説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

宇宙をかける少女 第13話

★宇宙をかける少女 第13話 「棄てられた大地」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

レオパルドとの再会早っ!
普通なら1話以上使って元のパーティーを集めそうな所
ほのか達ともさっさと再会させた点は評価したい。
というかレオパルドの本体改めて使えねえ。
自立歩行(?)出来ないのだろうか。
この点だけ見ればベンケイの方が明らかに優秀だな(笑)
つつじはなんだかよくわからないけど女帝に・・・。

囚われの身になったりテラ・アブダクションモドキが起きたり
桜が助けに来たりほのかの元同志のジジイと再会早々首締めたり
相変わらず怒濤の展開過ぎて置いてきぼりな気がするぜ!
カークウッドの主要キャラがどうなってるのかもわからなかったしなぁ。
桜が無事なのは良かった風音さんがどうなってるやら。

宇宙をかける少女 第12話

★宇宙をかける少女 第12話 「虚ろなる巨像」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

なんという世界崩壊・・・。
秋葉達の完全敗北って所がこのスタッフらしいなぁ。
ここから鬱展開を経て逆転に持っていくのが王道だけど
次回予告はなんだか意外にエンジョイしてたような(笑)
寧ろこのタイミングで水着回なのか・・・。
棄てられた大地、地球に降り立ったもののって感じだろうけど。
先住民っぽい人たちは地球に住んでる人かな?
てっきりもう人が住んでない星かと思ったらそんなことは無かったのね。
秋葉達だけならまだしも、レオパルドもベンケイも降下したようなので
まだまだ波乱は続きそう・・・。
秋葉達よりも風音様達の立て直しの方が問題だろうけど。
重鎮達はあのまま\(^o^)/オワタだろうか・・・。
後々に敵になって再登場ってのもありそうだ。
高嶺さんもなんだか洗脳フラグ立ってるしなぁー。

宇宙をかける少女 第11話

★宇宙をかける少女 第11話 「鏡信者たち」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

久しぶりにナミの出番がまともにあったと思ったら
ナミ終了のお知らせ・・・まぁ、OPからして裏切りフラグ全開だったけど。
ナミが引きこもってる理由がblog炎上とか今風な理由だなぁ。
理由自体は初出だっけ?どちらにせよ逃げたのには変わりないな。
元同僚はともかく風音様の一言は効いただろうに・・・。
心の声が聞こえたっぽいのは何かの特殊能力?
それとも妄想共々にネルヴァルの洗脳技術なんだろうか。
扉の影から見える凶器と地の跡が・・・。
宇宙をかける少女同士戦う運命なんでしょうね。

生徒会の眼鏡ことつつじも純粋にネルヴァル側に。
生徒会の記憶からつつじの存在が消えているようだけど
ナミ同様人心をどうこうする術に長けているということかな。
今まで身近にいたキャラがネルヴァル側に回ったことによって
戦いに身近さが現れてきましたねぇ。

次回はまたまた宇宙規模の建造物対決が見られるかな?
そういえばhttp://www.sorakake.net/benkei/はちゃんと用意されてるんだな(笑)

宇宙をかける少女 第10話

★宇宙をかける少女 第10話 「箱入りの娘」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

良かった、いつも通りのそらかけだ・・・。

いつきのICP復帰で左遷された2人組カワイソス。
そんないつきが獅子堂家宛の荷物を
秋葉に届けたことで今回の話はスタート。
箱の中には文字通り中の人が・・・顔文字が可愛いじゃないか。
生徒会は校内に不審物を持ち込んだりが気に入らないようで
イチャモンつけてくるけど教師には逆らえないようで。
何となく、生徒会もそれほど情報は持ってないんじゃないかと思った。

箱こと通称ハコちゃんの可愛いキャラとは打って変わって
その実、ネルヴァルの部品にされるために箱に入れられた人物で
箱の中では記憶を失っていくという胸糞悪い設定でした。
それを取り戻すためにアレイダ襲来。
遂にアレイダの素顔が・・・って夢の女性!?
エンドクレジットでは神楽となっていて
獅子堂評議会のメンバーを懐かしんでいるほのかとも関係が?
外見がそのままなのはEX-QTのおかげなのかな。

そうそう、俺が見たかったのはこういうそらかけですよ。
先週のは見なかったことにしようそうしよう。
やっと話が進んできて徐々に面白くなってきました。
いつものように1クール目終わりぐらいの盛り上げも近いし期待。

宇宙をかける少女 第09話

★宇宙をかける少女 第09話 「Q速∞」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

こ れ は ひ ど い

もちろん悪い意味で。

WBC記念かなんだか知らないけど何この1話の無駄遣い。
作中だけだと夢オチってわからないのも酷いし
せっかく話が盛り上がってきたのに
本当にまるまる1話を野球回にしたのは酷すぎるよ・・・。
スポーツ系の作品にあまり触れない自分としては
ネタ的にも楽しめないし苦痛でしかない1話だった。
公式も特設あったりとスタッフは面白いと思ってるんだろうな。

これがちゃんと作中で夢オチとわかったり
放送するタイミングが空気読めてたら笑えたのになぁ。

次回こそ本編進んでくれるよな?

宇宙をかける少女 第08話

★宇宙をかける少女 第08話 「暗闇へのいざない」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あれ・・・意外と説明したら単純な話ではあったな。
レオパルドやネルヴァルや獅子堂評議会についてはわかったけど
肝心の秋葉が背負う運命や「宇宙をかける少女」はノータッチか。
ひきこもりのレオパルドに対して獅子堂姉妹のキャラは強烈すぎるな。
レオパルドが心底可哀想だと思ったのは初めてだ(笑)
それと共にスルーされまくるいつきもカワイソス。

このまま真面目な話にシフトしていくのかと思いきや
今回もちょっと前のノリの短編みたいでしたね。
温泉というシチュエーションなのにもっと活かしてくれよ!
2回目の入浴に風音様と高嶺さんが居なくて俺涙目。
まぁ、完全に蚊帳の外のナミの方がよっぽど可哀想だけど。

次回は・・・何故野球対決?
ラストで切断されたのは電力供給か何かだろうか。
箱男のことやいつきの過去についても進んで行きそうですね。

AT-Xの番組編成変更のために次回から放送時間変更。
自分用に忘れないようにしておかないと・・・。

宇宙をかける少女 第07話

★宇宙をかける少女 第07話 「神々の闘い」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

人類の敵と呼ばれる存在が現れてやっと盛り上がってきましたよ!
それにしてもコロニーVS宇宙センターという絵図はシュールだな・・・。
カークウッドの電力を全てレオパルドのために回すとか
全体的に規模が大きい話でwktkしてしまったよ。
獅子堂評議会なるものの存在がそこまで巨大な権力を持ってるとは。
さすが人類の敵と言われる規模なだけはあるな。

風音さんや高嶺さんや学園理事長は最初から色々知っていたのね。
桜も知っていて協力かな・・・ハブられてるナミは知らなそうだ。
エミリオは中間管理職というか事後承諾とか色々大変そうだな!
詳しいことはレオパルドと対面した次回語られるのかな。
秋葉の「はいぃ!?」は舞-HiMEの舞衣を思い出して懐かしくなった。

結構真面目な戦闘シーンがメインだったんだけど
巨大構造物同士のケンカとか高嶺さんのチートっぷりとか
ゴールデンオーブが縮こまってるとか
笑いのネタに事欠かないのはさすがスタッフはわかっている(笑)

後はもうちょっと世界観というか仕組みを説明してくれたら
更に面白くなりそう。
学園自体にも何か秘密があるのかな・・・。
生徒会長がどこまで事情を知っているのかとかさ。

宇宙をかける少女 第06話

★宇宙をかける少女 第06話 「白き黒帯」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

OPのあの拳法の動きっぽいのはロボだったのね・・・。
てっきり秋葉あたりがスーツ着て何かしてるのかと。
どこの技術だよ!って思ったけど
これを作ったのは獅子堂の末っ子の桜。
予想してたとおり桜は強烈というか斉藤桃子キャラって感じだなー。
あの身体のごとく操るマフラーの仕組みが気になる所だ(笑)

高嶺さんが囚われ、箱男はアレイダの手下?
レオパルドの宿敵っぽいネルヴァルという存在が登場して
やっと明確な敵が現れたなー。

だがそんなことより妙に多い尻のカットとか
高嶺さんの囚われの身と服装のマッチングがエロスじゃね?
とかそういう感想しか浮かんでこないのは正しいのだろうか。

基本的にごちゃごちゃしすぎだよね。
舞-HiMEスタッフシリーズの初期は毎度のことですが・・・。

宇宙をかける少女 第05話

★宇宙をかける少女 第05話 「鋼鉄の乙女」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっと上から2番目のお姉ちゃんと末っ子の出番が・・・!
末っ子び桜はビジュアルが出なかったけど予告の娘だよね?
すごく・・・斉藤桃子です・・・。
高嶺とか言われるとブーメランフックしか出てこないんですけど。
高嶺さんのビジュアルは一番好みかもしれない。
ああ、でもなんかゆかなボイスはあってない気がする!

レオパルドが言ってたあの人=
秋葉が夢?で会話してた女性のことなんだろうな。
レオパルドの言い方だと秋葉を選んだのは偶然に見えるけど
秋葉とあの人には何らかの関連性がある?

正式にいつきも協力してくれることになり
OPにあるトリオ誕生でやっと本格スタートという感じかな?

宇宙をかける少女 第04話

★宇宙をかける少女 第04話 「まつろはぬ者達」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ナチュラルに「風音様」という単語が出てきて吹いたじゃないか。
獅子堂家のお偉いさんだからそういう扱いなのはわかってるけどさ!
あ、予告見る感じユキチスキーなのは共通してそうですね(えー

いつきはボンテージ姿での手伝いを思わず引き受けたり
自分を抹殺しようとした忍者コンビの目の前で
いつものノリでICP権限&カツラ取れたりと実はドジっ娘なのでは。
そういえば、目の下のアレは化粧とかでなく勝手に出るものなのか。
やっと秋葉がいつきに気付いたけど本当に忘れてただけかい!

EX-QTやらQTやら固有名詞がバンバン登場する中
話は伏線ばかり張ってて、あまり進展を感じないのが辛いな。
とりあえず、困った時のpedia頼みですが作中で説明されるのかな?

QTというのはQTアームズを動かすのに必要な能力で
誰もが持っているわけではない。
あのパワードスーツ(Qテクター)はそれを増幅する装置で
秋葉とほのかのQテクターは増幅にリミットがかかってないから
秋葉にもいきなりQTアームズが動かせたということか。
ほのかや今回の箱男っぽいのが使ってる物理干渉能力がEX-QTなようで。

レオパルドは端末が無いとネットサーフィンが出来なかったりしょぼいけど
うねうね動く手とか遠距離から脱衣させられるとか変態すげえ(笑)

宇宙をかける少女 第03話

★宇宙をかける少女 第03話 「黄金のソウルシャウツ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっぱりゴールデンオーブは“タマ”かよ(笑)
金が2つでの時点で狙ってると思いつつ突っ込まなかったのに
レオパルドキャノン撃った後に賢者タイムまでされちゃあね(笑)
変態福山!ここにも健在!
いやー、ホント生き生きしてて良いですわ。
つーかそれ以上にイモちゃんが・・・。

レオパルドのパーツ集めは協力したものの
ほのかの引き留めを振り払ってもう会わないと帰宅。
それはいいけどどうやって帰宅したんだ・・・?
勝手に武力行為に出たいつきはニーナから謹慎処分。
ICPも一枚岩ではないようで飼い慣らせない部下はいらないようで
秘密裏にいつきを暗殺しようとするものの偽装工作で失敗。
思いっきり血が出たり、宇宙に投げ出されたけど
どういう工作したんだよ!それとコンビが舞乙すぎる。

真面目すぎて尚かつ年相応の女の子とズレてるむつみ=いつきが
がんばって学生を演じてるのが微笑ましい。
百合発言の危なさにきっと気付いてないあたりが実に良い。
秋葉はむつみに気付いていない、いつきはほのかに気付いていない。
生徒会はICPが潜入していることを知っていたし
意外な人物が意外なポジションに居てもおかしくないですね。

宇宙をかける少女 第02話

★宇宙をかける少女 第02話 「異界からの使者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

予想通りスロースタートな。
というよりも最初は設定や世界観に付いていくのが精一杯ですね。

OPの酷さは噂には聞いてたけど確かに・・・。
映像と音の合って無さは確かに酷いけど
これはどちらかといえばこの歌に合わせるのが難しいような。
素直に栗林あたりにしておけば!
まぁ、今期の栗林は黒神ですけど。せめてみゆっきちゃんとかね。
OPがぶーんだったのは舞乙のEDを思い出さざるを得ない。
映像的には意味深なカットが多くてこの先が楽しみですね。

一瞬、前回の終わりがどんなんだったか完全に忘れましたよ。
いつきじゃないけど何がなんだかわからなくて
どうやったらあのコロニーに行けるんだ?というレベル。
秋葉を撃った少女はほのかといい学校で秋葉の前に現れたと思いきや
再び秋葉を気絶させコロニーに・・・どうやって移動してるんだ?
レオパルドがキング、秋葉がクイーンやら宇宙をかける少女やら
どうやら秋葉は重要な人物に思われてるようで。
レオパルド自身は秋葉を重要視してないみたいだけど。
ほのかとレオパルドの関係も謎ですねぇ。

なんだかんだでノリノリでほのかの言われるがままに
レオパルドに必要なパーツを集めることになった秋葉。
イメージで動くロボという設定は補正とか無いから楽だな。
でもそうなると機体性能がモロに影響するようで
新型のQTアームズを操るいつきはほのかのQTアームズを圧倒。
あっさり泥棒が見つかる秋葉ですが謎のメカが・・・
と良いところで今回は終了。なんだかんだで共闘になりそうですね。

次回は・・・あの眼鏡っ娘がいつき・・・だと・・・。
ずっと気になってたんですがいつきの目の下のは化粧っぽい?
風呂上がりでついてなかった時の方が可愛かったんですけど!

宇宙をかける少女 第01話

★(新)宇宙をかける少女 第01話 「孤高の魂」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

直前まで視聴するかどうか悩んだ1ヶ月遅れのこの番組。
昔からウチを見てる人はご存じだと思いますけど
舞-HiMEスタッフ系のTVAは総じて気に入って高評価になるので
その系譜を受け継ぐこの作品も好きになるだろうなー
と思ってたので後は気分が乗るかどうかでしたとさ。
さすがに1ヶ月近くも遅れてて、
なおかつ画質悪いスカパーだとそれだけ視聴意欲がね・・・。

監督が舞-HiMEシリーズ、キャラデザがXENOGLOSSIA。
そして構成が花田十輝・・・今期の花田作品か!
個人的に原作ブレイカーと名高い花田先生ですが
展開そのものはかなり好みなんだよなぁ。
ただ原作と比べると酷いというか空気読めなすぎるだけで。
まぁ、XENOGLOSSIAの話が普通に好きな俺は奇特な方でしょうけど。
今回はオリジナルだし花田節を存分に発揮してもらいたい。

例のごとく前情報無しでの視聴でしたけど
未知との遭遇的な1話は相変わらず王道ですね。
今までと違ってSFしまくってるのは何となく新鮮。
でも女の子がそれっぽいロボに乗ったり
女キャラが多いのはやっぱりなーと納得してしまう(笑)
キャストも恒例の人も多いです。
とりあえず「風音」というキャラが居て吹き出した。
はるるんじゃなくてゆかりんなのが残念だけど(えー

キャラ的にはやっぱり印象が強いのはレオパルドでしょう。
福山潤はこういうのもこなせるから好きだよ。
アキカンほど馬鹿っぽくなくギアスみたいに真面目でもなく。
人工知能っていうのがまたポイントですねー。
とりあえず、この福山潤を見るためだけに視聴してもいいと思った。
後はイモちゃんメイドの頭がパカっと割れた時はショックでした・・・。
ちょっと可愛いキャラだなーって思ったのに!

今回も2クール予定なんでしょうかね。
毎度スロースタートなシリーズなので序盤は生暖かい目で見守っていきます。
重要そうなキーワードはぽつぽつ出るんだけど
物語が加速するのがいつも中盤以降なんだよなー。

Template Designed by DW99