説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

天元突破グレンラガン 第23話

★天元突破グレンラガン 第23話 「行くぞ 最後の戦いだ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

地味にOPが変わる期待をしたものの変わって無くて残念。

なのはStSの「決戦」と同じようにこれも最後の戦いの前哨戦ですな。
大まかにはロシウのしてきたことへの決着。
大グレン団の正式なまとまり。
月に偽装されていたダイガン=カテドラル・テラこと
超銀河ダイグレン(以下:ダイグレン)の機能解説がメイン。
前回、次元云々とかの話をやったので
今後もその手の話が出てくるとは思ったけどいきなりですか。
虚数領域とか隔絶宇宙とかロージェノムが語ったことはまるで別のアニメみたいだ。
そんな説明を理解しようとせずに「気合」で片付けるのがグレン団クオリティ。
やっぱりグレン団はこうじゃないとね!
ヴィラルも何だかんだで馴染んでるし思ったよりスムーズに最終決戦に移行出来そう。

そしてロシウの過去の清算。
ロシウが責任を感じて自らの命を絶つことはセオリーだけど
今更”本当は苦しんでいた”的回想を入れられてもなぁ・・・。
泣いてるシーンなら処刑決定直後とかに挿入してればよかったんじゃない?
まー、ロシウが本気でシモンを陥れるとは思っていなかったけどさ。
それでもそんなシーンが1つでもあった方がロシウの印象はだいぶ変わったと思う。
グレンラガンがワープしたのはダイグレンとの連携だよね?
つまり全ての螺旋力が原動の兵器はその恩恵に授かれるのか・・・?
シモンがロシウを思いっきり殴ったシーンは王道。
シモンの言ったとおりカミナがシモンを殴ったシーンを彷彿とさせる。

次回は本格的に最終決戦スタート。
予告見る限りいきなりピンチっぽくて不安ですが・・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/986-a719af4a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99