説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

さくら荘のペットな彼女 第11話

★さくら荘のペットな彼女 第11話 「銀河猫にゃぼろん」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あれ、なんだか原作と色々順番変わってる気がする。
こんな話の流れだっけ?と思いつつある意味新鮮な気持ちで視聴してました。
制作のノリと勢いと青春真っ盛りを全面に押し出したのは正解だと思う。
まぁ、この後どうなるかはまた別の話ではありますが。
空太のラッキースケベっぷりといい典型的なラノベ青春っぷりで何よりです。
七海は裸体にメイド服に相変わらずのサービス担当っぷりが素晴らしい。
そういや、気付けば声にはだいぶ慣れてきたな・・・。
キャラに違和感がなくなれば基本的に好きな作品なのであまり不満はなかったりする。

次回はアニマックス休止のようだけどニコ動では配信するのかなー。

さくら荘のペットな彼女 第10話

★さくら荘のペットな彼女 第10話 「キライキライ、ダイスキ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

リタは色々と面倒くさいこと言ってるような気もするんですが、サブタイにあることが全てだったりします。
作中でも雨降って地固まるというか、本音でぶつかり合ったらわかり合えたしね。
本人が言ってるとおり、リタの境遇ならではのこの面倒くささはどうしようもないと思うので、リタさんをみんな嫌わないであげてください(笑)
そしてリタの見せ場はまだまだこれからだぜぇ・・・。
なんだかんだでドラゴンとの絡みはニヤニヤ出来るから好きなんだけど、そういや最初はこんな感じだったなぁとしみじみ思います。
ソレに関しては七海とドラゴンとかの関係もだけど。

相変わらず話が暗いのは取り扱ってる題材的にしょうがないのよね。
まぁ、ここまで切らないで見てる人が今更気にするようなことではないだろうけど。
リタに関しては空太の失敗例のような対比になってたり、空太もリタを見て改めて思う所があったり、良くも悪くもこの辺は天才と凡人の対比というのが多い話です。
後半になればラブコメ要素が増えるんだけど・・・そこまでアニメでやらないだろうなぁ。

さくら荘のペットな彼女 第09話

★さくら荘のペットな彼女 第09話 「秋の嵐がやってきた」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

遂にドラゴンこと龍之介の姿が登場!
さらりとOPにもフライングで追加されていました。
そして新キャラのリタも今回正式に登場。
3巻はドラゴンとリタの話でもあるからここでの登場になります。
この2人の意外な関係が好きなんですがアニメでどこまで描かれるやら。

このペースだと6巻、第1部完!という感じで綺麗に終われそうではあるかな。
展開を若干入れ替えてるせいもあるけど良いペースで3巻は消化してる。
今回は空太のディレクターとしての手腕を身内で褒められた直後に心を折られそうになる衝撃というお話。
やっぱりこういう芸術云々は映像にすると説得力が薄くなりますね・・・。
リタが言っていた台詞と空太の考え出した答えが3巻のメインですね。

あれ、よく見たらBSだと今年中に1クール消化出来ないのか・・・。
ニコ動は最後の配信があるなら放送速度逆転しちゃうけど、その場合そっちも一週休みになりそう。

さくら荘のペットな彼女 第08話

★さくら荘のペットな彼女 第08話 「どでかい花火をあげてみろ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

イイハナシカナー!?というか青春してんなあおい!という2巻分終了のお話。
水着回=無断で学校のプールに忍び込んでの騒ぎというのはなかなか無いと思う。
ノーパンネタで弄られたりこの辺から七海が一気に可愛くなってニヤニヤですね。
ヒロイン力が上がってくるので今後もこうご期待。
ましろに関しては・・・もう少しお待ちください。

学生時代に全うに打ち込んでいたモノというのは無かったので個人的に空太は眩しいです。
共感は出来ないし苦難の道を歩んでいるのがわかって羨ましいとも思わないんだけど、客観的に見て応援したくなるようなキャラなんですよねー。
夢を追う主人公というのは珍しくはないと思うけど、初っぱなから現実を突きつけられる様は色々装飾されてる部分はあるにせよリアリティ(特に辛い部分)があるのも良い。
・・・まぁ、空太が途中で出す一時的な答えは全然同意出来ないものではあるんですが(苦笑)
そういう悪く言えばガキっぽい空太が成長していくのがこの作品の魅力だと思っています。

次回は3巻に突入し新キャラ、リタ登場。
リタは川澄さんかな?
リタが出てきたということはそろそろあのキャラにも出番が・・・。

さくら荘のペットな彼女 第07話

★さくら荘のペットな彼女 第07話 「彼女のきょうしゅう」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今期のブラコン妹の一角である優子が正式に登場。
原作ではもう少し後の出番なのでかなり前倒しの登場になります。
原作ではサブキャラレベルでしかなかった優子がどこまでプッシュされるのやら。
途中までなら生徒会長とかの方が全然出番多かったしねぇ。
しかし、声が小倉唯ちゃんなことといい、プッシュする所の空気は読んでいるようだ(笑)
おバカウザ可愛い妹なので動くと可愛いとは思ってましたが予想以上でした。
ただ、原作通りならしばらく出番ないのが残念ですね・・・。
ましろはいつも通りだったけど、優子がかき回した影響で七海の可愛さが引き立っていたのも良かったです。
ましろはもう少し恋愛云々に近づかないと可愛さが出てこないからなぁ・・・。

次回は原作通りに水着回。
次回で2巻の内容は終わるかな・・・。

さくら荘のペットな彼女 第06話

★さくら荘のペットな彼女 第06話 「雨あがりの青」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

これで2巻の半分ほど。
世間ではおかゆが云々とか騒がれてますが原作ファンの自分からしてもどうでもいいわ・・・。
騒いでるのは便乗して騒ぎたいだけの人なんだろうなとか思いつつ。

七海が空太を好きになるキッカケというのは1年の時の話で物語開始時には半惚れてる状態。
そこから恋を育む段階の話の1つが今回のお話。
真面目な七海のヒロインとしての魅力が徐々に表れてくる話でもあります。

この作品は高校生らしく感情的な言動が多いので合わない人はとことん合わないのかもしれない。
オーディション話だって風邪なら迷惑かかるし来るなよ・・・というのは正論なんですけどねぇ。
中の人はどう思って演じてたのかが気になります。
仁にしたって軽薄な言動ばかり目立ちますがそれにだってそこそこ重い理由がある。
盛り上がるのが3巻~卒業までだからアニメだとどうしてもなー。

こういう話があるたびにやっぱりアニメ化には向かない作品だったかもと思います。
神メモ同様ドラマ化だったら15年ぐらい前の面白かったTVドラマ作れると思うんだけどなぁ。

さくら荘のペットな彼女 第05話

★さくら荘のペットな彼女 第05話 「さくら荘のまじめな彼女」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

七海が寮の家賃滞納を理由にさくら荘に引っ越し。
ここから七海もメインキャラに。
最初は七海のしっかりした性格がなあなあ状態のさくら荘と相容れなくてギスギスしてるように見えるのが難点なんですよね。
まぁ、空太以外は我が道を行く七海の言葉なんて気にしない連中ばかりだけども。

空太はゲーム制作の現実を突きつけられて初っぱなから厳しい。
こうしてみると胃が痛くなりそう内容多いなぁと改めて思います。
本だとサクサク読めるからあんまり気にならなかったんですけどねぇ。
楽しいイベントもあるにはあるけど空太が歯がゆさを感じる場面も多いしね。
3巻まで行けば色々あるのでもう少し方向性が見えてくるはず。

後は魅力的なサブキャラが登場するのが遅いからなぁ。
はうはうまだー?

さくら荘のペットな彼女 第04話

★さくら荘のペットな彼女 第04話 「色を変える世界」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ということでゲームクリエイターに俺はなる!という今後の本筋になる空太の目標がここに来て決定。
1巻の内容はここまでなので、1巻自体ましろの紹介+空太の目標と全体から見るとプロローグのような構成になってるんだよな。
アニメ組もそろそろましろに慣れた頃だと思うので、ここまで付いてこられてる人は今後も安泰じゃないかな。
ただ、空太が一から勉強しようとしていることからわかる通り、色々と現実を突きつけられます。
そんな中でも周りは天才だらけなわけで・・・遠いようで近い位置にいる仁の気持ちを理解したり・・・ね。

次回から色々物語が動き出すけどまずは1巻の時点ではほぼ空気だった彼女の当番回。
ちょくちょくあった出番を見るとあんまり声合ってない気がするのが凄く不安です。
3巻が面白いので彼女には悪いけど2巻の内容はサクっと終わらせて欲しいな!
龍之介はそろそろ登場する・・・はず。

さくら荘のペットな彼女 第03話

★さくら荘のペットな彼女 第03話 「近すぎて遠い…」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

この辺から話がやや重くなってなおさら新規が取っつきづらくなりそうな・・・。
重いといっても、ラノベ+学園モノとしてはやや重いというレベルではあるのですが。
重いと言うよりも、登場人物みんなの成長物語とも言える作品なので、初期はキャラに対してイライラさせられることが多いのが一番の原因な気がしますね。
そういう意味ではラストは「卒業式」がふさわしいのかなぁ。

ましろのキャラ+この展開でだいぶふるい落とされた人が居そう。
3話見てダメだった人は切った方が無難かもしれませんね・・・。
今後メインは空太の成長でガキっぽい部分も多々見受けられるからね。
自分はあまりそういうのみてイライラしないんだけど、自分らが大人になったからこそこういう作品を見られなくなった人も多いでしょうしねぇ。
言うほど自分らが学生の頃立派だったわけじゃあるまいし、大人として成長を見守るような視点で視聴するのがベターなんじゃないかなぁ・・・。

次回は1巻完結。
今後の指針がある程度定まる回です。

さくら荘のペットな彼女 第02話

★さくら荘のペットな彼女 第02話 「ねこ・しろ・ましろ」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

うーん・・・七海の声に違和感を覚える(特に関西弁)。
美咲先輩も1話の時はまぁこれでいいかと思ったけどやっぱり気になる。
その気になる要素+原作よりも圧倒的に劣るキャラデザということで原作通りなのにもの凄くモヤモヤさせられますね・・・。
空太とましろはコレで合ってると思うし、松岡君のノリツッコミ的演技も笑えて良い。
文章でのテンポの良さにはさすがに適わないけどね。

ましろは原作にある儚くも淡く綺麗なオーラが全然感じないのがキツイな。
描写が淡々としてるせいもあって要介護の部分だけが強調されすぎている。
まぁ、1巻のましろこんなに酷かったっけ・・・と思ったけどさ!
読んだのが割と前なので結構忘れてる。

アニメではよりWヒロインチックにましろと七海のバランスを巧く取ろうとしてる節があるけど、肝心のキャラの魅力が全然伝わってこないのは初見にはかなり辛い気がします。
七海の当番巻は2巻だからそれまではあんまり出番ないしなぁ。

というわけで、1話ではまぁいいかと思ってた部分が徐々に気になってきた2話でした。
これならアニメとして見る意味も薄いから早々に切ってしまう可能性も・・・。
ラノベアニメはキャストだけはハマってるのに構成が残念という例が多いけど、まさかキャスト絡みで違和感を覚える作品に出会うとは思わなかった。
原作好きだからこその意見なのかもしれませんが・・・。

さくら荘のペットな彼女 第01話

★(新)さくら荘のペットな彼女 第01話 「ねこ・しろ・ましろ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作は最新刊以外は既読。
アニメビジュアル出た時からコレジャナイ感を心配してましたが、いざ本編見てみると言うほど気にはならなかったかな・・・。
溝口ケージさんの描く可愛いキャラにほど遠いのは事実だけど。
千尋さんとか完全におb(ry
声はまぁこれでいいんじゃないかな・・・美咲先輩のイメージは原作読んでた時は愛生さんでした。

本編は原作から大きく変えることなくボーイミーツガール、ましろの正体を知ったところで引きという構成は予想通りかな。
しっかし、改めてアニメで見るとましろの変人さが際立つな。
アニメ組からは相当賛否両論別れそうなヒロインだよなぁ。
そもそもオーソドックスな青春学園モノラノベなので、アニメを見る層が楽しめるかどうかが問題。
2クールかつ原作の終わりが見えてるので、同じ電撃+JCのとらドラ!のように、同時に終わってくれるのは原作ファン的には嬉しいんですけどねぇ。
空太がいろいろな壁にぶつかり乗り越えていく作品という性質上スロースターターなのが心配です。
内容的には確かにマリー脚本にぴったりかもしれないけど。

Template Designed by DW99