説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ノエイン もうひとりの君へ 第11話

★ノエイン もうひとりの君へ 第11話 「スレチガイ」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回の緊迫した空気がどうなるかと思えばあっさり引き上げた。
これもフクロウなりの優しさだなぁ・・・
今回の話はユウとイサミの絆を確認するような話。
受験をするために離ればなれになることでイサミは苛立っているが
ユウは「それが初めて自分で決めたことだから」と受験を決意。
ユウの想いを知ったイサミは笑顔で受験を応援する。
そんな2人のやりとりを見つめるとカラスとフクロウがもうね・・・(;´Д⊂
そして初めて「ユウ」と「イサミ」として向き合うカラスとフクロウ。
この2人はやっぱり戦って欲しくないなぁ・・・(苦笑)
でも公式の話を読むと・・・。

他の部分では量子力学について延々小難しいことを・・・。
とりあえずシュレディンガーの猫は定番ですね。
「観察できないから可能性は無限大」簡単に説明するとこういうことか。
量子を観察する術がないから他時空が存在する可能性は論理的にはある、と。
ただ、内田ちゃんも言っているように自らの存在の定義がこの理論では難しいんですね。
マジックサークル計画の危険性を感じて何とか阻止しようとしますが
ここでハルカの父親についても判明。
マジックサークル計画のプロジェクトリーダーだったハルカの父親に
危険性を説明して計画を止めようとするがはたして・・・。

今回も地味な話だったんだけどさすがノエインクオリティ。
上では触れませんでしたがフクロウとアイの接触とかも。
どこに伏線転がってるかわからないのでwktkモンですよ。
次回予告はまた15年後のハルカ?
次回こそ多少なり15年後のハルカについて触れられるかな。

○Amazon


ノエイン もうひとりの君へ 第10話

★ノエイン もうひとりの君へ 第10話 「アラシノヨル」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

やっべえええノエインマジで面白いなぁ・・・。

前半は割とギャグパートなんだけど予告通り日常が壊されていく。
ママンズの壊れっぷりに笑った。子供達は引いてたけど(笑)
カラスは割とすんなりとけ込めた・・・というより優しい目で見てましたね。
やはり自分の過去を想いだしてるんだろうなぁ・・・。
この後の展開も見るとなおさら。

予告の時はアトリ様キタコレ!って感じだったけど
今回は・・・フクロウだよなぁ(笑)
アトリのネオゲッターよろしくのプラズマサンダーでの
カラスとの対決も燃え燃えだったんだけど
その過程でやはりフクロウ=イサミが判明。
口ぶりからするとコサギも関係者っぽいなぁ・・・ミホか?
アトリ様の消えろフクロウ!とかフクロウがユウとイサミに対して仲良くな、とか
もう熱い、熱すぎる。戦闘も良かったけど現在と未来の人物相関が絶妙だなぁ。

ハルカはフクロウを見た瞬間、龍のトルクを発動させて正体を見破りましたけど
これも能力の一種かぁ・・・結構応用効くんですね。
そしてその事実を知ったハルカの前でカラスとフクロウの戦いが始まる。
追いかけたハルカの目の前にいたのはコサギ。
全ての始まりはハルカのせいだというコサギ・・・その真意は?

次回予告でのハルカは今のハルカじゃなさげ?
夢を・・・ってカラスたちが知るハルカでしょうか。
そろそろハルカとハルカの話になるかな・・・?
コサギからどんな言葉が語られるか楽しみですよ。
絶倫の人たちも実験云々とか言ってたし
15年後の世界が壊滅していて量子だけの世界になっているのは
やはりこの実験云々が関わっているんでしょうかね。

ラクリマに引っ張られるかのように破滅に向かっていく現代。
その元凶はやはりハルカ・・・龍のトルクに?
2クールもあるのに1クール目終わりで既に盛り上がりまくりですよ!
もうBLOOD+とかホント見習って欲しいよ・・・。

それにしてもノエインはアストレイ・・・王道じゃない所が好きです。
今期で王道といえばなのはA'sあたりじゃないでしょうか。
アレはアレで燃えあり萌えありで面白そうなんですけど
ノエインの変化球はたまりませんね・・・。
今期はエウレカ3クール目とノエイン1クール目がガチで熱い。

○Amazon


ノエイン もうひとりの君へ 第09話

★ノエイン もうひとりの君へ 第09話 「トキヲコエテ」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

次回予告で期待した分ちとがっかり・・・そうくるかみたいな?
ユウと母親のわだかまりが無くなったのは良かったし
それが解かれる過程も好きなんだけど
今回のユウはカラスにただ「そのいじけた根性はなんだ!!」と言われただけだったなぁ。
ママンとご対面の時もハルカに連れられて・・・だしなぁ。
ヘタレユウ脱出かと思ったけどまぁキッカケにはなりますね。

今回の話はまるまる龍のトルクを使いこなすためにあったかのようだった。
トルクの力を自ら解放したときのウロボロスが駆け抜ける演出格好良いけど
あれは周りから見えちゃったりしたらやばいのでは!と冷静な突っ込みがg
まぁ、カラスたちの戦闘も似たようなもんだしきにすんなってことか(笑)
発動条件は予想通りハルカ自身の想いの力かぁ。
ラストの方は龍のトルクの力を完全解放して・・・。
んー、カラスの知っているハルカともこの辺繋がりありそうだ。

次回はもうなんていうかアトリ!アトリ!
もうこの悪役っぷりとイっちゃってる顔がたまらないね!
鈴村さんがすげー活き活きして演技してるのが伝わってくるよ・・・(笑)
しかし、またフクロウと一波乱ありそうな。

○Amazon


ノエイン もうひとりの君へ 第08話

★ノエイン もうひとりの君へ 第08話 「カクシゴト」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ハルカが現代に戻ってきたところから開始。
ユウとカラスがもっと険悪なムードになるのかと思ったけど
ハルカの間の取り方が絶妙だったな・・・。
っていうかハルカがカラスラブラブすぎてユウカワイソスとかおもってたら。
脱走して活き活きしてるユウと騎乗位(マテ とかしたりと
あー、ハルカは年相応に好意的な接触してるだけなんだなぁ、と。
ユウに対して特別な気持ちはあるだろうけど全然意識してないんだろうな。
それはユウも一緒で馬乗りになってもお互い顔を赤らめすらしないし(笑)
あー・・・微笑ましい光景だ。

アトリ達は絶対少年もびっくりなぐらいの浮浪者っぷりでふいた(笑)
こういうところが憎めないなアトリ・・・。
ポケモンで言うならロケット団チックな存在になってくれないだろうか(マテ

次回予告・・・お、燃え話きたー?カラスがユウを説教するみたいですけど。
「そのいじけた根性はなんだ!!」
熱すぎだ(*´Д`)

○Amazon

Idea
ノエイン もうひとりの君へ主題歌 eufonius - Idea
[発売中 1,200円]



ノエイン もうひとりの君へ 第07話

★ノエイン もうひとりの君へ 第07話 「タイセツナヒト」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回の衝撃告白からどうなるかと思えばすんなり元の鞘・・・というかとらわれの身に。
アマミクとハルカの会話は興味深かったなぁ。私や貴女もここに居るよ。
他にも量子デコヒーレンスやらゲシュタルト崩壊やら専門用語がちらほら。
平行世界論をはじめとしてむずかしー話になってきますが
普通に視聴する分にはあんまり問題がないので安心。
カラス達が量子だけの存在なのはデコヒーレンスによるもの?
んー、いまいちわかりにくいけど話が進めば何れわかることか。

そんな難しい話を吹き飛ばすかのような冒頭の
雪恵ちゃんと絶倫の内田ちゃんの言い争いは吹き出した。
目がキラーンって!演出コミカルすぎだ、その場の雰囲気は真剣そのものなのに(笑)
ユウは今回、至る所で痛々しい・・・ホント死にそうな顔してるな(;´Д`)
まぁそれだけハルカのことが大事なんでしょうけど。
後、途中でのベントラーはマジふいた。
鳩2に続いて今期アニメはベントラー祭りですかwwwww

ラクリマでの会話でいくつかキーが。
フクロウとアイのやりとりとか見るとやはりイサミにしか見えないわけで・・・。
近似値の過去だから知っているハルカに似てるってのは納得。
またカラスの回想にハルカが出てきたけどこの様子だとハルカは最近まで生きてたっぽいな。
ラクリマがデコヒーレンス起こした際にでも消滅したのかなぁ?
後、なんか久しぶりにクイナ登場+ノエインも。
クイナはシャングリラを望んでる・・・過去も未来も?
過去ってことはクイナも何らかの関係者なのか?

ハルカが何かカプセルに・・・龍のトルクの発動実験?
そんな最中シャングリラからの攻撃。
って、なんだこのGANTZとかに出てきそうなキモイ物体は(笑)
挙げ句の果てにフクロウが力を解放・・・光の巨人に!(;゚Д゚)
光の巨人化の後はあっさり撃退したけどかなり消耗するみたいですなぁ。

カラスはユウと意識が神魂合体で覚醒?
目が赤いし超速でコレなんてゲッターとか思ってしまった。
ハルカの救出シーンはいいね・・・ハルカがえr(ry
やっぱこの作画は濡れてるときが一番効果発揮すると思う(何
アマミク・・・アイとも和解できて何より。
ハルカを連れたカラスは現代に・・・というとこで終了。

予告見るとまたユウの前に登場してユウがやきもき。
ヘタレユウがどうやってハルカを守っていくんだろう?と思ってたけど
今回でヒントが見えたかな・・・カラスは現代でそう長くないだろうし
カラスが散る際にユウと神魂合体が濃厚な線かな。

何はともあれノエインは今期で一番楽しみになってきてる。
あんまり話題とか聞かないけど俺の中ではガチで今期トップ。
しかし、これはクライマックスがまったく想像つきませんね。
シャングリラを滅ぼしてめでたしめでたしってワケにはいかんだろうし。
そういう意味でも今後が非常に楽しみな作品ですよ。

○Amazon

Idea
ノエイン もうひとりの君へ主題歌 eufonius - Idea
[発売中 1,200円]



ノエイン もうひとりの君へ 第06話

★ノエイン もうひとりの君へ 第06話 「ナミダノジクウ」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回の怒濤の急展開。ラクリマに連れ去られたハルカ。
どうなることかと思いきや結構馴染んでて笑った(笑)
食事も喩え美味しかろうがあんな虫俺には食べれんよ・・・たくましすぎる。
挙げ句の果てにキーを奪って脱走ですよ?
小6にしては純情で良い子なのに生きる執着や冴えわたる頭脳は将来有望だなぁ(笑)

「時空」云々の説明もありましたね・・・この設定は巧いなぁ。
まぁそもそも「未来」じゃなくて「時空」という前提だったんだけど
実は「未来」だったという展開だからタイムパラドックスは後から出てきたようなもんだけど。
正確に言えばラクリマは「現在(ハルカやユウが居た時空)」とは別の「時空」の
「未来」ということみたいですけど。
ハルカが自分を連れてきたりしたら歴史が変わっちゃうんじゃないの?と聞くが
あくまでも影響あるのは「現在」と「ハルカが移動した時空」だけなので
過去は変わらない=タイムパラドックスは起こらない、と。
つまり未来は変えれるけど過去を変えることはできない。

ということはシャングリラもハルカ達の存在する時間軸の時空の未来の線が強そうだな。
ラクリマは世界崩壊みたいな状態だけどミホは子供が居たし成長したアイと出会い。
未来のアイとフクロウの会話からフクロウはイサミっぽいなぁ。

次回は2話の神作画再びですよ!
風呂は・・・無理だろうなぁ(笑)せめてシャワーだけでm
カラスが灼眼になってたりで燃え燃えの予感も!ヽ(゚∀゚)ノ

○Amazon

Idea
ノエイン もうひとりの君へ主題歌 eufonius - Idea
[発売中 1,200円]



ノエイン もうひとりの君へ 第05話

★ノエイン もうひとりの君へ 第05話 「ソレカラ…」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

日常パート少なめ、お風呂シーンなし(笑)
ユウが行動を開始したり、占いで「noein」と出たりと徐々には進んでますね。

アトリ、トビ、イスカの裏切り。アトリ達はハルカを狙って転移
それを察知しハルカを守るためにカラスはアトリ達と対立する。
その仮定でイスカはハルカを捕らえて殺そうとするが
カラスがスーパーモード化して勢いでイスカを殺してしまう。
その消える瞬間がラクリマのハルカ?と重なってカラスは咆吼する。
このカラスの回想に出てくるハルカは何かに機械?と化してたけど
別次元のハルカということで龍のトルクの実験にでも使われたのだろうか。
カラスの状態を見るとロクな最後じゃなかったんだろうなぁ・・・。

だからカラスは龍のトルクというよりハルカにあんなに固執してたのね。
別次元のハルカと現実のハルカは「別」なんだと気付いて
ユウに託そうとしたんでしょうかねぇ。
しかし、カラスの本意ではなく強制転移でハルカはラクリマへ・・・。

ハルカの龍のトルクの能力の片鱗も確認。
「次元を別次元と入れ替える能力」
要するに次元を操れるんですな・・・思い通りにとはいかないみたいですが。
前回は未来予知的なことをやってたしまだまだ能力ありそうだ。

ノエイン もうひとりの君へ 第04話

★ノエイン もうひとりの君へ 第04話 「トモダチ」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

タイトルにもなっているノエイン登場。
シャングリラ時空界で龍のトルクを狙う立場にある人物ですが
サブタイにある「もうひとりの君へ」という時点で
誰かのシャングリラ時空界での姿かと思われますが・・・。
妥当な線ではユウ=カラス=ノエインか?
人物相関図見てるとユウみたいに別次元の自分っていう存在は他のキャラもありそうだな。

アトリは復活したけど・・・シャングリラ時空界に寝返り?
なんか回収されたときに頭を弄られてた感じはあったんだけど
なんとなく更に狂気じみた感じはする、鈴村さんいい演技してるぜ!(笑)

ハルカがアイの気持ちをいまいちわかってないのは小学6年生ならではというか。
最終的には気付くんだけど恋愛感情とかはまだ淡い年頃だろうししょうがない。
アイは3人の中でもあか抜けてるし一人で色々突っ走って(´・ω・)セツナス
しかし、龍のトルクの力がなかったらこれどうなったんだろうな(苦笑)
ハルカの性格ならいずれは仲直りできるとは思いますが。
それと、トルクの発動条件がいまいち不明だなぁ。
感情というかハルカ自身が何かしら願うことで発動するのか?
ビンタ合戦はシリアスなシーンなんだけど笑ってしまった。

今回戦闘シーンは皆無だったけど良い日常シーンでした。
っていうか今回も風呂シーンあったな!
さすがに2話みたいな神作画はもうないだろうけど・・・残念だ(笑)

ノエイン もうひとりの君へ 第03話

★ノエイン もうひとりの君へ 第03話 「オワレテ・・・」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あ、作画戻った(笑)
今回も入浴シーンあったけど、今度は歳相当ですね・・・。
前回みたいに見てて欲情することはなかったですよ(マテ
あぁ、でもカラスに水を飲ませるシーンは(ry

それにしても・・・アトリ@鈴村健一さんが(;´Д⊂
せっかく良い感じにハマリ役だったのにこうもあっさりと・・・。
強化されて再びカラスやハルカの前に立ちふさがることを超期待。

ノエイン もうひとりの君へ 第02話

★ノエイン もうひとりの君へ 第02話 「イエデ」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

始まるの遅かったせいか忘れがちなノエインです_| ̄|○
OPが結構好きだな・・・。フタコイオルタEDでおなじみのeufoniusですね。

前回も作画がSGEEE!と思ってみてたけど
今回は違う意味で凄かったな・・・(笑)
全体的に萌え絵チックになっててこっちの方が見やすいな。
漢達は格好良かったし作画がここまでケチつけどころないアニメは久しぶりだなぁ。

龍のトルクについてやカラス達の時空についての説明がメインだと思うんですが
ハルカの入浴シーンがマジやばすぎ。
12歳とは思えないほどのエロさだ・・・思わずドキっとしてしまったぞ。
っていうか始め別人かと思ったじゃないか(笑)
思わずこのシーンだけ何度か見直してしまった・・・
いやホントヘタな萌えアニメよりエロイ(笑)

ユウはユウで壊れっぷりがやばいな・・・。
カラスに言われた何気ない一言が酷くユウの心を傷つけたみたいだ。
まー、元々のストレスや家出云々の話があったせいもあるでしょうが。

ノエイン もうひとりの君へ 第01話

★(新)ノエイン もうひとりの君へ 第01話 「アオイユキ」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やべー、録画したの超忘れてたし。さっき見ました。
前情報何も調べずに。

クオリティは今期でもかなり上位に入る出来だなぁ・・・。
というか今期俺が見れる作品にお察しなのが多いせいか(笑)
アクションシーンとかの見せ方巧くて1話から好感触。

これって舞台函館なんですな。だからどうってことはないんだけど。
北海道舞台で非日常が絡んでくると言えばサイカノを想い出すんだけど
アレとはまた全然ベクトルが違う感じですなー。
時空やらなんやらの専門用語やストーリーは公式見た方が早いな。
そういうのふまえてみるとわかりやすくてより面白く見れる。

1話は日常に非日常が浸食してきた段階ですが
以後は時空と次元に影響を与える能力“龍のトルク”をもつハルカ。
それを奪取しようとするユウの成長した姿のカラス。そして、ユウ自身。
彼らの選択やシャングリラ時空界との戦争の行方は。

今期は正直外ればっかりかなーと思ってたけどこれは期待できそうだ。

Template Designed by DW99