説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2007/05/31の日記

なんとか環境再構築完了かな?
それにしても1ヶ月毎に再インストールするハメになるとは・・・。
まぁ、おかげでカスペルスキーの試用期限が延びましたが(マテ
今回は前使ってたOSのドライブそのままで
他のHDDにOS入れたから不具合があってもバックアップは問題ないはず・・・!

今日の日記はPCの知識がそこそこ無いと意味不明だと思いますがご了承ください

■構成をおさらい。

Case:OWL-602D IV
CPU:Core2Duo E4300
FAN:ANDY SAMURAI MASTER SCASM-1000
M/B:P5B Deluxe
Mem:Team Xtreem Dark DDR2-800 1GB*2
VGA:NX8600GT-T2D256E-OC
Sound:X-Fi Digital Audio
Cap:PV3
DVD:GSA-H10A
HDD:WD740ADFD (74G SATA150 10000)
SATA300 250GB*2(RAID0)
320GB*1
120GB*1

結局グラボはMSIの8600GT、OCモデルにしました。
やっぱりCPUOCするならファンレスはきついしなー、と思って
空冷のやつを店で比較して悩んだ末にこれにしました。
でもぶっちゃけこれだけ出すなら安い8600GTX買えた気がしないでもない。
ま、まぁ考えたら負けですよね!

とりあえず定格でベンチやってみました。
画像は新しいウィンドウで開きます。
最初は貼り付けようと思ったけど重くなりそうなんでヤメ。サイズはその名残。

■定格(1800MHz)

スーパーπ
HDDBENCH
CrystalMark09

この時点でAthlon64X2 4400+並のベンチが出てるのは凄い。
といってもHDDもグラボもメモリもグレードアップさせてるおかげもあるんでしょうが。
C2Dはπ得意なだけあってπだけは遙かに凌駕してます。

■2400MHz

OC方法はBIOSからの設定のみ。常時使えないと意味ないし。
2.4はFSB266、CPUの電圧Auto、メモリの電圧2.05V、4-4-4-12で安定起動。

スーパーπ
HDBENCH
CrystalMark09

2.4Gは通過点のつもりまんまんだったので一部ベンチ省略。
でもメモリをやるの忘れたのはショックだ・・・orz
πの延びがすさまじいですねー。
ちなみにこれでE6600と同クロック(L2キャッシュが半分ですが)
2.4Gぐらいなら軽く行くような印象だったので
それだけでも相当コストパフォーマンス高いCPUですなー。

そして最終結果

■3000

実は一番苦戦したのが2700越え。
ここまで行くとある程度昇圧させてもOS起動でコケる。
どうしたもんかなーと考えててメモリのタイミング+ちょっとした昇圧で2700でOS起動!
そのままFSBあげて3000MHz起動したのでとりあえずこれで良し。
昇圧が不安だけどまぁ、本命はクアッドコアですから!
飛んだら飛んだときに考えます(マテ
肝心の設定は
FSB333、CPU電圧1.35、メモリ電圧2.15、5-5-5-15
負荷かけるとやたら温度あがるからそのうちCPUファンチェックしないと・・・。
それとケースファン足さないと怖くてケースのフタしめれませんっ

んではベンチ結果

スーパーπ
HDBENCH
CrystalMark09

πで20秒切れたので大満足。
他のベンチも軒並み数値あがってますねー。
ちなみにX2と比べるとエンコ時間が半分ぐらいになりました。
Avisynth+VDMでPV3のファイル処理すると2時間20分はかかってたけど
3GHzでエンコしてみると1時間切って感動。
何よりPV3の1920キャプがカクカクしないのが一番感動しましたが。

■総括

ここまで大幅にOCしたのは初めてなのでドキドキ・・・
つかこのまま常用して大丈夫なんだろうか。
時間がなかったので10時間級の負荷テストかけてないのが不安。
正直E6600相当である2400MHzまで行ければ十分なんじゃいかなー、と思います。
2400程度ならB級メモリでも達成できそうな気がする。
みなさんは俺のM/Bが燃えないように祈っててください(ぉ

それとラプター。
音が昔のHDDのようにゴリゴリ言うのは懐かしいけどうるさっ!
SMART DRIVE系が必須って言われてただけは・・・。
余裕ができたら買おう・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/806-c0d84c63

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99