説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

Kanon 第11話

★Kanon 第11話 「光と影の間奏曲 〜intermezzo〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

整理された真琴の部屋と山積みになった漫画本を見てるだけで泣きそうになってきた。
綺麗に終わった前回をフォローする形に。ピロも帰ってきました。
というわけで心機一転真琴が居なくなり日常が再スタート。
祐一はもっとふさぎ込んでもいいと思うんだけど。名雪や秋子さんはまだ影があったし。
あゆの無邪気な真琴ちゃんはどうしたの?っていう言葉が痛いよな。
あゆに悪気はこれっぽっちもないんだけども。

話の展開は舞の個別ルートに向けて日常を。
久しぶりに出てきた気がするしおりんの愛らしさは異常。
アイスクリームにそんなこと言う人嫌いです!(*´Д`)
でも舞ルートに入ったらまたしばらくお払い箱だよね多分・・・。
香里の奇跡はそう簡単に起こらないという皮肉で伏線張り。
あゆは両親が旅行で家に居ない(これも伏線でしたよね?)ので
その間水瀬家でお世話になることに。
そういえばあゆとなゆはまだ顔見知りじゃなかったのかー!(笑)
馴れ初めエピソードからお風呂、1つのベッドで就寝。癒される描写だ・・・。

個別ルートの舞はというと早速舞踏会の話。
あれ?こういう流れで舞踏会に出ることになったんだっけか?
もうホントに覚えてないんだな。舞踏会があったことだけは覚えてる。
久瀬とかそういえば居たなー程度。懐かしい。
さゆりんがお嬢様という片鱗も見えてきたし人間関係明らかになっていくかなぁ。

Kanon 第10話

★Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌 〜requiem〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

さようなら真琴・・・最後に彼女は確かに家族になれました。・゚・(ノД`)・゚・。
家族で外食するあたりまでは我慢してたけどこの辺から涙腺崩壊。
プリクラ撮るシーンやら本を読むシーン、結婚、別れまで泣きっぱなしでしたよ・・・。
じっくり真琴の最期まで描いただけに破壊力抜群だったなぁ・・・。
やはり家族愛がテーマのストーリーがKeyの醍醐味だと思います・・・。

美汐の人じゃないもの〜はヒロインに対する裏ツッコミだな(笑)
そういえば何回か前から気にはなっていたんだけど
学校に雪が積もってるのに丘に一切雪が積もってないのはおかしいですよ!
普通高いところは気温が低くていくら太陽に近いといっても
なかなか綺麗サッパリは雪解けしないものですよ・・・。
これも1つの奇跡と片づけちゃって良いですか?(爆死)
それと真琴に対して愛を誓った言葉、春の示唆があったけど
Kanonが冬の物語なこともあり以降普通に他のヒロインルートに入るのは違和感が・・・。
次は舞かな、東アニ版と大差なさそうな進め方だろうか。

○Amazon


Kanon 第09話

★Kanon 第09話 「子狐の子守歌〜berceuse〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

真琴のデレデレ値が急上昇ですっ!
でも親しくなる=どんどん弱っていくから素直に微笑ましく見られないんだよなぁ(苦笑)
祐一の思い出すなっ!で思わず泣きそうになりました・・・。
泣くのは1話早いな・・・(;´Д⊂
弱っていくのを知りつつもそれを本人には打ち明けられなくて・・・。
ラブラブ描写と徐々に弱っていく描写の交差がやばすぎますね・・・。
この辺はAIRにも通ずるところがあるような。
恋人というより「家族愛」なんだね。

秋子さんや名雪に打ち明け最後の時まで出来る限り一緒に居ようとする祐一。
その祐一を切なそうに見つめるなゆなゆカワイソス。
なんだか不幸オーラが漂い始めてるような・・・。

次回は真琴とお別れか・・・ハンカチの用意を・・・。

○Amazon


Kanon 第08話

★Kanon 第08話 「追憶の幻想曲 〜fantasie〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

なんだか唐突にバカップルになったような感じが・・・。
いきなり真琴が祐一の帰りを待ったりと違和感を感じないでもないけど
真琴とのラブラブっぷり。乙女小宇宙(笑)っぷりが良いので良し。
でも悲しいことに物語の性質上、距離が縮まるほど別れが近づいてくるんだよなぁ・・・。
多少のヒントはあったけど祐一が思い出しとんとん拍子で狐ばらしが進んで驚いた。
徐々に弱っていき死ぬことも宣告されたし真琴シナリオ終了ももう少しですね・・・。
ぶっちゃけ話を覚えてるのは真琴>舞>栞>あゆ>名雪ぐらいの順だったり。
正体というか境遇は覚えててもどういう成り行きかとかが全然覚えてないのが多いです。
真琴シナリオで言えば正体は覚えてたけど美汐がどう関わってくるかは覚えてなかったり。

そういえば今回は一切あゆが出てこなくてかわいそなのです。
名雪も殆ど空気で名実ともに真琴ルートだったと言える回だけど
ピロとのじゃれあいの印象だけは強烈な名雪です(笑)

Kanon 第07話

★Kanon 第07話 「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらずギャルゲのように好感度を上げていくような作りだ。
野良猫のぴろや美汐が登場したから真琴ルートから終わらせるんだろうけど。
あー・・・そういえば名雪は猫アレルギーっていう設定でしたねぇ。
ぴろに対する真琴の態度もそういえばこんなんだった。何もかも懐かしい・・・。
真琴が動物について語ってたり狐に見守られたりしてるのはなんとまぁわかりやすい。
祐一のお前は動物並か!っていう突っ込み、寧ろ祐一の勘の方が動物的だと思った(笑)
ぴろとの一件で一気に真琴の好感度がチャージなのか
次回予告は真琴づくしにもほどがあるんですが(笑)
マコピー好きには嬉しいだろうけどアンチには辛そうな回ですね(マテ

後、スタッフロール見てて
女生徒 三宅華也
思いっきり吹き出した。ってかぼけーっとしてたから全然気付かなかったよ・・・。

そういや町並みの元ネタが札幌周辺なのは既出ですが
ちゃんと京アニKanonの舞台のリストってあるんですね。
つか元町とか割と近いんですが・・・。

Kanon 第06話

★Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

北国シネマフロンティア吹き出した。
どうみても札幌シネマフロンティアですね!
背景や内装も凝っててよく取材してるなぁと感心しますよ。
街の風景もどことなく見覚えある場所がちらほらあるし。
道民は思わずニヤリとした1シーンだったのではなかろうか(笑)

祐一の各ヒロインの扱いっぷりが板に付いてきた。
あゆをあそこまでスルーするのはもはや一芸だ。
あゆのカチューシャやら幽霊話やら待ち人の話は後半への伏線だったか。
舞や栞も意味深なこといってるしサブタイ通り謎をばらまく回になっております。
出番は各キャラ差があるけど順調にギャルゲしてる印象。
1日の間に色々なキャラとあってイベントこなしたりするのはまんまだよなぁ。
あえてこういうギャルゲチックの作りを追求してるんでしょうかね?
確かにエロ&ギャルゲ原作アニメでこういう直球なのも珍しい気もする。

次回はもうピロ登場なのかー。
あゆと並んで真琴が出ずっぱりなので真琴だけどんどんイベントが進行してる印象が・・・。
舞共々お早い退場にならなければいいけど(特に真琴)
栞は演出の効果と可愛さ(これは主観か(笑)、舞は場面の印象が強くて
出番が少なくても活躍はしてるんだけど名雪はどんどん空気に・・・。
ねむねむーなキャラなのと部活がんばってます!の印象しかないのはどうなんだ?
あくまでも不憫な子に・・・。

Kanon 第05話

★Kanon 第05話 「魔物たちの小夜曲〜serenade〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

舞の「魔物を打つ者だから」キター。
佐祐理はやっぱり観鈴ちんだという印象は変わらず。
今回は真琴と舞が出会って舞が意味深なセリフを言ってたなぁ。
真琴の正体に気付いてそうな感じ。
真琴といえば肉まん登場。そういやエロ本買わせるエピソードとかあったね!
覚えてるってことは東映Kanonにもあったってことか。マコピー語とか懐かしい。
なんだかんだいいつつ真琴を心配する祐一はしっかりギャルゲ主人公してました。
あゆへのノリ突っ込みはお約束だけど笑ってしまうね。

とりあえずしおりんの可愛さは異常。
あれー?こんなにしおりんって可愛かったっけか(笑)
なんというか背中がやたらセクシーに感じたのは俺だけでしょうか?
祐一さんに会えると思ったからとか言ってるしっ!
出番はそんなに多くないのにぶっちぎりでハートを射止めやがりました・・・。
前は誰が好きだったんだっけかな、もう忘れてしまった。

Kanon 第04話

★Kanon 第04話 「休日の奇想曲〜caprice〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

うーん、思ってたよりあゆと真琴の会話が少なくて残念。
遠慮しつつもたい焼きを通して仲良くなれたような感じだったから
どうせならもうちょっと会話して欲しかったなぁ。でも話すことないか(苦笑)
まぁ、まだまだ先は長いし会話する機会はいくらでもあるか。
あゆと秋子さんも初対面。名前に聞き覚えがあるのはラストに繋がってくるんだろうな。
というかそれでピンときてあゆシナリオの記憶が少し戻ってきましたよ・・・。

しかし回想といい、あゆや真琴、名雪の態度といい
ろくでもない主人公なのに周りに女の子ばっかり集まってくるのが(ry
っと、これはある意味ギャルゲの真理だししょうがないけども。

最後は舞がちらっと登場して終わり。
予告見ると次回は舞と真琴が絡みそうだな。真琴出ずっぱり。
どうでもいいんですが北海道でも町中じゃあんなに星は見えませんって(笑)

○Amazon


Kanon 第03話

★Kanon 第03話 「記憶のない組曲〜partita〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

真琴大フィーバーな回。ファンには嬉しいだろうなぁ。
次回も真琴が出ずっぱりみたいだ・・・まぁ序盤の要だしね。
あわせて各キャラのシナリオの序盤を消化してる感じなのかな?
舞は剣振ってるし栞は居るだけでキラキラしてるし出番は少ないけど印象は強かった。
会話の節々にストーリーの鍵が隠されていて見ているうちに少しずつ思い出してきたかな・・・。

とりあえず中の人&ネタ繋がりで
真琴をはいはいわろすわろすしてる目を細めてる祐一が
にょろーんなキョンと被って吹き出した、俺だけか?!(笑)

次回も真琴が出ずっぱりだなぁ。
あゆと真琴の組み合わせってかなり珍しいような?
原作ノータッチなので日常で関わりあったかもしれませんけど。

Kanon 第02話

★Kanon 第02話 「雪の中の入祭唱〜introit〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

さすが2クールだと進行は遅めだなぁ。
今回、舞&佐祐理の顔見せはあってホントに出番は一瞬だった。
栞の方が出番は長かったけど栞と仲良くなるのもだいぶ先か。
最初はあゆや真琴を中心に話が進んでいくみたい。
こう微妙に接点が出来て仲良くなっていくのはまんまゲームの雰囲気じゃないんだろうか。
いや、原作未プレイなので憶測なんですけど。

風景がやっぱり札幌だ。
4PLAとかあの辺なのかなぁ・・・?
フードセンターは言わずもがな(笑)
小さい川というか水路のような場所は創成川らへんかなぁ?
まぁ、似たような風景はいくらでもありますけど。
学校もどこからの大学とかがモチーフになってそうな気がするよ。

謎ジャムとかいちいち懐かしいのと
どうしてもキョンや凛君という最近のが交錯するからなんとも不思議な気分になるなぁコレ(笑)
次回は真琴の当番回かなぁ。多彩な表情が見れそうだ。

Kanon 第01話

★(新)Kanon 第01話 「白銀の序曲〜overture〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

原作ゲームは未プレイ。前作アニメは見てます。
しかもそのアニメが高評価という珍しいパターンな人かな(笑)
というわけでKanonに対して感慨とかはあんまりない人でもある。
そんな俺でも見てて懐かしいなーって思う場面は多々ありますけど。

とりあえず。

懐かしいとか云々より祐一がキョンにしか聞こえない件について(笑)

モノローグ風に語ってるとなおさらキョンにしか聞こえないよ!
BGMとか声優の懐かしさよりそればっかり気になってしまった・・・。

作りはもう文句なし。京アニクオリティ。それだけで十分ですよね?(笑)
OPは動きまくるわ懐かしいわEDは何かを思い出すEDだわ。
背景が細かいのは京アニらしいなぁ。どろり濃厚ふいた。
他にも加湿器やら滑り止め砂やら北国ならではの小ネタ満載。
でも玄関フードとかはさすがになかったか。

懐かしいのと突っ込むところが少なくて書くこと何にもないんだよな(笑)
京アニ初の2クールということでここで真価が問われるだろうね。
スケジュール詰まっててもクオリティ維持できるか見物。

Template Designed by DW99