cfea9e12

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。