説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ひぐらしのなく頃に解 第11話

★ひぐらしのなく頃に解 第11話 皆殺し編 其の六 「強い意志」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

さすがにこれだけじゃ終わらせられなかったか。
というかサブタイ見れば@2話皆殺し編やるみたい。
そして残り1クール使って祭囃し編かな?
前作の不満だった尺が足りない状態は無くなりそうで一安心。
でも祭囃しの一部は回想やら設定をただ読んでいるだけの話だし
その辺をアニメでどう乗り切るのかが興味深いな。

今回はあっさりこの一連の事件の黒幕判明。
鷹野さんの黒服も登場して物語はクライマックス。
まだ1クール以上あるんですけどね(笑)
とにかくこれで5年目のオヤシロ様の祟りについては判明ですな。
”L5(レベルファイブ)”という単語は今まで出てきてたっけ?
”雛見沢症候群”という単語は既に出てきてるし
症状云々言ってるから察しのいい人はすぐ気付きそうだけど。
山狗が敵=梨花の身の危険、ということで連鎖的に梨花殺しも判明。
後は大災害ですがこれもそのまんまだしね。

次回じゃ「雛見沢症候群」とのことでイリーの口から語られるかな。
そして次は「終末」皆殺しの終末は一番悔しいEDだからなぁ・・・。

ひぐらしのなく頃に解 第10話

★ひぐらしのなく頃に解 第10話 皆殺し編 其の伍 「対決」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

うーん、やっぱり自分は相当忘れてるな、と。
プレイ終わったのはちょうど1年前ぐらいのはずなのにー。
重要なイベントは覚えてるけど細かいつなぎ目なんかがかなり曖昧。
今回も一連の話は覚えてたけど次回にどう繋がっていくかが思い出せないや。

今回は雛見沢と北条家の確執がやっと解消される重要な話なんですが
尺の関係か一つ一つの展開がかなり端折られてて
今まで根強かった因縁がこんなにあっさりと?って思ってしまうかも。
梨花ちゃまの言うとおり運命を打ち破る力と言ってしまえばそれまでだけど
町会で圭一がとんでもない無礼をしたのに
次の瞬間には掌返して、北条家の味方するぞ!っておかしくね?
圭一の言動にもう少し説得力が欲しかったねえ。

逆に園崎家でのお魎への直訴はそれなりに描かれてたかな。
お魎の迫力も出てたしツンデレっぷりが遺憾なく発揮されてた(笑)
原作での細かい描写は忘れたけどもうちょっと大げさでも良かったかも。
ポン刀持ち出して、それを前にしても圭一の強い意志が見れたり、とか。
あのままじゃ”お魎の迫力に押されて土下座したら巧くいった”
ように見えなくもないし。
それにしてもレナの洞察力には毎度ながら驚かされるねえ。

実際に役所にYESと言わせる流れがちょっと物足りなかったのは残念。
大石登場から園崎議員登場までのインターバルがなさ過ぎるんだな。
救出を次回に回すなら大石登場ぐらいで1話終わっても良かったんじゃ?

次回予告見ると次回で皆殺し編終わりそうだなぁ。
っていうか予告が思いっきりネタバレじゃないか?
まぁ、どちらにせよラストでこの物語の黒幕はわかるわけですけど。
予告が地獄少女すぎてワロタ。この前はサザエさんだったしさ!

ひぐらしのなく頃に解 第09話

★ひぐらしのなく頃に解 第09話 皆殺し編 其の四 「交渉」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

梨花ちゃま絶望から希望、そして決意。
やはり皆殺しの圭一は罪滅し並に熱い!
言葉巧みに先導するキャラらしさもだけど
シリアスな場面でビシっと決めてくれるし
梨花ちゃまの言うとおり「この圭一は」ひと味違いますねぇ。
まー、さすがにあのエンジェルモートのオタク集団はアレだったけど(笑)

梨花ちゃまの言った「みんなが力を合わせないと」
はとても重要なキーワード。
それが体現されたのが祭囃し編ですからねえ。
真相知ってるとこの時点の羽入には腹が立って仕方がない・・・。

ひぐらしのなく頃に解 第08話

★ひぐらしのなく頃に解 第08話 皆殺し編 其の三 「揺らぎ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

梨花ちゃまご乱心すぎて爆笑。
これは前期の魅音(詩音)ご乱心にも勝るとも劣らない絵だな(笑)
原作と同じような台詞だし田村ゆかりの名演もいいんだけど
表情が凄すぎて思わず笑ったのは俺だけじゃないはず・・・。

ということで全てが巧く行っていたかのように見えたこの世界。
それが鉄平登場と赤坂退場で一気に崩れます。
そういえばまだルールXYZの解説はしてないよね?
というかナレーション入れるわけにも行かないし組み込むのは難しそうだ。
今回大きく関わってくるのがその通称ルールX。
簡単に言えば”仲間が殺人なんか犯して幸せになれるわけがない”というルール。
全てのルールをクリアすることでこの世界のループから抜けられる可能性が出てくる・・・。
皆殺し編でまずぶち当たるのはこのルールXになりますね。
ひぐらし中でも沙都子絡みの話は悲惨なものが多いし
鉄平自体がかなりアレなキャラだからあんまり見たくないんだけどな(苦笑)
しかし、ここで圭一の本領発揮されるのは見逃せないですよ!

サブタイ見る限り皆殺しもじっくりやりそうだな・・・。
となるとなおさら尺が微妙になるからオリジナルを入れるか
カケラ結びやTIPS回収するか祭囃しをじっくりやるか、になるのかな?

ひぐらしのなく頃に解 第07話

★ひぐらしのなく頃に解 第07話 皆殺し編 其の弐 「運命の変え方」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

それぞれのキャラが記憶を持っているというのは重要なキーワード。
原作の作中と同じで梨花ちゃま視点で
自分の未来をどう切り開いて行くのか?
というのが語られて徐々にひぐらしの本質が見えてきたかな。
カケラが無いのでしょうがないけど
いきなり東京とか山狗とかキーワード出しちゃうなよ・・・。
ちょっとした出来事で未来が変わる、悲劇を回避する
という重要なキーワードがわかりやすく表現されてて満足。

トミー達に祭具殿の中を見せたり
大石と仲良かったり妻が無事な赤坂と再会したりと
今までの本編とひと味違う要素が多い。
まさに梨花ちゃまのいう好条件や鍵、カケラなんだよねぇ・・・。
ただ、ひぐらし未プレイでも話数的にこれで完結しないのはお察しの通り。
つまりまだ足りないカケラがあるわけなんですが
今回の時点でそれが既に現れている。原作知ってるとニヤニヤですよ。

”祭具殿の謎の足音”なんかもここで判明してるんだけど
(=見えない羽入がオヤシロ様を冒涜されてドタバタしてたのが原因)
ちょっとこの描写だけじゃ分かりづらかった気がするなぁ・・・。

ひぐらしのなく頃に解 第06話

★ひぐらしのなく頃に解 第06話 皆殺し編 其の壱「迷路の法則」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

待望の皆殺し編スタート。
最初から”かけら”の存在を明示したり
この話がループしているということを確定。
さらには羽入が本格的に登場。
これだけで如何にネタ晴らしが多いかわかりますな。

皆殺しの序盤は如何に圭一が未来を変えてくれるかがポイント。
絶望した後だけにこの希望の光は大きいね。
実際やっていることはくだらないというか
そんなに凄いことではないんだけど
この未来を変えようとする想い自体がひぐらしのキーワードみたいなもんだしね。
皆殺し編の圭一の格好良さは異常。
祭囃しも格好良いけどもっと格好良い人が居るからなぁ・・・(笑)

そういやひぐらしは何クールなんだ?
皆殺し終わって次祭囃しだと中途半端すぎるし。
それとも皆殺しや祭囃しをじっくりやるんだろうか?

ひぐらしのなく頃に解 第05話

★ひぐらしのなく頃に解 第05話 厄醒し編 其の四 「雛見沢大災害」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

厄醒し編完結。
結局殆ど山狗ターン!で終わってしまった。
L5発症というよりただの精神崩壊なのかな。とにかく沙都子カワイソス。
雛見沢大災害で生き残ったが沙都子、というパターンだけど
レナもある程度真実に気付いたのか山狗に消されているし
沙都子が病院で死んだのもきっと山狗の仕業だよねえ。

だが結局沙都子が語りかけた「レナのメッセージ」や
沙都子の本当の死因の確定のでないまま終わってしまって
なんとも消化不良で中途半端になってしまったような。
山狗を主に動かして、この事件は人間が故意に
起こしていると言うことを強調したかったのか?

次回からは遂に皆殺し編スタート。
予告でいきなり羽入がいるけど原作でもいきなり登場するので問題なし。
展開は知っているだけに皆殺しは通過点に過ぎない。
その後、祭囃しに行くのかCS版の話に行くのか・・・。
どちらにせよ「you」だけは是非とも使って欲しい。

ひぐらしのなく頃に解 第04話

★ひぐらしのなく頃に解 第04話 厄醒し編 其の参 「予定調和」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

時報鳴るの早すぎワロタ。
トミーの出番これだけっすか・・・。

〜編3話ともなると物語の分岐点の1つである綿流しのお祭り。
ひぐらしはどれもこのあたりから悲劇が連鎖するんだけど
今回はトミーとたかのんの死、イリーの死が取り扱われたんだけど
なんだか扱い軽くないっすか?他の編ではもっと重い空気流れてたような。
というより焦点が完全に沙都子に当たっていてボカされている感じかな。
沙都子が見た人影は山狗だろうね。
でも沙都子の症状がL5っぽいから鬼隠しと一緒でどこまで映像信じていいのやら。
沙都子の梨花への疑心暗鬼から始まり山狗を見て不安が増大、L5発症
という流れが一番自然かな?

次回は雛見沢大災害というどストレートなサブタイ、完結ですかね。
Webでの予告映像では悲惨な沙都子な姿ばっかり映ってるな(苦笑)
見た感じ祟殺しの圭一が沙都子に置き換わったような結末になりそう。

ひぐらしのなく頃に解 第03話

★ひぐらしのなく頃に解 第03話 厄醒し編 其の二 「無力」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらずひぐらしは日常パートのテンションがすてきですね。
アニメでは前作、Kの巧みな言葉の魔法って亀田君に発動してたんだっけ?
でもなんだか原作と比べて説得力が薄いというか
亀田君落ちるの早すぎじゃないか?(笑)
そういやCS版の固有結界は当たり触りのないものに変更されてるらしいですね。
アニメでは蹂躙とかしゃぶるとか割とがんばったと思いますよ!

この編でクローズアップされるのは沙都子と梨花?
梨花が声だけの羽入と話してるので半分ぐらい皆殺し編やってるようなもんだ。
沙都子が梨花を心配したり、北条家村八分の話も出てきたし
この手の話が続くと行き着く先は「てっぺい☆」だけど今のところ居ないっぽい?
その辺は皆殺しと一緒なんだろうか。
そういや、世界をループしてるのも今回で判明か?

梨花の「助けを求めてはいけない」というのが罪滅しの圭一の台詞にかかってる。
皆殺し編ではさくっと前向きに未来を切り開いていくんだけど
厄醒し編の梨花はなんだか絶望してるっぽくて蛇足にならないか心配。

予告はまさに出血大サービスすぎる(笑)
今回は黒梨花ですよー、やっぱ梨花ちゃまは黒くてナンボだ。

ひぐらしのなく頃に解 第02話

★ひぐらしのなく頃に解 第02話 厄醒し編 其の壱 「鬼ごっこ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

よくよく見たらOPに羽入いるじゃん/(^o^)\
視聴したときすげえ眠かったからEDしか気付かなかったよ・・・。
OPの方が目立ってるはずなのにこれが寝ぼけクオリティ。
そういや評判良いけどちゃんとOP見てなかったなぁ。

皆殺し編のネタバレっぷりが凄いのでアニメオリジナルからスタート。
今回も一応、〜編が数話、そして次の編にという構造なんでしょうか。
導入部は皆殺し編の羽入の会話とそっくり。
後はTipsとか加味して皆殺しの前にある程度お膳立てするんだろうかね。
ひぐらしと言えば惨劇なのでアニメオリジナルの惨劇がどうなるかがやはり楽しみ。
PS2版はスルーしたんですがそっちも内容だけは気になったんだよなぁ。
皆殺しの前座であり罪滅しの後という絶妙なポジションですしね。

相変わらず〜編の導入部は部活や仲間との触れあいメイン。
イリー大暴走、どうせならK1も固有結界発動してくれよ。
たかのんが居たのでトミーは暴走しませんでした残念。
というか固有結界とか関係なしに部活や日常風景が凄いことになってるけど(笑)
こんなに動かせるなら罪滅しのラストもうちょっとがんばれたんじゃ・・・。
そして否が応でもラストの燃える展開に期待がかかるってもんですよ。

次回予告。
黒梨花じゃねえΣ(゚Д゚)
毎回、適当なコーナーなのね・・・梨花ちゃまてっぺい☆好きすぎだろ(笑)

ひぐらしのなく頃に解 第01話

★(新)ひぐらしのなく頃に解 第01話 「サイカイ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっと始まりました解アニメ。
解ってことは最後までやっちゃうんでしょうかね?
皆殺しのネタバレ回避のために最初はオリジナルらしいですが。
更にその前に1話はオリジナルと言うより原作にあったTIPSの補完のような話。
TIPSは重要な推理の材料だしこういうちりばめ方は有りと思う。
原作と違うのは”罪滅し編”の未来(もしくは似たような世界の未来?)で
レナのみが生存していること。
レナはあれから30年経ってるから40超えてるはずなのに若々しい。
その若々しさと裏腹にどんよりした様子は痛々しかったけど(苦笑)

せっかくネタバレ規制のためにオリジナル入れるのに
EDがアレだと意味無い気がするんですが・・・。
それと次回予告はWebってふいた。
もしや毎回次回予告をいちいち公式で見る必要あるのか?

(追記)
予告見てみました。ED以上のなんというネタバレ/(^o^)\
というかほっちゃんなんですね・・・まんま、うぐ(検閲削除
予告の内容自体は梨花ちゃまの発言のおかげで笑えた。
これは覚えてたらチェックしてもいいかもな・・・。

そもそも公式のキャラ紹介に羽入いるんだね・・・。

Template Designed by DW99