説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

おとぎ銃士 赤ずきん 第26話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第26話 「赤ずきん VS 白雪姫」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

OPの次は草太の中の人が変わったよ!?

>■キャスト変更のお知らせ
>鈴風草太役のくまいもとこさんが病気療養のため、
>26話より同役が三瓶由布子さんに変更になりました。

どうみてもレントンです。本当に(ry

やっぱくまいもとこさんじゃないと草太って感じがしない・・・。
三瓶さんもがんばってるのはわかるんだけどなぁ・・・。
子供はいきなり声変わってそれのテロップもないんじゃあ戸惑うのでは?
子供向けでキャスト変更(しかも主人公)ってのは明らかにマイナスですよねぇ。

それはさておき今回期待した黒雪はフェイクだったのかぁ・・・。
てかあのドラグーンモドキな魔法、いつも使えばもっと使えるんじゃね?(笑)
メガネを外したから使えるってわけじゃないんだから
氷魔法だけじゃなくてももうちょっと他の魔法も・・・。
形的には味方同士の戦闘だったので技の応酬が面白かったです。
白雪をハメようとしたヘタレ魔導師のヘタレっぷりに泣いた・・・。
てか、あっさり秘密バラして馬鹿すぎるぞ(笑)
いきなりサンドリヨンの城に直接乗り込むハメになるとは思わなかったよ。

ストーリー紹介出てるけど城は罠だろうけど秘密は明かされるみたい。
さて俺の予想は当たっているのか・・・?

おとぎ銃士 赤ずきん 第25話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第25話 「ちいさなお姫さま」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

OP変わった!?Σ(゚Д゚)
変わるなら来年ぐらいかなーと思ってて油断してましたよ・・・。
歌違って思いっきり驚いてしまった。
歌はかなり微妙になったけど絵のパワーアップが凄い。
個人的にはギアスのOPがマイナーチェンジした時ぐらい興奮した(笑)
グレーテル、ヘンゼル寝返りは決定打になったし
マレーンが二つの世界の狭間を歩き二つのシルエットに分かれている描写は
こないだの感想で語ったマレーンの存在が二つに分かれたという予想が
案外当を得てるんじゃないか?と思ってかなりwktkですよ・・・。

本編は相変わらず唐突な展開過ぎて笑えるな。
白雪はクシが魔法のクシだってことに気付いてたのになんで止めなかったんだ(笑)
ちび白雪に関しては俺もヴァルと同じ感想で可愛いとは思えないけど!
白雪の過去が明らかになってやっぱり姫だったことが判明。
元々姫じゃなくてあんな言動だったら問題ありまくりだけどさ(笑)
とにかく駄犬突っ込みが冴えてた回だった。
ちび化した副作用として記憶を思い出して
白雪の二人目の母親がサンドリヨンの手下だったことが判明。
そこからサンドリヨンの手がかりを探そうと白雪の故郷を目的地に。
ストーリーの転換があったのは意外でした。たまには白雪も役に立つんだな(マテ

しかも次回が赤ずきん VS 白雪姫となかなか良い煽りだ。
白雪というより黒雪って感じだけど操られてるか偽物かなぁ?

おとぎ銃士 赤ずきん 第24話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第24話 「草太のおかあさん」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

いきなり草太ママン小夜さん登場は怪しいとは思ってたけど予想通り。
それはそうとして小夜さんと再会→エルデ帰りたい
の流れが唐突すぎてえ?草太ってこんな無責任なキャラか?という違和感が・・・。
最近の赤ずきんは話の流れが強引というか唐突というか
まだ1クールあるのに尺足りてるのか不安になってくるなぁ。
子供向けという定義で見て深く考えない方がいいのかもしれないけど。

小夜が怪しいと思った唯一のキャラがヴァルだけとは・・・駄犬大活躍ですね!
草太も想い出の中だけの人物だったし、幼なじみのりんごも同じ。
だからこそもう少し不審がろうよ!赤ずきんはともかく他の2人は。
小夜の正体は小夜に化けた何者か(=サンドリヨン)であることは描写されてるけど
化けるにしても小夜の容姿がわからないと化けられないわけで。
サンドリヨンと小夜の何らかの関係がより濃厚になってきた1話だったな。
偽物だったけど白雪に言った「性格悪そう」の言葉だけは良く言ってくれた!(笑)

怒りでパワーアップするのは王道展開なんだけど
いまいちパワーアップした感じがしなかったので怒った意味あったのだろうか・・・。
影もサンドリヨンだけあって強力な魔法を使ってきたけど天真爛漫な赤ずきんには通用せず。
まぁ、四銃士が面白かったのでよし。りんごは何もしなかったけど(笑)
サンドリヨンが草太達の目の前に現れたということは草太がエルデの鍵ということを認識してるのか。
だとしたら今まで散々手下に鍵を狙わせた理由は全て小手調べ?
それとも今回、影を出したようにまだ力が完全に戻っていなくそれを待っているか。
とにかくこれからはサンドリヨンと小夜とフェレナンドの関係がキーになりそうだなぁ。

次回予告には小夜登場。やっぱ歳のことは禁句なのか。
次回は白雪ちび化でストーリー進展は望めなさそうだなぁ・・・。

おとぎ銃士 赤ずきん 第23話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第23話 「ガラスのくつ」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

「灰の降る町」の時登場した、鏡の中の少女マレーン再登場。
あの時もかなり意味深な台詞が出てきてたけど今回でやっと伏線消化出来たかな。
ガラスの靴を登場させたことでかなり子供にもわかりやすくなって良かったんじゃないかな?
2つの世界を割ったのはサンドリヨン=マレーンというのは確定。
2つの世界が割れたというとFF5を思い出すんだけど
FF5みたいに世界が元に戻る、または戻りかける展開は期待したいな(笑)
後は草太ママンがどういう立場のキャラかだなぁ。
世界を2つに割った時に心も2つになり悪がサンドリヨン、善が草太ママンとかいう想像してみる。

戦闘の時、ヘンゼルがプリンセスモードを封じるのにカード吹き飛ばすのは
ある意味ルール違反だと思うんだけど(笑)
りんごを突き飛ばしたのは前にも同じ条件で鍵が発動したため。
鍵の力で暗黒魔法を解除できないのかなぁ。
鍵発動で撤退とグレーテルの暗黒魔法解除方法がフラグになってそうなんだけど。

次回予告はママンの姿が・・・回想か何かかな?
予告のナレーションがグレーテルのお兄様尽くしでふいた(笑)
おはぎちゃんイイヨイイヨー。

おとぎ銃士 赤ずきん 第22話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第22話 「花嫁はラプンツェル」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

久しぶりにスポットの女の子キャラ!
グリム童話では有名で名前だけは知ってる人も多いのでは。ラプンツェル登場。
相変わらず話がとびとびだけどいい加減慣れたというか気にならなくなったというか・・・。
今回も唐突に馬鹿でかい塔が登場して
挙げ句の果てに巨大な髪の毛が塔の上から伸びてきます。
いやー、髪の毛を足場にして塔を登ったアニメは後にも先にもこれぐらいなんじゃあ(笑)
イメージ的には螺旋階段なんですが一歩踏み外すだけで真っ逆さまなのに
誰1人怖がる様子がないのは不自然すぎるよ・・・
落ちないような魔法かかってるのかもしれませんが。
登り切った後は髪の毛が元のサイズになったラプンツェルのお出迎え。
後の方でも髪の毛動かしてたし髪の毛を利用する魔法で落ちないようになってたと好意的解釈。

今回はめずらしーく女の子らしいテーマのトークで
ヴァルと草太が完全放置プレイなのが珍しい(特に草太)
結婚とかどうよ?って問いにめちゃめちゃ照れてるいばらが可愛すぎるんですけど。
赤ずきんは予想通り無関心。白雪やりんごは女の子らしく興味アリとこれも予想通り。
いばらも無関心かと思いきや何この反応。草太ラブフラグですよね?!(ぉ
ヴァルがラプンツェルにメロメロなのも笑った。久々の駄犬モードじゃないかこれ(笑)
サムシングフォーなんて初めて聞いたんだけど女の子では結構メジャーな話ですか?
それとも俺が無知なだけでしょうか・・・orz

幸せムードもつかの間。
ラプンツェルの目的は囚われた王子を救うためにエルデの鍵を見つけ報告すること。
しっかし、ラプンツェルは元々平和主義っぽいし
結婚を祝福してくれた赤ずきん達に情が移ってしまったんですねー。
サンドリヨンサイドは珍しいヘンゼルグレーテルの兄妹コンビでの登場。
プリンセス赤ずきんとパワーアップしたヘンゼルは互角。
いばらとグレーテルの戦闘会話「寝言は寝て言え」「あんたには言われたくないわよ!」
がすげえツボに入った。確かに(笑)
グレーテルは暗黒魔法の解き方を調べてるしいよいよ寝返りフラグが立ってきたかな?
ラプンツェルの応援で珍しく駄犬が活躍。というかソロでナイトメアリアン倒したのは初?

最後は童話話の定番中の定番。
キスで相手が元通りという草太も認める黄金パターン。
ラストのヒロインウェディングドレスカットは赤ずきんだけイメージ合わなすぎ(笑)
やっぱ赤ずきんは赤ヘルメットじゃないと!(マテ

予告見ると次週もヘンゼルグレーテル兄妹活躍かな?
ヘンゼルとりんごの珍しいカットなんかも・・・。
それと草太と一緒に居たのは灰の降る町の鏡の少女だよね。
そろそろ謎が明らかになってくるのかな。

おとぎ銃士 赤ずきん 第21話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第21話 「フェレナンドの贈り物」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

うーん、どうも最近のは尺が足りてない話が多いような。
つなぎ目とかまばらだったのは前からですけど。
1話の中でも場面がかなりとびとびになるのが気になってきたよ。
というわけで今回はプリンセスモード制御の話。

サンドリヨンの元にトゥルーデ、ヘンゼル、グレーテル、ランダージョが揃ったのは初めてか。
というかトゥルーデはOPには影すらないからなぁ(笑)
いい加減OPのカットだけでも変わらないものか。プリンセスモードも出たことだし。
なんだかんだいってサンドリヨン一味はランダージョに寛大だよな。
どれだけ失敗しても戒めはあっても格下げとかはないし未だに三銃士を任せるし。
ただ単に捨て駒にしようとしてるのかもしれませんが。

今回は単純に赤ずきんがプリンセスモードを扱えるようになるプロセスだったな。
フェレナンドの存在が三銃士にとって如何に大切かもわかる。
そして草太はフェレナンドや赤ずきんが持っているものを持ってる。
いつの間にか三銃士達になくてはならない存在になってたんですね。
フェレナンドのお母さんにそっくりだ=フェレナンドママンをすぐ連想したの俺だけ?!
草太やりんごは草太ママンをすぐさま連想できたみたいですが。
ともかくこれで草太ママンがファンダヴェーレに関わりあるのは確定。
というよりフェレナンドが親しげに語ってたことから関係者&ファンダヴェーレ人っぽいな。
これで目的の1つにフェレナンド救出が大きく関わってるくるけど・・・おとぎカードとかどうなった(笑)

次回予告に出てた女の子が「ラプンツェル」かな?またもやグリム童話ネタ。
それ以外にもヘンゼルと三銃士の戦いあるっぽいし結構話進みそう?
ラプンツェルの声優が誰になるのかも楽しみですな。

おとぎ銃士 赤ずきん 第20話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第20話 「プリンセス赤ずきん」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

いきなり1話飛ばしたのかと思うぐらいの飛びっぷりで驚いた。
開始早々トゥルーデとバトルってていきなりピンチですよ?!
ハーメルンもいきなり1000年前にサンドリヨンを封印した
七賢者の一人、サルタンを探し当て助けを求めてるし。
間1話分まるまる抜けてるんじゃないか?ってぐらいの端折りっぷり。
ドラマCDとかで補完されるならマシだけども。
本来の年齢層であるちびっこもこの急展開には( ゚Д゚)ポカーンだったんじゃなかろうか。
ピンチはサルタンの助けで抜け、究極の魔法会得の修行に。

今回はピンチ修行パワーアップという成長モノに必要な要素を
一気に詰め込んであるだけあってどうも端折ってる印象が拭えないなぁ。
修行シーンは特に突っ込むこともなく三銃士らしい。
しかしスウィートフォンが魔法簡略化の機械なことが判明したりと
この辺はちゃんと説明がなされてて好感触。魔法はちゃんと詠唱元々あったのね。
修行風景自体はどうでもいいけど、草太が一番好きな人が究極の魔法を使う
という流れになって白雪は勿論のこと赤ずきんやいばらもアピール。
相変わらずモテモテというかいばらはただ単に魔法使いたいだけだろ?!(笑)
そんな様子を見るに見かねて「草太が一番好きなのはこの私!・・・の肉じゃがだゾ」
と思わず口走って超照れてるりんごが可愛すぎ&大胆すぎです。
だが反応は淡泊でした。さすが草太(笑)

今回は草太のエルデの鍵というより人間性が強く出た回だったなぁ。
三銃士達を本人達より信じた結果が実ったし。
賢者のサルタンの心すら動かした草太の人間性は鍵の力?
修行が間に合わずに実戦突入も黄金パターン。
合体魔法のトライアングルイグニッションもあっさり跳ね返されいきなりピンチ。
トゥルーデの前にサルタンが壁となり赤ずきん達に後を託す。
最後に三銃士を励ましたのは草太でした。つくづく王道だけど純粋に燃える展開。

ただサルタンが指摘したら使命を忘れてないか?はちょっと違和感あり。
前回あれだけヴァルが使命にこだわってた次の話でそれはどうなんだ?(笑)
究極の魔法のカードが赤ずきんの元に降りたのは深く追求しちゃいけないな。
スタッフの赤ずきんだけ「姫」じゃないのとメインヒロイン効果ということで。
うんうん・・・プリンセスモードへの変身も魔法少女の醍醐味ですよ。
赤ずきん繋がりでチャチャとかを思い出しました。
新たな武器としてソードが出てきたのはいいけど戦闘適当すぎて泣いた(笑)
ボス格が寸前で逃亡するのもお決まりですね・・・
ここであっさりトゥルーデ終わりじゃなくて良かったけど。

今回は王道パターンを豊富に詰め込んだヒロインパワーアップ回だったけど
もう1話あればもっと余裕を持ってパワーアップできたんじゃないかなぁ?
王道=純粋に燃える、感動する展開なのに端折ってる感が見えててしょんぼり。
プリンセスモードと究極の魔法の呼び方はえらい引っ張るな(笑)
ヴァルの「っていうかどっちでもいいゾ」な可愛い突っ込みは吹き出した。
予告にもサルタン登場。ED消えちゃってたから歌聞いてないとか
番組構成に対するツッコミとボケが混じってて笑えた。

次回以降はプリンセスモードをどう操るかが課題になってくるんだろうけど
あんがいあっさりそのまま使ってそうな気がしないでもない。
今回で半分を過ぎましたがどう話は進んでいくんでしょうねー。

おとぎ銃士 赤ずきん 第19話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第19話 「ムーンライトじゅ〜すぅい〜」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

聞いた時なんだそのサブタイは?!と思ったけど
本編見終わってもサブタイの意味があんまり無かったことに気付いた・・・。
パワーアップ前の回+狼族(ライカン)登場でストーリーに期待したんだけど
パワーアップ関連の話は全部次回に持ち越しチックでちと残念。
その代わりストーリー自体は面白い方向に転がっては来ましたけど。

早々に毒を食らってしまうヴァル哀れ。
しかもどう見ても油断してる赤ずきんのせいじゃん!!
赤ずきんもそのことで後悔するけどその前の行動がちょっと軽すぎるなぁ。
急いで抜けないとダメな区間なのに自分のせいで足止めを食らってることに対して
誇り高きライカンでもあるヴァルは悔しいだろうなぁ。
赤ずきんはヴァルのために薬の材料を取りに単独行動。
それに対して何故草太を優先しなかった!と怒るヴァルはヴァルらしい。
二人の絆の強さと使命の重さが伝わってくる1シーンでした。

ライカンの街があるという説明不足なヴァル、白雪、いばらも悪いけど
相変わらず草太は軽はずみな行動多すぎですね!
水をくみに行くのはまだわかる。しかし遠い街に行くのはどうかと思うぞ?!
行くなら行くでせめて水を持って行ってりんごに説明してから行こうよ・・・。
水をくみに来た目的完全に忘れてる気がするんだが(笑)
まぁ、薬の材料を求めて=ヴァルのためを思っての行動なんだろうけどさ。
草太にはエルデの鍵という自分の重要さの自覚が無さ過ぎ。

久々の登場になるライカン。
サンドリヨンとジェドが一応手を結んでるけどあくまでも互いを利用すると考える同盟。
トゥルーデに対してジェドは一歩も動けなかったことといいサンドリヨン優勢?
ヴァルもライカンであることは前述の通りだけどそれと赤ずきん&ヴァルの過去が関係あるとは。
というか何気にヴァルって重要(狼だけど)人物?!
最初の頃、散々駄犬って言ってごめんよ!だが私は謝らない(マテ
ヴァルは人間フォームがありそうなんだけどなぁ。ライカンは皆あるっぽいし。
人間フォームがまんま勇者王だったりしたら笑うけど予想を裏切って美形とか(笑)
ライカンとの戦闘シーンはなんか特撮のような構図でワラタ。雑魚→ボスみたいな流れが。
三銃士の力は部下2人はともかくジェドにはまだ及ばないようで。
次回の赤ずきんプリンセスフォームでどれだけパワーアップするのやら。

次回予告でちらっとプリンセスフォームが出てたけど力を貰うのかな・・・?
予告&シメといい久しぶりにヴァルが美味しいところを持って行きました。
活躍といい最近薄かった印象が戻ってきたな、さすが駄犬。

どうでもいいんですが公式ビジュアルブックを買ってしまいました。
声優さんのインタビューとかも載ってるしまぁファン向けかなー。
少女向けのはずなのにとらのあなで平積みされてるのには吹きましたが。
さすがにゲームは買わんけど(笑)

おとぎ銃士 赤ずきん 第18話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第18話 「うたう三銃士」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

スタッフのコメントにあった通りまさに音楽づくしの回だったな(笑)
なんでカボチャなのかずっと考えてたんだけど
ハロウィンが近いからそれに合わせてカボチャだったのかなー。
惜しむらくは予告でも本人が言ってたようにりんごの影が薄かったこと。
りんごにもキャラソン作ってくださいよ!
ブレーメンは久しぶりの出番なのに相変わらず・・・
まぁ、これは憎めない悪役の宿命だけど。

とにかく今回はミュージッククリップ風な歌うシーンが気合い入りまくりだ。
3人分で1話分の過半数の予算を使ってそうだこれ。
それぞれの個性が表れてるクリップだなぁ。赤ずきんクリップが可愛さ全開。
キャラソンにあまり期待はしてなかったけど意外にも一番気に入ったのは白雪の歌でした!
今回はとにかく演出が歌に偏っててあんまり語ることはないなぁ。
とりあえずイメージはぴちぴちピッチあたりで(マテ

次回はこれまた久しぶりの狼族。
19話は20話のパワーアップ前の話だから何か起点があるはずなんだけども、
こないだの合体攻撃みたいに20話で唐突にパワーアップするかもしれんけど(笑)

おとぎ銃士 赤ずきん 第17話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第17話 「灰の降る町」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

おおお!夏美と千絵再登場きたーーー!
もう二度と出番ないんじゃと思ってただけにこのタイミングでの再登場は完全に予想外。
更に名前が正式に明らかになってるし!やっぱりポニテは千絵だった!(笑)
何気に水着でサービス満載というか人気あったんかなこの2人。
しかもこの登場もただサービスじゃなく話に関わってるのもポイント高いね。

今回の舞台は灰の降る町。
とりあえず小鳥が喋ったことにびっくりするりんごと駄犬の掛け合いはお約束。
りんごお掃除もーどで髪あげキタコレ!
更に掃除が終わった後にすこーしだけど入浴シーンですよ・・・?
な、なんだか今回妙にツボに来るカットが多いですね・・・。
白雪の姫なの?ネタはどこまで引っ張るつもりなんだろうか。

話の方は久しぶりにおとぎ話のカードが出てきたな・・・。
それよりも2つの世界の物語の秘密が徐々に明らかになってきた。
”2つの世界がきっと1つになる時が来る”
を強調してるけど実際にそれが起きるか起きようとするかはしそうだな。
鏡の中の世界に入れたのは草太がエルデの鍵だから?
それとも何か鏡の中の少女マレーンとの繋がりがある?
白雪がサンドリヨンは鏡を使いエルデとファンダヴェーレを
行き来できると聞いたことがあると言ってたけど
このおとぎ話を聞く限りサンドリヨンは鏡の少女マレーンである可能性が高いな。
そうすれば鏡に残った魔力も2つの世界を1つにしようとしたことも
鏡が割られ復讐で魔女になったことも納得がいく。
とするとエルデの鍵を手に入れる目的は世界を1つにするためなのかな。

次回もハーメルンが居るな。隔週登場になってるよ(笑)
とりあえずグレーテル懐柔まーだー?
そして赤ずきんパワーアップはもう少しだなぁ。
中盤になって一気に面白さが増してきましたよ!

おとぎ銃士 赤ずきん 第16話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第16話 「いばら姫とクローバー」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

いばら当番回。
そして今までいばらが眠そうだったわけが明らかに!
とりあえずいばらはホントに姫様だったんだなー、と(笑)
白雪もお姫様なの?と草太が聞いていたけど白雪はスルー。
これだけの性格だからお姫様なのが普通かもしれないけど
実は没落した王国で気丈に振る舞ってるために今のような態度に・・・
とかだったら叩くに叩けなくなるし嫌だな(マテ

いばらが眠そうにしてたのは夜寝ないため。
夜眠った時に強力すぎる自分の魔法の力が暴走しないためだった。
その心の闇を抱えてたから今まで少し壁があったような印象だったんだろうなぁ。
草太の言葉で完全に心が開いた感じ。
これを機に草太へのフラグが立って更にハーレム状態になれば良かったのに(笑)
エルフ弁のなまりは想像以上に強烈だったな・・・。
寝ぼけてない状態で思わずエルフ弁が出てしまって
恥ずかしがる描写とか今後見れたらいいなぁ。

回想だけど草太ママが久しぶりに登場。
これ見て察するにママはやっぱりファンダヴェーレの人間っぽいな。
それをわざわざ連れ去るということはファンダヴェーレの重要な人間なのかも。

おとぎ銃士 赤ずきん 第15話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第15話 「トゥルーデの迷宮」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ED変わったΣ(゚Д゚)
三銃士登場バンクといいなんか色々豪華になってますね!
EDの絵はかなり好みいばらがすごい可愛くみえるなぁ・・・。

前はチラ見せ程度だった魔族軍最凶の魔女トゥルーデが今回から本格的登場!
ヘンゼルも鬼のような強さで三銃士を追いつめたけど
さすが魔女と言われるだけあって強力な魔法が武器。
その魔法に為す術もなく迷宮に閉じこめられてしまう赤ずきん達。
赤ずきん達は人形になり運良く魔法を食らわなかったりんごが
人形を持って逃げようとする所でハーメルン登場、でもやっぱり逃げるのね!
なんだかんだでこのコンビは良いコンビだよなぁ。
白雪は二人をくっつけようとしてたけどハーメルンはまんざらでもなさそうな気が(笑)

トゥルーデの配下の三騎士もくせ者だしトゥルーデも強力な魔女。
対する三銃士も三位一体の新技もひっさげて戦闘面もやっと強化されてきたな。
20話になるとプリンセスモード追加で更に盛り上がることだろうしそっちも楽しみ。
話の方はキッズ向けだから元々あんまり期待はしてないんだけど
ここ最近の話は割と面白い。

次回はいばらフィーチャーな話。
エルフ弁やらいばら自身の悩みやらいばらスキーにはたまらない回になりそうだ。

おとぎ銃士 赤ずきん 第14話

★おとぎ銃士 赤ずきん 第14話 「おかしな森の記憶」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

今回は久しぶりに盛り上がった。
前回の予告通りヘンゼルとグレーテルの兄妹メインの話。
しかし今回のおかげでEDの最後のカットは現実味が帯びてきたな。
囚われの身であるフェレナンド王がなかなかのVIP待遇で笑った(笑)
グレーテルはヘンゼルとの会話でサンドリヨンの影を見る。
ヘンゼルは普通にサンドリヨンに操られてると考えるのが妥当だな。
でもそれならグレーテルが操られていないのは何故?
ヘンゼルの心の闇があるのかグレーテルの兄への想い(忠義ともいえる)を利用してるのか。

グレーテルは直接草太達に交渉・・・というかこれはお願いだよな。
しにいくけど当たり前の如く草太以外は警戒しまくり。
エルデで騙されてるから当然といえば当然ですけど。
グレーテルの必死な様子が切ないな・・・特に雨に打たれてる様子は(;´Д⊂
しかしそんな中草太は優しすぎてフラグ立ちまくり。
木の上で半分に割ったクッキーをあげるのと指切りするシーンがやばすぎるだろ(笑)
このままいけばグレーテルもすきすき草太に・・・その障害はお兄様だな!
でも操られてるであろうヘンゼルに場所なんか教えちゃったらそらこうなるわなぁ・・・。
盲目過ぎてアホの子みたいに・・・。

後半の戦闘はヘンゼルの暗黒魔法強すぎ。
ヘンゼルが戦うと毎回圧倒的な力量の差が出て面白いね。
それを三銃士の力をあわせて迎え撃つという典型的スタイル。
結局痛み分けでグレーテルも説得できなかったけど
今回のは今後のおおいなフラグになるに違いない。
グレーテルが仲間に→お兄様を取り戻す!という展開希望(笑)
次回はハーメルンがまた・・・準レギュラーっぽいな。
再びりんごと会話してるし意外に気が合うのかこの2人。
予告のお便りコーナーふきだした、狙いすぎだよ(笑)

Template Designed by DW99