説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ひだまりスケッチ 第12話

★(終)ひだまりスケッチ 第12話 「サヨナラ…うめ先生」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あぁそっか・・・
ゆのがメールしてた智花っていう子は沙英の妹だったのね。
そしてコレは久しぶりに良いくぎみー分・・・。
もうシャナやルイズチックなくぎみーは飽和気味なので
こういう演技の方が惹かれるなぁ・・・。
性格的にこういう妹は良いですね。
沙英が姉だからこそこういう性格になったんだろうなぁ・・・(笑)

智花登場の前半部はプロローグで
後半パートが今回のサブタイの部分。
といっても殆ど関係ないサブタイトルですけど。
ちゃんと作中で「さよなら」を言ってましたけど!<うめ先生

12月25日ということでX'masの話・・・
よりも年明けや独り暮らしについての話がメインだったような。
作中では1年の区切りということで最終回に相応しい部分かな。
特別な終わりじゃなく次回もあるかのように終わった。
ひだまりらしいというか続刊中にしては綺麗に終わって良かったと思う。

結局、時系列シャッフルしたのは良かったんじゃないかなー。
智花を最後まで取っておいたのとこの最終回だけでそう思える。
構成上4月〜3月に並べ直したら一部わからない部分も出てくるだろうけど
基本的に順番変えても問題ない作りになってると思う。
4コマのどこからでも気軽に読める所の表現みたいですよね。
とりあえず原作は買ってるので暇な時に読もうかなー。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/725-0b15d974

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99