説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

RD 潜脳調査室 第12話

★RD 潜脳調査室 第12話 「光のない朝」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ヴァンパイア騎士の追従の関係で
ちょうどED前に録画が終わってて俺涙目。
予告すら見られなかったよ。

ユキノが「思ったより太ってるって思われた」的な
発言してたけどやっぱりこの世界の女性の体型が
あのぷにぷにがスタンダードなわけじゃなかったのね(笑)
サヤカも突っ込んでたけど自覚あったんだな!
それでもメインに出てくる女性キャラが
みんな太いことには代わりはなく・・・。

波留さんは最近欲がストレートに出るキャラになってきたな。
メタルに入り浸りたいって危険ですよ・・・。
ダイブしてる描写も少なくなってきたしなぁ。

RD 潜脳調査室 第11話

★RD 潜脳調査室 第11話 「純正律」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ミナモのジジ専がなんだかガチな気がしてきたんだぜ。
興奮してるとはいえ手を取ったりと積極的なミナモ。
赤面してうっとりしちゃってますよ。
それにしてもミナモは生き生きと動きますねえ・・・。

久島は才能を愛と言ったけど
やっぱり一般的に見てこれは全然違うものだよね。
久島の中ではそういう言葉で片付けられるんだろうなぁ。
優秀なヴァイオリニストだったのは意外だけど
設計図(譜面)を元に正確な演奏をするとか考えると
久島らしいといえばらしいのかも、と思いました。
そういった考えを出来るのは久島が
一種の天才だからなんだろうなぁ・・・。

最後はなんだかんだで綺麗にまとまったのはいいけど
波留さんの「時間がない」発言が気がかりだな。
義体とかにはしないんでしょうかねー。
若返ったらミナモとのフラグが消滅しかねないけど(笑)

RD 潜脳調査室 第10話

★RD 潜脳調査室 第10話 「至高の話手」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず波留さんの良いところが無いんだぜ・・・。
一応今回は目的を持ってのエライザとの接触だったけど
ミナモが救い出してくれなかったらどうするつもりだったんだ。
ミナモを信用した上での行動、ということかな?
まさに「愛はパワー」だった感があるけど
それは周りや本人含めて公認って認識でいいのか?(笑)
少なくともミナモはガチで惚れてるようにしか見えない。
ミナモのみそういった描写がされているから
恋愛描写はいまいち伝わりにくいんだよなぁ。

「集中力に自信があります」
と言ったソウタの使え無さっぷりには吹いた。
相変わらず女性が苦手なのね・・・。

RD 潜脳調査室 第09話

★RD 潜脳調査室 第09話 「職」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ミナモとソウタの父親にスポットライトを当てた話。
父親も電理研勤めなんですねー、しかもお偉いさん。
ソウタもエリートと呼べる立場だろうし
なんといっても書記長と身体の関係持ってたり
書記長からも一目置かれる存在だろうしな(笑)
そんな家庭にいて電脳化してないミナモの存在は
かなり特殊な気がするな・・・何か理由があるんだろうか?

仕事一筋な父親は勇敢な判断をしたにもかかわらず
1人責任を負わされ地位を剥奪される話。
久島も1人で発言できるほど権力は無いのねえ。
気付けば波留さんとの工作でなんとか救い出せたけど。
波留さんはBパートになるまで一切登場せず。
1.5話分ぐらいまるまる登場しない主人公哀れ。
今回も事後だったしな。
事後と言えば書記長は会議中にナニしてはるんすか(笑)

RD 潜脳調査室 第08話

★RD 潜脳調査室 第08話 「ノー・フレンド」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回はアバターのキャッシュ云々がオチではあったけど
あまりメタルと関係ない日常よりの話だったな。
都市伝説化してるし出番の無かった波留さん哀れ。
ミナモを主人公にして学校を中心に描くと
こういう話になるんだろうなぁ、と思いました。
一番の印象は顔芸だけどさ(笑)

RD 潜脳調査室 第07話

★RD 潜脳調査室 第07話 「手と手で」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

動物もナノマシンでメタルでコミュニティーとか
凄い世界観だなぁ・・・。
そんな中、電脳化に対応してないミナモは貴重かつ
視聴者に近い立場にあり感情移入しやすいのは良いよね。
前回のように電脳化してないからこその
生でぶつかっていくような話をもっと活かせればいいんだけども。

今回は久しぶりにタッグらしい仕事だったとはいえ
結局簡単に説得されちゃって気付けば解決で
1〜2話のような緊迫感もあったもんじゃないな。
イシオを探す時のミナモの作画は妙に可愛く感じた俺は
いい加減ムチムチに毒されてきたのか不安になった(笑)

次回もまた独特な話っぽいな・・・。

RD 潜脳調査室 第06話

★RD 潜脳調査室 第06話 「ラブ・レター」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

全開と打って変わって真面目な話というか
今までありそうで無かった歳月のギャップに
多少スポットが当たった話。
メタルや義体のおかげで普段はあまり気にしなかったけど
波留さんは50年間眠り続けてていたんでした・・・。
本を見た時の反応から何らかの関係があるとか
言葉ではああいいつつ実際は本を読んでたとか想像してたけど、
想像以上に切ない話でした・・・。

久島のように全身義体化していれば
ずっと波留を待ち続けていただろうに。
それをしなかったのはひとえに波留と同じ時を
刻みたかったからなんだろうな。
デジタル化による便利さが作中でも様々な表現がされていたけど
アナログな紙媒体ならではの想いの対比が良かった。

そういや今更なんですがED後の短い映像が次回予告代わりなのね。
前回のラストと今回で気付きましたよ・・・。

RD 潜脳調査室 第05話

★RD 潜脳調査室 第05話 「スーマラン」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

RDはやっぱりこういう路線がメインなのか!?
ミナモはスーマランのサングラスの存在を知り
波留さんに似合うだろうと妄想して
意気揚々とスーマランのサングラスを探しに。
ソウタはホロンに負けたのがそこまでショックだったのね。
再戦のつもりが何故かデートムードになってて吹いた。
免疫ないのか照れてる場合じゃないだろ(笑)

アイアンシュバルツはアバターじゃないの?
と思ってたらオチは人為的なアンドロイドを改造、暴走てことか。
せっかくメタルやアバターの認識が理解できてきたのに
その認識が間違ってたのかとひやひやしたよ。
この最強のアバターの暴走にスーマランのサングラスを
持っていたことで運悪く巻き込まれるミナモ。
アイアンシュバルツの攻撃を避けるミナモすげえええ。
こういった能力が波留さんに良い影響与えてるのかな?

全体的にシュールなノリだったけど
極めつけはソウタの反撃にOP挿入だろうな(笑)

RD 潜脳調査室 第04話

★RD 潜脳調査室 第04話 「欲望の環礁」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

真面目路線に更正したかと思いきや、
真面目な顔でメタルの発展には風俗が不可欠で
オーガズムやら女性アバターやら通常の3倍の快感とか
クソ真面目なまま語り出して吹いた。
一応ミナモは年頃の女の子なんだぜ・・・。
もうちょっと言葉を選んでフォローしてやれよ。
不幸中の幸いかミナモには
何のことかあまり理解してなかったようだけど(笑)

一応、前回助けたダイバー関連の話で
話が波留さんに回ってきたということ。
ミナモは波留さんのバディであろうと努力するけど
結局やってることは前回と変わらず名前を呼んでるだけ。
波留さんにとっては帰り道を示してくれる
重要な存在なのかもしれないけどミナモである必要は無いよね。
精神論的な問題はあるかもしれないけど
どうしてもミナモで無いとダメだ!というのが伝わってこなくて。

こんな状態で話が続いていくならちょっと微妙だなぁ。

RD 潜脳調査室 第03話

★RD 潜脳調査室 第03話 「リダイブ」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

あれ?パンチラとかない方が硬派っぽくてよくね?
パンチラ無いとむちむちも気にならないぜ!
パンチラとか無いのが本来の楽しみ方なんだろうけど
周りの評判聞くとムチムチを楽しめない俺は
凄い負け組な気がしてならないんですが(笑)

話的には波留さんが正式にメタルダイバー。
ミナモがその助手に、という話。
眠気と戦いながら見てたせいか
いまいち意味がわかりませんでしたが。
波留さんがダイブに失敗してたのはブランクとかで
この前は緊急時だったから巧く行ったとかかもしれないけど
ミナモがどう助けになったかーとかが不明すぎるんだよな。
「安心・安全」って結局なんだったんだ・・・。

ミナモはメタル化してないんですねえ。
この組み合わせ自体はどうなるか楽しみではある。

RD 潜脳調査室 第02話

★RD 潜脳調査室 第02話 「少女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

OPはなんだか悪い意味で印象に残った。
裸の男が若→老とか映像的にね・・・。

うん、これは1話とセットでやっと1話って所だな。
前半は1話より前のミナモ視点の話。
波留の性別を勘違いしたりの裏話が明らかに。
ソウタとミナモって兄妹だったんですねえ。
ミナモのおかげで島が助かった
と気付いていたのは波留だけかな?

1話ではあまり説明されなかったメタル云々やら
電脳空間へのダイブは実際に視覚的見ると結構わかりやすいね。
ただこういった障害復旧のためのアクセスは
ダイバーの一面にすぎないんだろう。
1話で色々と謎が出すぎたからなぁ、話としては楽しめそう。

でもな。
いくらパンチラ、パンモロしてようが
やっぱりあのダイコンむちむちのふとももが気になってorz
パンツっていうか足ばっかり見ちゃうよ!
つーかマジで男性キャラは普通なのに女性キャラだけ・・・。
それさえ無ければだいぶ評価違っただろうに(笑)
パンチラとかも無くして硬派な雰囲気を貫いてくれた方が。
パンチラするなら脚を細く(ry

RD 潜脳調査室 第01話

★(新)RD 潜脳調査室 第01話 「ウラシマドライブ」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

前情報無しで視聴。
いきなり専門用語が飛び交う中、
グロだったり時代が飛んでたりと前情報無しで見たのに後悔。
1話の最後まで見てある程度どんな世界観は察することが出来たけど
公式のストーリー見るともっと奥深い設定だったようだ。
アニメ本編だけ見てると体内に何か埋め込んだことによって
意識の通達が機械的に出来たりとか
電脳世界へのダイビングが本業ってことぐらいしかわからんぞ・・・。

とりあえず全体的に女性キャラデザが酷いのをどうにかしようぜ!
なんというか・・・なんでこうみんな太いんだ。
男性キャラは裸多い以外はまともなんだが(笑)

パート分けがなんだか妙で、Aが短くてBが長くCにED+実写パートなど。
日テレだけあって全体的に力は入ってる感じはする。
全体像を掴みにくい作品だからこそ予告はちゃんとしてほしかった。
次回から感想どうしようかなぁ。

Template Designed by DW99