説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

僕等がいた 第12話

★僕等がいた 第12話 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

修羅場→仲直り→修羅場って忙しいアニメだなぁ・・・。
今まで何度も矢野それはダメだろーってのはあったけど
今回は七美のセリフ通り極めつけだなぁ・・・。
よりにもよってそういうシチュエーションで今付き合ってる子に言う言葉じゃあ。
良くも悪くも不器用というかまっすぐなんだろうな。
七美のことを好きで大切だったのは本当だろうけど
その憎しみを七美が受け止めるって言ったことが
奈々への想い出すことになるのは皮肉すぎるなぁ・・・(苦笑)

次回、竹内君と七美が接近しそうな感じが!
ストラップ時以上の亀裂が入りそうでたのしm・・・怖いな。

僕等がいた 第11話

★僕等がいた 第11話 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

好きだからこそ言いたくないという矢野の本音が聞けたのは良かったね。
でも七美の好きだからこそ知りたいってのもごもっともな意見で。
七美は矢野にはぐらかされても笑顔に弱いし
矢野は七美に押されて結局真実を語ってしまったし。
矢野の言い方だとあの三択はどれも間違ってない気がする、三つ目は確定。
受け止めるといった七美だけど予告見たら修羅場今度こそキタコレ!って感じですね(マテ
どうでもいいんだけどぷち修羅場の最中、竹内君がふつーにずっと見てたのが笑えたよ。
竹内君は真実を知ってるからこそ七美に対してあの態度なのかなぁ・・・?
前回、七美が少し竹内君を意識したような描写はあったけども。
やっぱ一番ドロドロになるのは竹内君→七美 山本さん→矢野ですよね!
まだ半分終わっただけだしもっとドロドロ期待してますよー・・・。

僕等がいた 第10話

★僕等がいた 第10話 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

修羅場きたこれー!
とはならなかった・・・凄い残念(マテ
「最低」だよねのセリフもそこまで重い場面じゃなかったし
結局矢野を許してしまう七美もいるし
七美に対して嫉妬してしまう矢野もいるわけでラブラブ変わらず。
次回、更に一歩踏み込むことになるだろうけど
ここまで来たらそんなにこじれないで終わりそう。

僕等がいた 第09話

★僕等がいた 第09話 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

寸 止 め き た こ れ!
知り合いにアレなシーンあるよ!って言われたから期待したのに騙されたorz
いやまぁでも十分にエロスでした。
でも頭も入ってないとかやけに生々しい表現だなぁと(笑)
そのままラブラブ行くのかと不安になったけどやっぱり一波乱あった!
七美がした、してないの話で竹内くんは複雑そうだし
山本さんの写真を見た七美のおかげで事態が悪化しそう。
次回予告では矢野の冷たい一言が・・・(;´Д⊂
傷ついた七美を竹内くんが→寝取りキタコレとかまだですかね(マテ

僕等がいた 第08話

★僕等がいた 第08話 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

衝撃的な一言は言うには言ったけど来週に持ち越されることにorz
それはそうと矢野は七美を裏切り、竹内をも欺こうとしたのはどういうことだろうなぁ。
単に若気の至りで山本さんと何かあって
それを七美に後ろめたいから言わないってストレートだとまだいいんだけどなぁ。
どんな理由があろうと裏切らないと自分から念を押しといて
自分で裏切ってるのは印象悪くしまくり。
「過去に負けない今を作ろうぜ」
言ってることは青いしクサいし恰好良いんだけどなぁ(笑)

七美は矢野を信じることにしてそれは正しいとも言えるんだけど釈然としない。
矢野がこういう状態で行為に及んでもいいのかなぁ・・・もう一波乱に期待(マテ
竹内君も七美にアピールしたことだし!

僕等がいた 第07話

結局土日休みの半分ぐらい寝てました。すいませんorz

★僕等がいた 第07話 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

七美は天然過ぎてストーキングしてる矢野ははらはらしっぱなしだな。
矢野にどんな理由であれ内緒で竹内と2人で買い物するって意味をわかってないし
竹内を異性として全然見てないのが・・・竹内カワイソス。
まぁ、こっちは問題ないので寧ろ問題は矢野の方でした。
嘘付くのはダメって念押してるのは矢野なのに山本さん絡みになると
必死に嘘で拭おうとするし、何かあったんだろうなぁ・・・。

予告では七美が衝撃的な一言を!

僕等がいた 第06話

★僕等がいた 第06話 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

髪を触られる云々とかキス云々とか胸(ry
とかもう甘すぎて泣きそうになるんですけど(マテ
自分は男だからどちらかと言えばする側なんだけど
女の子はこう感じるんだろうなぁっていう心理描写がいいね。
こういうの見てると正直彼女がほs(ry

前回、関係がドロドロというか三角とかにならないかなーとか言ってましたが
竹内の好きな人は七美だろうし山本さんと矢野も不穏な空気。
これは意外に早くも七美と矢野の間で修羅場がありそうだヽ(゚∀゚)ノ

僕等がいた 第05話

★僕等がいた 第05話 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

はれて両思いになれた二人。
今回はいつもより増してラブラブ度、甘い空気が漂いまくり。
くさいセリフいいつつもその後七美にねだったプレゼント
「約束」はもっとくさいと思うぞ矢野(笑)
まぁ、彼としては真剣というか切実なお願いなんだろうなぁ。
意外にも早く結ばれちゃったのでこの後何を描いていくんだろう。
さすがに毎回ラブラブっぷり見せつけられるのも・・・いやまぁ悪くはないけど
感想に困る内容は勘弁して欲しい(笑)

個人的に竹内君とかが恋愛に絡んでくるかなーと思ったのになぁ
竹内君は七美に少なからず好意はありそうな感じだし。
ドロドロの三角関係とか友情のひび割れとかないですかね(マテ

僕等がいた 第04話

★僕等がいた 第04話 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

もうあまーーーーい!
少女漫画とは本来こうあるべきだよ。
ギャグと切なさとドキドキのバランスが絶妙。
矢野を初めとして心境の変化をしっかり描いてるのも好感触。
矢野も矢野なりに揺れてて不安定で
七美もその態度を見て本当の気持ちがわからなくなりぎくしゃく。
しかしふとしたキッカケで二人の距離は更に・・・!
とまぁ完膚無きまでに王道展開でした。

こういう普通のラブコメは感想には困るけど見てて一番好きだったりする。
というか漫画向けだとは思いますけどね。
動いてる七美が可愛いのでよしということで。

僕等がいた 第03話

★僕等がいた 第03話 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

矢野の元恋人であり故人の山本奈々@ゆりんさんとの想い出。
やっと動いてる奈々が見れました・・・。
中の人はタレントさんっぽいけど奈々にはあってた思う。
天真爛漫というかどことなく抜けてる感じが特に(笑)
矢野と奈々との恋も今の七美以上に甘酸っぱいなぁ・・・。
特に矢野が奈々を見てときめいてる所とかも共感できるし
前の男と会っていたことを知りつい手を挙げてしまった気持ちもわかる。
甘い日々は体育館で朝チュンやらベッドの上で寸止めとかあって
さすが昨今の少女漫画だなーと思いました(マテ

想い出に浸りながらも「幸せ」の問いかけを七美にもして
その答えが奈々に通ずるところがあったのかかなり距離が縮まった感じ。
まぁ、直前に七美の大胆な告白「ずっと見守ってるから!」の効果も高いんだろうけど。
あんなの言われたら一発で恋に落ちそうだよ(笑)
相変わらず甘酸っぱい。そう形容するのがベストな作品ですねえ。

次回は距離が縮まったはずなのに・・・?
でも予告のセリフで矢野がストレートに言っちゃってるし心配ないかな。

僕等がいた 第02話

★僕等がいた 第02話 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず青春してるなーってのと
七美@ささきのぞみさんのリアリティのある演技で引き込まれるな。
矢野のキャラは七美が巧く言い当ててる。
矢野の暗い過去や良い部分、悪い部分もかいま見られてるし
七美が好きをどんどん意識する過程が甘酸っぱすぎるなぁ・・・。
今回のクラスの場所取りはさすがに決定打になったか(笑)
竹内とはナチュラルに接してる七美だけど他のキャラや七美自身との関係はどうなんだろう。
今のところ恋愛関係は七美と矢野の間にしか見えてこないんだけど
竹内をただの良い男友達にするには勿体ない気もする。

次回は矢野の元カノであり山本さんのお姉さんの山本奈々さんが映像で登場。
回想編かな・・・?
矢野に本当の好きを教えないまま亡くなってしまった感じがするなぁ。
予告の七美のセリフはぐっときた。

僕等がいた 第01話

★(新)僕等がいた 第01話 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

アレ、サブタイないのかな?公式に乗ってないなぁ・・・。
まぁわかり次第追加ってことで。
そいや金曜だかにiEPGチェックすればHBC 北海道放送でちゃんと番組表出てました(汗)
番組表違ってたのはなんだったんだろうなぁ・・・まぁ見れて安心です。
原作は未見、公式見て少女漫画っぽいなーとは思ってたけど
提供とかCM見るまで少女漫画とは思いませんでした。

実際中を開けてみると純正少女漫画まんまだった(笑)
てか監督が大地丙太郎さんだと然るべきか。
原作のCMと比べても絵のタッチが自然なのはいいな。
そしてヒロインの七美の声優さんが新人のささきのぞみさんなようで。
なにやら監督が声聞く機会があってオーディションに推薦→合格という流れらしい。
その甲斐あってか淡々とした作品のイメージにマッチしまくってる。
まぁ他の作品やったら棒読みで、実はコレも棒読みでしたってオチもありえそうだけど(笑)
少なくともこの起用は◎
主人公の矢野@矢崎広さんも声優としてのアニメ参加はこれが初なのかな?
こちらもなかなか好演で声に関してはほぼ文句なしかな。
とりあえず俺には山本さんが長門にしか(ry
元々少女漫画は好きだしこういう甘酸っぱいいかにもなのもいい。

とりあえずは二人の中というよりも谷野の心の問題の方が先っぽいかな?
大地丙太郎さんが監督だともっと落ち着かない印象あるんだけど
作品の雰囲気にあった笑いは抑えて後は
落ち着いたテンポで見やすい作品になってる。
次回は早くも七美と矢野が接近・・・とはまた違う感じ。

Template Designed by DW99