説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

天元突破グレンラガン 第14話

★天元突破グレンラガン 第14話 「皆さん、ごきげんよう」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

いきなり時間飛んで何事かと・・・。
まぁ、いきなり全ガンメンやダイグレンが飛んでたら違和感あるよな(笑)
それでも時間はそう経ってないし改修が早いことには代わりはないな。
まさかガンメン全部に飛行ユニットが付くとは思いませんでしたが。
今回に至っては実質あんまり飛行の恩恵を得られなかったし!
シトマンドラとグアームもここで決着。
シトマンドラは飛んだダイグレン、グアームはやっぱりグレンラガンで。
せっかく来た増援や飛行ユニットのついた
大グレン団のガンメンの活躍が薄かったのは残念かな。
黒の兄妹が合体とか見せてくれたし準グレンラガンな戦力がもう1人ぐらい欲しいなぁ。
シモンがスーパーモードになってボスを倒すパターンは王道だから好きなんですけどね。
1機だけでシトマンドラ軍を相手にするシチュエーションは燃えた。

今回で四天王は全て殲滅、残るは螺旋王のみ・・・?
前回、螺旋王に気に入られたヴィラルがどうなったのかが気になりますが・・・。
王都テッペリンの正体は艦隊より更に巨大なガンメン。
さぁ、シモン達はどう戦うんでしょうか。
サブタイで不安だったけど今回は何事も無く回避・・・。
でも次回もなかなか意味深なサブタイだよなぁ。

天元突破グレンラガン 第13話

★天元突破グレンラガン 第13話 「みなさん、たーんと召しあがれ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あ、あれ・・・?ニアって料理得意じゃなかったのか・・・?
カニチャーハンの例もあるしてっきり得意なんだと思いこんでたよ。
ロシウがあそこまでダウンしたのはヤバイモノを食い過ぎただけだよね?
ちょっと食っただけでダウンだと次回が大変なことになりそうだし(笑)
シモンだけ平気だったのは単に愛の力というかシモンも偏食ってだけなのかな。
今回のニアの出番はオチと最初のシモンにとって嬉しいアングルぐらい。

アングルと言えば今回のヨーコの下乳っぷりは神懸かってた。
というわけで久しぶりにヨーコにスポットライトが当たった回でした(性的な意味も含めて
カミナが乗っていたグレンに自分が乗るっていうのは複雑なんだろうな。
プータの援護もあり出撃、シモンの成長を自分の目で確認。
最終的にシモンに対してカミナのことを好きだったのを告白したのは何故だろう?
もう1つ、シモンに「ヨーコは俺が守る!」と言われた時の赤面は
ただ単に照れているだけなのかフラグなのかカミナを重ねて・・・なのか。
Wヒロイン状態からハーレム状態になる日も近いんだろうか(笑)

戦闘は大グレン団の前に現れるのは初めてな四天王シトマンドラ登場。
相変わらずヴィラルも居るけど彼も大変なんだろうな・・・。
初の空戦で飛行能力の無い大グレン団は苦戦必須。
と思いきやグレンラガンは敵の飛行ガンメンを吸収してフライトユニット化。
ホントにラガンの能力は反則クラスだな。理論上どこにも適応できそうな気も。
今回は飛行能力持ったグレンラガンのおかげで押して撃退出来たな。
敵の戦艦用の飛行ユニットも確保してダイグレンも空適応でしょうか。

しかし今回のバトルメインはシトマンドラでなくヴィラル。
ヴィラルがついにカミナの死を知り、シモンという存在を認識。
互いに正々堂々決闘しシモンが押してる所をシトマンドラがヨーコを人質に取って登場。
ヴィラルは正々堂々戦うことを選びシモンにとどめを刺さずに
タイミング良くダイグレンの攻撃で戦闘終了。
今回で完全にシモンとライバル関係になったこともそうだけど
ヴィラルが人間に興味を持ち螺旋王に訪ねたのはかなり大きな進展じゃなかろうか。
螺旋王はヴィラルに何をするんでしょうか・・・そして螺旋王が持っているのはコアドリル!?

そして次回「皆さん、ごきげんよう」
ああ、なんだか嫌な感じのするサブタイですよorz

天元突破グレンラガン 第12話

★天元突破グレンラガン 第12話 「ヨーコさん、お願いがあります」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

海と言えば水着ー!
そりゃ男共も興奮しまくりですがお前らヨーコにこれ以上何を期待していたんだ(笑)
水着だと普段は強調されないロングのポニテが強調されて
なんだか幼く感じたのは俺だけでしょうか>ヨーコ
ニアは恥じらいといい水着といい淑女のたしなみといいパーフェクトすぎ。
キタンに露出度じゃないと即座に切り替えられたり
ことあるごとに当て馬にされてるヨーコカワイソス。
ヨーコがなんとなく腑に落ちないような態度を取っていたのは
リーロンの言うように「男共に相手にされなくなった」ってわけじゃなさそうだけど・・・
ニアがシモンにアピールしてたわけでもないし単に女同士の嫉妬と取って良いのかな。
最終的には純粋すぎるニアに対してやっかんでもしょうがないことに気づいて
ライバル心から女の友情に目覚めたようで良かった良かった。

ただの水着回で終わるわけもなくアディーネとの最後の戦い。
相手の得意なフィールドかつ潜水母艦まで持ち出して大グレン団は圧倒的不利な状態。
ニア「それでも・・・それでもシモンならなんとかしてくれる・・・!」
の一言が全てな気がしますわ。
シモンはガチモードになると口調変わるのが基本になりそうだ。
それにしてもロシウはマジで乗ってるだけの空気だな・・・。
デカドリルに頼りっぱなしなのは気になるけど水をも切り裂くシモンのドリル!
みたいなノリは相変わらず爽快なので不満はあんまり無いかな。
アディーネがニアを人質に取り、ヨーコが狙撃って構図は10話と一緒なんだよなぁ。
アディーネはヨーコを舐めすぎた時点で敗北決まってたようなもんだな。
それでもニアの髪の毛をボロボロにしちゃうのは酷いと思ったよヨーコ。
アレはアディーネを油断させるためだったんだろうけどさ。
ヴィラルは四天王が全員敗れてもまだ生き残ってそうなキャラだなぁ。

サブタイの台詞は最後に登場。
そのお願いとはヨーコのせいでボロボロになった髪の毛を切りそろえて欲しい、とのこと。
苦手といいつつも姉のようにニアの髪の毛を整えるのは微笑ましかった。
そして男共は覗きすぎ(笑) シモンにもうちょっとリアクションが欲しかったかな。
ショートなニアも可愛いです。

天元突破グレンラガン 第11話

★天元突破グレンラガン 第11話 「シモン、手をどけて」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

俺を誰だと思っている!

熱すぎて泣いた。
これで1話の冒頭へのつながりがなんとなく見えましたね。
というかてっきりニアがシモンをなんとかするんだと思ってました。
意味深なサブタイ自体はあんまり意味を持たなかったという!
あの予告映像はミスリードとしか思えないよ・・・。

相変わらず凹みっぱなしのシモン、ラガンはついにはゴミ扱い。
キタン達はおろかヨーコでさえシモンを放置している状態。
まぁ、ヨーコは純粋にシモンのことを思って放置してるとは思うけど。
シモンはドリルでカミナの彫刻ばっかり作って絶賛引きずりまくり。
少しはマシになっていくかと思いきやどんどん酷くなってるな・・・(苦笑)
と、そんな所に近くの村からガンメンに襲われているとの通信が入った。
あからさまに棒読みが罠くさかったけど
キタンの言うようにカミナなら確かに迷わず助けに行っただろうねぇ。
ただカミナにはその説得力があってキタンには足りてないけど(笑)

案の定、罠でクルーは獣人に捕まり地下へ。
ニアは今回の首謀者、四天王のグアームの元に。
シモンがドリルで彫刻掘ってたのがここに繋がるんだろうなーと思った。
他のクルーも元々地下育ちなので脱出するために手で土を掘るが堅くて太刀打ち出来ない。
シモンは1人で黙々とコアドリルを用いて壁を地道に掘り続ける。
そんなシモンの背中を見てヨーコがカミナとの会話を思い出す。
カミナは恋人であるヨーコにだけは弱音を漏らしていたんですねぇ・・・。
そしてカミナが「お前が信じたお前を信じろ」と言った真意をヨーコもやっと理解。
カミナの強さはシモンの支えあってのものでカミナ自身もそれを理解していた。
カミナが魅力的だったのは
そんな弱さも認めていて強くあろうとした所にもあるのかもしれません。

シモンも土を掘っている内に自分らしさを思い出したのか顔に気力が。
シモンの想いに応えるようにコアドリルが光りラガンがシモンの元に。
もっともシモンが自分を信じられたのは
ニアの去り際の一押しのおかげだとは思いますけどねー。
キッカケは別にしろなんとか1人で立ち直ったシモン。
グアームに殺される寸前だったニアを助けて完全復活キタコレ!
ニア自身も「シモンを信じる」と強く言い放ちニアらしさが現れてた。
助けに来たシモンに赤面涙目で飛びつくニアが可愛すぎだぞ。
その後の「手をどけて」といい完全にフラグが立ったんじゃないか(笑)

大グレン団のみんなもラガン脱出に乗じて脱出していたようで反撃開始。
グアームも黙っておらず専用ガンメンで大グレン団を掃討。
ロシウ駆るグレンのピンチに空から合体だ!と降ってくるラガンにマジで痺れた。
「俺を誰だと思っている!」や台詞が完全にカミナを意識してるな。
そりゃ後からメンバーに突っ込まれますよ(笑)
でも思ってたより様になってたしカミナみたいだけどシモンらしさが出てた。
久々のグレンラガン合体+挿入歌で盛り上がりも最高潮。
そしてグレンラガンが放った必殺技は「ギガドリルブレイク」
この時の叫びがシモンと思えないほどの熱さで驚いた。
挿入歌と共に決着とはまさに王道ですよ・・・。

戦いの後、ニアに連れられていったのはニアが捨てられた場所。
グアームはニアのことを愛玩道具と言ったけど
ニアは螺旋王の実娘のはずなんだよなぁ。
まぁ、他の捨てられた王女も実娘だった可能性もあるけど。
ニアの前に捨てられた王女を弔ってあげるニア良い子すぎ・・・。
「カミナはカミナ」「シモンはシモン」と言ったことが
そのまま「ニアはニア」ということに繋がって綺麗にまとまって何より。

ロボモノの王道的展開やシモン覚醒の熱さや
ニアのニアらしい可愛さとシモンとのカップルぷりと濃い1話でした・・・。
8話とは別のベクトルで素晴らしい話だっただけに8話とは甲乙付けがたいですよ。

次回は季節的にちょうど良さそうな海ネタ。
そういや設定上ほとんど(みんな?)海が初体験になるのね。
今更気づいたけどザブングルなのか・・・。
ヨーコなんか普段着が水着っぽいしありがたみは無いけど(笑)
今回のラストでシモンを認めた感があるヨーコとニアのヒロイン対決が見られるか!?

天元突破グレンラガン 第10話

★天元突破グレンラガン 第10話 「アニキっていったい誰ですか?」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ニアが螺旋王の娘というのはそれほど問題にならなかったようで何より。
というか前回の投棄シーンでもしやと思いきややっぱり捨てられたのね・・・。
捨てたことをアディーネに言わないでニアを殺さないで
退却した責任を追及するのはいくらなんでも理不尽すぎ。
螺旋王っていうのは悪役なりにもうちょっとまともだと思ってただけにがっくり。
まぁ、勘当のことがクルーに伝わらなくても
ニアの存在や物腰や真摯な態度は多少伝わっていたみたいだから
アディーネにタンカを切ったのはあくまでもキッカケに過ぎなかったんだと思う。

感情的なシモンやヨーコに対して正論を述べるニアに
嫌みさを感じさせないのはキャラ故だろうか?
アディーネに対するタンカもそうだけどひたむきでまっすぐ。
これって誰かに似てるよな・・・と思いきやカミナじゃないか・・・。
そうか、ニアは性格や性別は違えどカミナと根本的には一緒なのか。
ひたむきで純粋にまっすぐ・・・このことがシモンに伝わり
カミナとはまた違うカタチでシモンを支えられたら良いんだけども。
ヨーコは女として思うところもありそうだけどとりあえず多少は認めるスタンスかな?

しかしラガンは未だに動かず。
ニアはシモンが一番始めに助けようとしてくれたことを見ていたし
ニアがシモンを気にかけてるのはわかるんだけども・・・。
シモンにとって肝心な時にラガンが動かなかったのも重圧になってるんだろうなぁ。
次回「シモン、手をどけて」はシモンの心に迫りそうなサブタイだけど
ニアはシモンの心のとびらを開けることが出来るんでしょうか。

天元突破グレンラガン 第09話

★天元突破グレンラガン 第09話 「ヒトっていったい何ですか?」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

OPからカミナが消えた・・・orz
カミナが居た部分には今回登場する新キャラニアに差し替え。
こうみるとやっぱりカミナは最初から死ぬためのキャラだったんだなぁ、と。
これで復活の線は元々無かったのが更に追い打ちかけた感が。
DVDCMがカミナなのが切ないなぁ・・・。

カミナが死んで大グレン団やシモンやヨーコがどうなるのかと思いきや
心配していたより壊滅的な状況じゃなくて安心した。
シモンが完全に復讐鬼になっててラガンをまともに動かせないのは痛いだろうけど。
ヨーコは自分のことで精一杯でシモンのフォローは出来ない。
悲しみを見せないヨーコは強いように見えるけど1人の時に深く落ち込んでる。
みんなはシモンの変貌の方に目が行くだろうしヨーコがどうも損な役回りに見えてカワイソス。
ヨーコの「10倍返しが10倍心に穴空けて」は名台詞だと思った。

シモンとニアの出会いが運命的だったのと
雨から晴れになる天気がシモンの希望を表してるようだ。
そのニアも早速”螺旋王”の娘であることが発覚して次回どうなる?
攻めてきた獣人の四天王の1人、アディーネから大グレン団を庇ったことから
ニア自身は人間という物に興味を持っていてこれからの重要な鍵になるんでしょうねぇ。
前半の暗い雰囲気と後半のニアにより明るくなりつつある雰囲気の対比が良かった。
かなりどん底な9話を想像していただけに上手く話を切り替えられたんじゃないかな。
ただ、ヨーコはいつか絶対限界が来ると思う。
ニアをつれているシモンを見て良い顔もしてなかったし。

天元突破グレンラガン 第08話

★天元突破グレンラガン 第08話 「あばよ、ダチ公」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あああああ・・・もう・・・orz
ほぼ予想通りの展開だったとは言え・・・
逆に予想通りになるのがわかってたから途中見てられないかと思いましたよ・・・。

カミナxヨーコが完全に死亡フラグ立った感じだなぁ。
これだけでもアレなのにシモンが見ていたことがトドメとなった。
とりあえずヨーコやカミナの本当の気持ちが最後にわかってそれだけは良かった。
「帰ってきたら」は死亡フラグすぎますよ・・・orz
カミナとヨーコがキスした瞬間思わずリアルで「アッー!」と叫んでしまったわ。

この時点で死亡フラグにあらがうのを観念したため
どこでカミナが倒れるかに注目して見てたんだけど
一度もうダメかと思って根性で立ち上がりグレンラガンに合体。
最後は必殺技「ギガドリルブレイク」で見事に勝利。
戦艦も乗っ取って自他共に完全勝利・・・ただしカミナを除いて。
サブタイは今までずっとカミナの台詞だったから今回もそうだろうとは思ったけど
「あばよ、ダチ公」のシーンで完全に涙腺崩壊しましたよ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

これは想定内のことだし語ることもないなぁ・・・
燃えて悲しんで泣けるロボアニメを久しぶりに見た気がする。
EDへの入り方や次回予告も含めて少なくともグレンラガンの中では
ブッチ切りで1位の回になりました・・・。

カミナ退場早すぎじゃね?っていう意見もありそうですが
シモンに教えたかったことは全て教えたように満足した死に方に見えたし
シモンのような主人公は自分で切り開かないと成長しませんからねぇ。
独り立ちするには良いタイミングだと思うんですが。

天元突破グレンラガン 第07話

★天元突破グレンラガン 第07話 「それはお前がやるんだよ!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ヴィラルのかませ犬というか役にたたなさっぷりに泣いた。
Aパートの半分ぐらいじゃないか!まともにガチってたの!
それでも着替える時間をくれるヴィラルは紳士的ではあるな(笑)
ことある毎に兜に執着するのはアレでしたけど。
移動している基地=要塞ガンメンってのは
少し考えれば読めたのにまったく予想してなかった。
戦艦出てからはヴィラルが虎の威を借る狐状態でアレなキャラに・・・。

戦艦の砲撃に苦戦するグレンラガンのカミナをみんなが退却するように説得。
ヨーコの真摯な言葉も聞き入れなかったのは目に見えて人間関係変わったような。
カミナの天性のセンスで甲板の上に居たヴィラルにイナズマキックするものの
肝心の戦艦の上部の腕にタコ殴りで大ピンチ。
同じくガンメンを乗っ取ったキタン他助っ人が来てくれたおかげで
ヨーコ達共々窮地を脱出してシモンの機転でなんとか撃退することは出来たけども。

前回、グレンをロシウが操った時も疑問に思ったんだけど
やっぱりガンメンは誰でもってわけじゃないんだろうが人間の意志で動かせるものなのね。
一気に味方ガンメン増えたのはいいけど呼称不明でややこしすぎ。
新キャラも一気に増えてなんだか空気が変わりそうで・・・。

ヨーコのシモンへの信頼、ヨーコのカミナへの注目。
嫌な予感がひしひしとしてましたけど次回のサブタイが「あばよ、ダチ公」って!
予告のカミナの台詞も別れを臭わせるようなものだったし・・・
シモンが主人公として歩んでいくにはカミナの存在が
悪く言えば邪魔だから死亡か戦線離脱しないといけないのは必然なのですが・・・。
大グレン団となって順風満帆に見えるこの時にもう別れがやってくるの!?
確かに今回はシモンのおかげで窮地を脱出したし次の作戦もシモンがキーになってるけども。
いや・・・カミナなら根性でなんとかしてくれると信じよう。

天元突破グレンラガン 第06話

★天元突破グレンラガン 第06話 「てめえら全員湯あたりしやがれ!!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回の予告に忠実に温泉話だったんだけど
3割ぐらいは総集編っぽかったなぁ・・・。
制作状況もいろいろ混乱してるんでしょうかね。
総集編差し引いても安定してるのはさすがですけど。
予告の通りガイナ女性キャラらしきキャラが大集合。
残念ながらキャストはエキストラっぽかったけどそれはさすがにしょうがないか。
前回から仲間になったロシウが既に突っ込みとして確立されつつ。
というか常識人がロシウしか居ないんだなこのパーティー。

ロシウの疑いやカミナのだらしなさっぷりからオチは読めたけど
まさかここまで裸祭りやるとは思わなかったわ(笑)
シモンもカミナも絶妙に隠しすぎ、シモンはドリルだから尚オイシイ。
女性キャラが人質に取られるという設定だったけどヨーコの活躍でほぼ意味無し。
女性陣は際どい格好のままのバトルだったけどテンポはかなり良かったな。
カミナといいヨーコといい無駄にブチ切れすぎて勢いあるシーンは
生身のバトルの中では今までで一番見応えがありましたよ。
マッパのカミナを見てヨーコが軽く赤面したり
あるだろうなーと思ったけどヨーコにポロリはありました(笑)
朝から不健全すぎるアニメだな・・・(褒め言葉)

ガンメン同士のバトルではラガンをロシウが操作したり。
グレンに明らかな定員オーバーのままシェルター閉じて無理矢理合体したり。
とにかく理屈抜きで全体的に痛快に突き抜けてくれたバトルは好感触。
そして最後には回想で忘れ去られてたヴィラル再登場。
実際にガンメンで登場しても忘れられているヴィラルカワイソス。
でも次回予告見ると戦闘自体はかなりガチっぽいな。
予告がどう見てもイナズマキックにしか見えないんですが(笑)

天元突破グレンラガン 第05話

★天元突破グレンラガン 第05話 「俺にはさっぱり判らねえ!」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あ、戻った。

今回のヨーコはカミナよりだったなぁ・・・。
普段ヨーコはあの格好なだけあってそこそこ耐性ありそうなんだけど
惚れてる男?が相手だと弱いのか尻やらへそやらで赤面しまくりで可愛い。
とりあえずかかと落としのアングルは神だと思った(笑)

司祭様が黒幕で裏で黒いことやってるのかなーと思ってみてたら
寧ろ司祭は村人のことを一番に考えてたんだなぁ・・・と理解。
確かに世の中知らなくていいものはいっぱいあるわな。
しっかし、文字も読めないのに見事なピエロっぷりだなぁ。
カミナの嗅覚はあんまりアテにならないということか。
シリアスっぷりから獣人と何らかの関係があるのかと踏んでいたのに。
50人越えたら越えた分だけくじで生け贄とか考えてた(笑)
結果的には誰が嫌な想いをするわけでもなく良かったよ・・・。

最終的にはコレはシモン一行について行く・・・ということで良いのかな?
次回予告でも姿が見えたし。次回は温泉話で黒の兄妹再びか!
それよりもカミナがマッパでドリルでブータだったり。
予告に居たキャラがどう見ても
トップ2だったりエヴァだったりまほろだったりした方が気になったよ(笑)
次回はストレートなコメディネタ回という認識でOK?

天元突破グレンラガン 第04話

★天元突破グレンラガン 第04話 「顔が多けりゃ偉いのか?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

作画が思いっきり変わったと思いきやスタッフ思いっきり変わってるのね。
こっちの作画はこっちの作画で良いかも。
ただ今回の話のイメージに合っていたかと言われれば微妙。
喩えるならOPよりEDの方がイメージが合ってるような作画ですな。

前回は無理矢理に合体して確かに美しくなかったのは同意。
というわけでカミナによる合体特訓開始なんだけど
カミナの行動が突拍子も無くシモンも視聴者も?だろうなぁ。
カミナの理屈抜きにノリで行っちゃえな所も好きなんですけどね。
しかし他のキャラはそのノリについていけないし呆れ気味。
そのせいかヨーコはカミナよりシモンに肩入れしてるように見えた。

端から見たら獣人+ガンメンに襲われてる人間。
ここでOPにも姿があった黒の兄弟登場です。
兄のキタンと三姉妹のキヨウ、キノン、キヤルです。
またしてもヨーコ並みのナイスな胸とふとももと尻の持ち主が(笑)
三姉妹のキャストが豪華・・・
ひだまりスケッチでゆの役だった阿澄佳奈さんはこんなキャラも出来るんですね。
新人ながらここまで幅広いのは今後に期待が高まるわ。応援しています。
他に佐藤利奈、植田佳奈。奈ばっかりだしそのうち二人は佳奈って凄いキャスティングだ。
最初は襲われてるように見えたシモンを助けに登場した上、シモンに好意あったけど
誤解を解いたカミナの兄貴っぷりに姉妹全員カミナの虜に。
うわー・・・主人公なのにマジでシモンは可哀想だなこれ(苦笑)

会話が進むにつれて16の顔を持つガンメンの話に。
オチは小さいガンメンが連結されて16合体というオチでしたけど。
サブタイ通り顔の数に対するアンチテーゼだとは思うんだけど
初っぱなからこういう特徴的なガンメン出しちゃったら
後々出てくるガンメンの個性が薄くなってしまわないかが心配。

戦闘自体はシモンのボケも交えつつ(というかこれは普通に考え読めないだろう・・・)
グレンラガンの変身バンクに繋いで無難に勝利。
でもガンメンって操縦者の体力が影響されるんだな。
そしてブータ非常食でカワイソス、来週には生えてそうだけど(笑)

このまま黒の兄弟と同行するのかと思ったらここでお別れ。
OPでも割と目立ってたキャラだしそのうちまた出番あるよなぁ・・・?

天元突破グレンラガン 第03話

★天元突破グレンラガン 第03話 「頭が2つたぁナマイキな!!」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

早くもカミナxヨーコの図式が(笑)
ヨーコがカミナを狩りに誘った時に、カミナがシモン誘って不服そうな顔したり。
狩りの風景はヨーコのポーズと二人の会話が合わさってどうみてもデートです・・・。
日常会話でも意識してるような所があるしなぁ・・・これはガチだろう・・・。
シモンのヘタレ具合も手伝ってどう見てもカミナが主人公ポジション。
今回、グレンとガランが無理矢理合体してOPに出てた人型ロボのグレンガランになったけど
そのグレンガランのメインパイロットもカミナっぽいしなぁ・・・。

合体はラガンが頭になるんだろうなーとは思ったけどまさか無理矢理とは思わなかった(笑)
無理矢理だけど獣人が使ってたグレンはともかく
ラガンの方に合体する機能が内蔵されてたとしか思えないなぁ・・・。
これからライバルになるであろうヴィラル@檜山はラガンを
”小型のガンメン”としか言ってなかったけど埋まってたし何か秘密はあるんだろうなぁ。

まぁ、カミナが主人公ポジションなのは否定できないけど
今回もシモンの成長を感じられたしどんどん主人公らしくなっていくんでしょう。
メカニックが居ることとカミナのあまりにもな良い兄貴っぷりを見てると
カミナ死亡→シモン成長→グレンにはヨーコ搭乗。
っていう展開がありえそうで怖い。

天元突破グレンラガン 第02話

★天元突破グレンラガン 第02話 「俺が乗るって言ってんだ!!」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

2話になっていきなり作画の枚数減る心配あったけど
そんな心配は無用で1話と変わらないクオリティでした。
今回は兄貴分であるカミナの搭乗機が登場。
前回戦ったガンメンは普通にただのロボだったのね。
で、地上は人間とは違う獣人が支配してて
偶然地上に出てしまったヨーコ達の村は獣人と対立してる、と。
地上では普通に暮らせてるみたいだけど
何故シモンの村はあそこまで厳重に封印されていたんだろうね。
ガンメンの脅威から守るためだけじゃなさそうだけども・・・。
ラガンが埋まっていたことも関係するのかな?

それとラガンとガンメンは存在的には同じものなんでしょうかね。
カミナはガンメンであるグレンを根性で動かしてたけど
本来は獣人?だけにしか動かせない仕様みたいだし。
カミナが動かせたことも伏線なんでしょうかね。
グレンとラガンが合体してあのOPのザンボットみたいなロボになるんだろうか(笑)
公式とか見ない方が楽しめそうだからあのロボが出るまで情報収集我慢しようかな。
カミナの父親の亡骸らしきものは本物なのかねぇ・・・。
どちらにせよ2人の目的が何か無いとダメだしなー。

Template Designed by DW99