説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ひとひら 第10話

★ひとひら 第10話 「ずっと…一緒…」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ってアレ、野乃先輩の声戻ってる!?
とりあえずは致命的にはならなかったようで安心・・・。
でもこれ以上演劇を続けていくといつ声が出なくなってもおかしくないんだろうなぁ。
美麗さんとは完全によりが戻ったようで・・・ああ仲睦まじい(笑)
照れる美麗さんがとにかく可愛すぎる今日この頃。
ひとひら一番の萌えキャラなのは間違いない。

そして佳代が留学だって!?Σ
今まで演劇にスポットライトが当たっていたおかげで
カメラマンだった佳代がメインになることはなかったんですが
麦の言葉の通り一番の親友はやっぱり佳代ちゃんなんですよね・・・。
X'masパーティーをみんなで楽しむ最中
麦の「来年も一緒に」という言葉を聞いて留学を告白する佳代。
麦の落ち込み、必死っぷりから如何に佳代が心の支えになっていたかわかるなぁ。
欲を言えば今までの話の中でそういう部分をもっと描写して欲しかったけど。

劇の「ひとひら」に喩えられるのは巧いと思う。
自己嫌悪に陥りつつも本音はやっぱり行って欲しくないにたどり着く。
そんな麦をみて野乃先輩は「変わらないものはない」と言い放つ。

最終的には納得して見送るカタチに行き着くんでしょうがその課程がどうなるかだな。
さすがに時間的に演劇で成長した自分を見せて見送る、っていうのは不可能か・・・?
確かに麦は演劇が好きなわけでなく成り行きでやってたわけですけど
麦が変わったことを証明するのにちょうどいいのも事実。
ということでやっぱり最後は演劇で占めて欲しいなー。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/804-193b8d49

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99